Windows 10は、アメリカ日時の07/29をもって無償アップグレードを完了し、08/02には「Anniversary Update」と称するアップグレードが行われる予定とのこと。 時期を合わせるかのように、Flashプラグインに関する情報が入った。
【追記】2016/07/25
Windows 10 無償アップグレード期限まであとわずか。マイクロソフトのカウントダウンでは7月30日19時まで - Engadget Japanese
(注記:Windows 10にアップグレード済の俺のPCではカウントダウン画面にならない。なお、本件の時間は日本時間と推定される。)
Firefox 内での Adobe Flash 使用量を削減します | Mozilla Japan ブログ
本件についてMozilla Firefoxのアナウンスでは「8月より」とのことだが、関連するFirefoxのアップデートが行われる日時はいつなのだろうか 米時間08/02とされるWindows 10のアップグレードと被らないんだろうね

 これらで言う“Flashプラグイン”が“Adobe Flash Player”を示しているのかは判らないが、俺的にはそうであると考えて“Adobe Flash Player”を利用しない方法を模索することにしよう。
AppleコンピュータでもQuickTimeを用いない方向性を示しているのは、パソコンの歴史の変換期なのだろうか。
時代は既に、パソコン黎明期には必需品としていた“Flashプラグイン”が不要となりつつあるということだろうか。
とはいうものの、行政が提供するサイトが未だにAdobe Flash Playerを使っているのだから、困ったものだ。
Microsoftが提供するブラウザで全てのFlashプラグインの利用をディフォルトで「使用しない」としてくれれば良いのだが....セキュリティにすら疎い行政では、当分はAdobe Flash Playerを使うプログラムしか提供しないだろう
古めかしい行政提供のプログラムは置いても、Yahoo!の天気予報ブログパーツあたりはどうにかして欲しい
【追記】2016/08/10 Google、9月リリース予定の「Chrome 53」からFlashコンテンツ遮断へ | マイナビニュース
【試験塔】 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
Google Chromeと、Windows 10用Edge、Windows 8.1以降用Internet Explorerでは、Adobe Flash Playerが埋込となっている。したがって、Adobe Flash Playerのアップデートは基本的にブラウザと共に自動アップデートされる。
しかし、Mozilla FirefoxとWindows 7 & 8用Internet Explorerは、ユーザーが手動でアップデートしなければならない。
Windows 10にしたくない人がいることは判らなくも無いが、Adobe Flash Playerをアップデートせずに古い物を使用している人との付き合いは御免被りたい。 今、もっとも危ないセキュリティホールだ。
Adobe Flash Playeのバージョン確認  関連記事(PCソフトのアップデート記録)

前記により、Firefoxが8月からFlashコンテンツを遮断するとなった場合、“遮断する範囲”を掌握したいものだ。

そこで、Adobe Flash Playerが無ければ動作しない「Yahoo!天気・災害ブログパーツ」を試験塔として利用することにした。 8月以降はFirefoxで、以下の当該ブログパーツが見えなくなるような工夫・細工が必要だ。
【Yahoo!天気・災害ブログパーツご利用の際の注意】より一部抜粋
ブログパーツは、JavaScriptがオンになっており、Adobe Flash Playerの最新版がインストールされているブラウザでないと表示されません。

ちなみに、「Chromeで当面除外とした10サイト」は“YouTubeFacebook米YahooTwitchAmazonなどFlash Playerを使用する上位10ドメイン”であり、“Yahoo! Japan”は除外されていない模様也。
「Chromeで当面除外とした10サイト」をGoogleが決めた経緯は知らないが、有名ドコロでも、セキュリティ上で問題があるとされるFlash プラグインを使っているのだな~と、奇妙な感心。 エコヒイキなんじゃないのGoogle

※ ivedoorの天気情報ブログパーツ「Weather Hacks」はAdobe Flash Playerが無くても動作するから、面倒になったらYahoo!Japanのブログパーツから乗り換えることにしよう。
【追記】2016/08/14 Adobe Flash Playerをインストールし、有効化した。
 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
さて、泣いても笑っても、あと1週間でWindows 10の無償アップグレードは終わる。
日本のマイクロソフト ストアでの税込価格は、Windows 10 Homeが19,008円、Windows 10 Proが27,864円
嫌がっていた人でも、考え直して無償アップグレードするのならば今の内という事だ。 俺はWindows 10だから
日本時間の08/03朝はパソコンの電源を入れたら操作せず待機。 完了するまで放置する也。
また、日本時間08/02は、20時にはパソコンの電源を切る。
関連過去記事 Windows 10の不調記録
Microsoftの脆弱性対策
パソコンのアップデート
Win10無料更新の行方は
無償アップデートは今の内
警察に見るセキュリティ感