義家弘介文科副大臣は、国家公務員法違反(守秘義務違反)での処分を示唆したとのこと。
公益通報者 vs 「告発内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可無く外部に流出されることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」と述べたとのこと。 WikiPedia:内部告発
国家公務員法 第100条
第1項 「職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。」と定めている。違反者は最高1年の懲役又は最高50万円の罰金に処せられる。
国連特別報告者「報道への圧力懸念」 日本政府は反論:朝日新聞デジタル
国連報告者、メディアへの圧力懸念=日本政府、事例なしと反論:時事ドットコム
なんでも臭いものには蓋をしてしまい、何の説明もしないままに「信じなさい」と言われて信じられるだろうか。
安倍総理や政権TOPクラスの行為は、例え悪事であってもそれを暴くことは公務員の守秘義務違反なのか
 ヒトラーが支配していたドイツでも、もっと発言の場が有ったのではないだろうか
虚実のほどは知らないが、閣議決定して皆んなで同じ嘘をつけば怖くない・バレないということだろうか。
関連過去記事:自分に恥じない一生を / 視聴率に見る日本人 / 望んだ内容ではない / 不思議の国ジャポン / 都知事の心境は