読売ジャイアンツの専用球場(本拠地)だからなのか(?)は知らないが、マスコミは「東京ドーム〇個分」と言って某エリアの広さ(大きさ?)を表現するが、東京ドームの広さを知っているのだろうか

少なくとも、プロ野球に無関心な俺は東京ドームの広さなんざ知らないし、国民の半数以上は知らないと思っている。そんな程度で、山の頂から原野を見渡して「東京ドーム〇個分の広さ」と言われても判らん。
東京ドームそのものを「広い・大きい」と感じる人、「狭い・小さい」と感じる人、色々だろう。それなのに「〇個分」と言われたところで、感じるものがあるのだろうか 「地球〇個分」と言われても感じない。かく言うマスコミのレポーターは、東京ドームの広さ(大きさ?)を知っているのだろうか

ということで、Windowsの東京ドームを斜め読みすると
建築面積 - 46,755m2 / 建物高さ - 56.19m / 容積 - 1,240,000m3 / グラウンド面積 - 13,000m2
との事だが、「〇個分」と称する東京ドームの基準は何なのだろうか

野球場の広さや大きさは規格が定められている。日本の野球場一覧を眺めても東京ドームだけが突出しているわけでは無い。考えれば、全国の中学・高校の野球場だって広さ(大きさ?)に大差はないだろう。殊更に「東京ドーム〇個分」と例示する必然性も面白味も無い言葉が流行った言われを知りたいものである。
東京ドームシティ公式サイト

テレビを視聴している者がみんな東京ドームに行った事があるわけではあるまい。「東京ドーム〇個分」と言われてもさっぱりぴんと来ない。もっと、身近な表現はできないものだろうか。
「野球場〇個分」とか、「陸上競技場〇個分」とか、の言い方で十分に伝わることであろう。

ダンボ」日本版予告編 (公式サイト)
『ダンボ』日本版エンドソング「ベイビー・マイン」を歌うのは竹内まりやさん!! 珠玉のバラードが新たに生まれ変わる!|ダンボ|ディズニー公式

ダンボ (吹き替え) - 予告編