昨年は「年越しのCMが流れて」として『俳優の高橋英樹氏と娘の高橋真麻氏とが親子共演している越後製菓の鏡餅のCM』に触れたが、最近の親子出演する番組の多さに辟易している。二代目は身代を潰すとも言う。
他人様のことをとやかく言える立場では無いし、言うべきでは無いのだろうが、真麻氏は親の七光り以外に何かの取り柄があるのだろうか。胡坐をかいた鼻で騒がしいだけとしか見えないが、親子出演しなければならない親父も辛いだろうな~。 親父の遺産を充てにすれば良いと思うのか、娘にはやる気が見えない。

「坊主憎けりゃ袈裟まで...」ではないが、そんなことで今度はサトウ食品の「サトウの切り餅」に乗り換えを思案している。 「越後製菓の鏡餅CMで早押しボタン」よりも「三人娘の色々CM」が可愛い。
特に今流れているCMは、金鳥のゴンゴン「何してくれとんねん」篇のような楽しさを感じる。

三人娘は、Negicco(ねぎっこ)という主に新潟県を活動拠点とする女性アイドルグループとのこと。


とは言うものの『越後製菓の鏡餅』と『サトウの切り餅』は、でも『鏡餅』と『切り餅』に住み分けている。流石は新潟県同士の企業ということで喧嘩は無いようだ。してみると『〇〇の丸餅』が無いな。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
過日は52円の年賀葉書を買ってきた。 葉書代金が10円値上がりし62円になったが『年賀葉書(お年玉付郵便はがきや官製葉書に「年賀」と朱書きした物)は52円に据え置き』ということで、『2018用の年賀葉書として用いる限りは、いつでも52円』であると理解していたが、そうでは無いらしい。過去記事:最後の葉書
2018年の年賀はがき 1月8日から料金が変わるので要注意 | マネーポストWEB
52円で“年賀はがき”を出せる期間は、2017/12/15~2018/01/07で、この期間の前、または後に52円で発送した場合受け取り側が不足分の10円を支払わなければならない届いた年賀に返信する場合は01/07迄に。
年賀はがきの郵便料金について - 日本郵便
年賀葉書や官製葉書に“年賀”と朱書きした物を専用投入口に投函した場合は消印は省略されるが、この投入口が設けられる期間(12/15-翌年01/07)は“いつものポスト”に「年賀葉書専用投入口」として『札』が張られる。この期間に右習えしたのであろうか。ちなみに、01/07の締め切り日は、01/08の朝に『札』が剥がされるまではOKらしい。

2018年の「成人の日」は、ハッピーマンデー制度により1月の第2月曜日(01/08)となる。これにより、01/08迄の連休となる人は要注意だ。思い当たる人は、01/04-05には出社して会社に届いた年賀状を確認するほうが安心だろう。