10/03 「Windows 10 October 2018 Update」(RS5)をグレードアップしたが、10/07に提供中断が報じられ、以降もそれ以外の不具合らしき事象が発生しているとのことだ。
俺的には、報じられているような問題は無いが、俺の環境で発生している不具合・不思議に関する記事を10/03「Win10 v1809 Upgrade済」⇒10/10「Win10 v1809の不具合」として記録しているが、カーソルの動作が思わしくない程度である。それにしても、Win10 v1809が公開された後の変化は多いが、v1809の不具合の影響は多いのでは?
関連過去記事: いい加減なPC業界 / 「DNS」の運用変更:完了 / ChromeのTLS設定方法? / ★SSL / TLS 設定方法 / FirefoxのRSS購読ボタン? / Windows 10の不調記録:4

明日からは11月(November)となる水曜日の今日、そろそろ更新版がリリースされるかしらんと思っていたところ以下の記事が出た。ということは、11月のセキュリティ更新プログラムの公開予定日である11/14とどちらが早いか(?)ということになるのだろうか。
配信停止中の「Windows 10 October 2018 Update」に新たなパッチ、Insiderでテストへ - 窓の杜
その後もいくつかの致命的な不具合が報告されていた。配信の再開は、“Windows Insider Program”で十分にパッチがテストされた後になる見込み。
なにやら、「October 2018 Update」(RS5)を10/03に公開したのはマイクロソフトの勇み足の様相になってきた。