ブログネタ
livedoor Blogを使いこなす設定・活用術教えて! に参加中!
02/19雨水となった。02/16北陸地方では春一番が吹いたが、春には公開するとアナウンスされたlivedoorブログのhttps化はリリースされない。雨水と言えば「春一番が吹き鶯の鳴き声が聞こえる」のだから、誰が考えても春だと思うのだが.... 春分03/20まで待たせるのかね~ まさか4月の年度変わりじゃ
FC2ブログ、TP作成-3より転載
Firefoxでは2020/03/11公開予定のv74から、Chromeでは2020/03/18公開予定のv81から、Safarでは2020/03公開予定の v13から、 IE 11及びEdgeでは2020 年前半の物から、それぞれTLS 1.0/1.1 の接続を無効化される。(過去記事:TLS 1.0/1.1サポート終)
20200219164838
日本時間で2020/03/11に公開予定のFirefox v74等、すべてのメジャーWebブラウザが2020年初めにTLS旧版対応を打ち切る予定との事であるから、いずれかのメジャーWebブラウザがTLS旧版対応を打ち切った期日(03/11)迄にlivedoorブログでhttps化スケジュールのアナウンスが無かった場合、またはあっても打ち切り期日より遅い場合は、以前はlivedoorブログに内定としたが、翻ってFC2に引っ越し..
  • プラグインの選択については、javaは悪者とは限らないようだ。改めてFC2ブログのプラグインを見ると、随分古い物が消されずに残っているんだね~。ゴミ捨て場状態を解消しないところに引越しするのは考えものかも知れない
  • テンプレートはHTML5に対応した物を用いるべし。
  • アクセス解析はhttpsの邪魔をしない物を利用するべし。
    .OBVIO ※Google アナリティクスを分析・レポート化するサービスツール
    .アクセス解析研究所 
 引越しに踏み切れない理由の大きなポイントとして、ブログに広告が付くか(?)と、有料化がある。
FC2ブログの場合、「1か月以上更新がない時」には広告が付く。また、2020/08迄は広告が付かない。有料プランにしても「12ヶ月3,300円」と安い。
livedoorブログの場合は無料化されており、パソコン版では広告が付かない。しかし、スマホ版では「広告が付かない」ものの無関係な物が載る。無料化される以前は最上級プラン(月額1,890円)と安くはない。
将来有料化される出来事があった場合、FC2ブログの方が安そうだ。また、俺が逝き、ブログを閉鎖する場面を考えれば「有料版を利用しておいて、金の切れ目が縁の切れ目」というのも悪くはない。その場合は当然安いほうが良いに決まっている。暇人としては、以前FC2ブログについては整理したので、どちらにでも傾ける様に両天秤を掛ける意味でlivedoorブログも整理しておく。
それにしても、最近は色々新機能的な物をリリースするlivedoorブログだが、付録が付き過ぎてスマホアクセスすると他人の画面ばかりが多いのはいただけない。自分のブログなのか、他人のブログなのか、と疑ってしまう。しかし、他社のレンタルブログを見てもlivedoorブログと同じような物ばかりだ。あれが嫌ならテンプレートを自作できるFC2ブログを利用するしかないのだろう。帯に短し、襷に長し。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
.livedoorブログに内定とした過去の弄りについて取りまとめ。
livedoorのテーマはセンスが無いが、当面の間は現在利用しているテーマをHTML5化して利用する。
(HTML5化した記述):ブログのHTML5化 / フォント変更:学 / HTML5化の上部
1-1.『[はじめてのjquery]ブログにあるととっても便利!「ページのトップに戻る」ボタンを実装してみた!! | OZPAの表』によりカスタマイズしていた旧版。
関連記事(上に戻る・下に進むボタンを新しくした):
CSS:新 / トップページ:新 / 個別記事ページ:新 / カテゴリアーカイブ:新 / 月別アーカイブ:新
上に戻る・下に進むボタンをコピペで設置する方法 - ごろごろし鯛よね~ ※パクリ移し
関連記事(「新デフォルト(3カラム)」の真似をした)
CSS:20 / トップページ:20 / 個別記事ページ:20 / カテゴリアーカイブ:20 / 月別アーカイブ:20 / カスタムJS head内:20

