小保方氏が博士論文やSTAP細胞論文を改竄したとか(?) しないとか(?) なんて事を調べることは、それはそれでよろしいかもしれないが。 理化学研究所も暇だね~ 時間ばかり掛かっているが。

STAP細胞そのものの有無は、どうなったんだろう。
STAP細胞を再現 できる能力を持つ研究者は、日本にはいないのだろうか。 存在しない ことすら証明できないのか。 少なくとも、「論文のとおりに行っても出来ない」 ことぐらいは判るハズだろう。
小保方氏を悪者にすることが このことに関する幕引きではあるまい。

論文の形式・表現は学会としては一大事なのかも知れないが、そんな綺麗事よりも、STAP細胞の有無を解明することが先なのでは。

この件は、如何にも日本人の学者連がやりそうな取り扱い方だな~ 悪者は個人で、組織では無い
ネイチャーなんて学術雑誌に発表する前に、組織としてチェックすべきだろう。 
外国で評価されれば拍手、疑問視されれば手のひらを反して悪者扱い。 日本の学界としてのポリシーが無いのか。 立派な看板を揚げながらチェック機能の無い組織は無用だろう。 
組織こそが非難の対象である。 一般的な企業なら、取り敢えずはTOPが引責辞任するだろうに
これだから、大発明を成し遂げる研究者・学者は海外に行っちゃうだろうね。 小保方氏も海外で出直せば如何か。

それでも地球は回ってる

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
上記以降の報道