俺はテレビや新聞のことを「マスコミ」と呼ぶのだが、NHKはじめ「マスコミ」の奴らは自分の事を『メディア』と言う。
確かに、「マスコミ」よりは『メディア』のほうが、ありがたく聞こえるような気がしなくもない。
その違いは何だろう(?)ということで、毎度まいどのWikiPediaで眺めてみた。

それによれば、そもそもの「マスコミ」の表札では
ということて、判ったような解らないような....更に眺めれば
マスコミュニケーション・大衆伝達とはマスメディア(具体的にはテレビ、ラジオ、インターネット、新聞、雑誌、書籍など)を用いて、不特定多数の大衆(マス、英: mass)に大量の情報を伝達すること。
マスメディアとは
  1. 不特定多数の受け手へ向けての情報伝達手段となる新聞・雑誌・ラジオ放送・テレビ放送などのメディア(媒体)あるいは技術的道具である。
  2. また「マスメディア」は、マスメディアを用いてマスコミュニケーションを行っている組織も含めて指すこともある。例えば新聞社、出版社、放送局(テレビ局、ラジオ局)などである。
ということだ。 したがって、WikiPediaだけで読み解く限りでは
  1. 「大使館の前に詰めかけている騒がしい者達」や、「その者達の取材に基いてテレビ等から情報発信するアナウンサー」を『メディア』と称するのは大間違いである。『メディア』は、単純に言えば『物質』である。意思は無い
  2. 『マスメディア』と称することの正否は微妙であるが、“大量の情報を伝達すること”を示すのであれば、単純に言えば『行為・行動』ということだろう。
  3. したがって、NHKはじめ「マスコミ」の奴らが自分の事を『メディア』と言うのは誤りである。
    しかし、『マスコミュニケーション⇒マスコミ』の呼び方についても『行為・行動』を示すという意味からすれば誤りだ。 結論としては前記(2)に言う『マスメディアを用いてマスコミュニケーションを行っている組織も含めて指すこともある』が本件の回答であり、『マスメディア』と称するべきである。短縮して呼んでいるのか?
    ということだが、何も気取って横文字で言わなくとも『報道機関』と言えば済むことだな~
WikiPedia:報道機関より抜粋引用
報道機関(the press)とは大衆に対し報道する機関の総称である。「マスメディア」はこの俗称で、新聞社・放送局・出版社・通信社等がこれに該当する。公共機関の一つ。

 アメリカの報道機関は大統領に嫌われたようで、取材すらできないとのことだ。 横暴すぎるんじゃ~ないの。
ホワイトハウス CNNテレビなどに取材認めず | NHKニュース
【記事内の記載例】そのうえで、ホワイトハウスは取材の場に参加するメディアを選別し、CNNテレビやニューヨーク・タイムズなどが入ることを認めませんでした。
安倍首相は、ゴルフで尻の孔を見せているより、国民に知られず報道管制する方法を指南したほうが良いだろう。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
いずれにしても、自国の大統領を吊し上げたり、北朝鮮大使館前で大騒ぎしている“韓国の報道陣”は、報道機関とは呼べないだろう。 日本の報道陣にも類似した輩がいるようだが、奴らは報道機関に群がるゴロなのか
北朝鮮問題について、NHKはじめ「大使館前には大勢のメディア..」と報じるが、「大勢」の大半は韓国勢で、残りの輩は東洋の諸国で、その半数以上は暇な日本勢なのだろう。西洋やアメリカからはマスゴミが数えるほど..
 「ペンは剣よりも強し」と言われた昔もあったのだがね~
 「テレビジョンはトランプよりも弱し」