1-2.『スクロールによってTOPへ戻るボタンを表示させる方法 [ホームページ作成] All About』によりカスタマイズした現行版。
関連記事(上に戻る・下に進むボタンを新しくした):CSS:新 / トップページ:新 / 個別記事ページ:新 / カテゴリアーカイブ:新 / 月別アーカイブ:新
上に戻る・下に進むボタンをコピペで設置する方法 - ごろごろし鯛よね~

.テンプレト改造に関する関連過去記事
2-1.ブログ改造色々
2-2.記事から直接編集画面に飛ぶ
  ブログに記事編集画面へのリンクを追加する - livedoor Blog ヘルプセンター
2-3.リンク集をプルダウン・メニューで設置
    <select onchange="window.open(this.options[selectedIndex].value)">
    <option value="">▼徘徊リンク等 Special</option>  ※「▼徘徊リンク等 Special」は適当に
    <option value="http://○○/○○">リンク先の名称</option>
       |
    適当に(<option value="http://○○/○○">リンク先の名称</option>)を増やす
       |
    </select>

.早速改造したい事
.過去記事内で「HTTPリンクを一括でHTTPSに置換する」ための設定 ※20/08/25、本作業は不要
HTTPS配信時の混在コンテンツ(Mixed Content)対応について - はてなブログ ヘルプ
Upgrade Insecure Requestsを指定する方法
HTTPのみで配信されているコンテンツは表示されなくなることを理解した上で、Upgrade Insecure Requestsを指定する場合は、ブログの詳細設定の「headに要素を追加」に以下の内容を貼り付けてください。
<meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">
※スキームを省略すると、相手方がhttpの場合はhttpで、httpsの場合はhttpsで自動で通信
数ヶ月前までは、https化しているか(?)していないか不明な場合、(https:)or(http:)部分を略して書けばブラウザが自動判別してくれたが、現在は自動判別せず「怪しいサイト」として認識されてしまうので、この対策を行う事。

.参考となる記事

<<ライブドアブログのヘルプ(PC向け)>>
過去記事:混在コンテンツ壊滅作戦 / TLS に関連した動向:学 / 収録写真の引越し完了 / 画像リンクとhttps://化 / スパムコメント:学 / facebookのシェアボタン

.reCAPTCHAを設置する方法(関連記事:ネット上の行動は筒抜)
reCAPTCHA(リキャプチャ)とは、ウェブサイトの制限エリアへのアクセスを試みるボットからサイトを防御するためCAPTCHAを利用するのと同時に、そのCAPTCHAに対する返答を紙の本のデジタル化に活かすシステムである。※FC2・はてな・Blogger 等では標準装備、livedoorは設置困難也。
2019100514311620191005143118

.これ良いね

.その他参考

関連記事:livedoorブログ:雑感 / livedoorブログのjQuery / livedoorブログ整理 / ログイン通知メール


.FC2ブログ振り返り過去記事:FC2ブログ、TP作成-2 / FC2ブログ、TP作成-3 / robots.txt:学
02/20、共有TPのなかで作者の aki [sorauta1] 氏が「youth_resp 2c,3c 」をリリースした。早速[youth_resp3c]を拝借し、全文表示にした。現行の「ct_responsive3c」更新日:2019/12/04とのチョイスは思案中
  1. 文字サイズの変更
  2. 『ユーザータグ』CSSの更新。20/03/22
  3. 全記事一覧 に コメント件数 が表示できるようになっていた。 【 ありのごとくあつまりて 】
    CM:<%titlelist_comment_num> TB:<%titlelist_tb_num>
  4. [vanillaice000] 氏(The other way round)のブログカードを設置する方法

過去記事:livedoorブログ整理 / リッチリンクにOGP:学
過去記事:FC2ブログ、試用雑感 / FC2ブログに引越し再考 / スマホにアクセス解析
関連記事:FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助 / ct_responsive3c:改録
関連記事:ct_responsive3c:改録H / ct_responsive3c:改録C / FC2ブログ、TP作成-3 / FC2のファビコン設定 / ブログカード利用:学

関連記事:FC2用に設置プラグイン / FC2プラグイン適用実験 / FC2用に設置プラグイン2
過去記事:FC2ブログをスマホから?FC2ブログに引越し再考 / livedoor ⇒ FC2、試行 / FC2ブログで広告を撤廃 / https://の信頼度:考 / FC2の模様眺め作戦 / FC2に編集ボタンを設置 / FC2ブログのSSL化
ブログ引越は見送り / ブログの引っ越し思案中 / FC2ブログ引越し見合せ /