昨夜のNHKニュースで「顔認識のAI 、別のAI悪用で顔データ再現の恐れ」との報道があった。
第三者が別のAIを悪用すると顔のデータを再現できてしまうおそれがあるとする実験結果を筑波大学の研究グループがまとめ、なりすましなどへのセキュリティーのあり方に一石を投じています。
とのことだが、同様の内容は数日前に海外のネットで報じられている。いわく「アダルト映画の顔データをAIで書き換える」という。多いにやりそうなことだ。

 更に近未来では「写真の年齢をごまかす技術」も出るだろう。 結果として「爺婆に無邪気に撮られ、SNSやブログに載せられた孫の写真」は、成長した孫の知らない内にAI加工される恐れが高いということだ。
爺婆は、覚悟して孫の写真を扱わなければ、未来の嫌われ者になる。