新型コロナ騒動で04/16まで延長されていた確定申告期間が、04/17以降の申告も受け付けるの事。(PDF)

「確定申告」4月17日以降も可能に、国税庁が新型コロナ感染拡大を考慮 - INTERNET Watch
申告書の作成または来署が可能になった時点で税務署へ申し出れば、申告期限延長の取り扱いをするという。
しかし、期間延長の要因となった新型コロナの感染騒動は治まるどころが拡大しているようだ。
e-Taxで国税はネット申請することができるので人混みに出かけなくともできる。

国税に関する確定申告は不要とされている年金暮らしの者であっても、住民税の申告を行う義務がある。
これには電子申請の手段が提供されてない為、出かけることになる。
確定申告を受理された場合は税務署⇒市町村役所に住民税算定に必要な数字が回されるが、「確定申告不要な年金暮らし者は、別途、住民税の申告を行わなければならない。
次期の確定申告が始まる前に新型コロナ騒動が収束しない事は十分に想定できる。また、新型コロナ騒動とは別にしても、国税用(確定申告)システムであるe-Tax以外に、住民税(都道府県民税と市町村民税)の申告を行えるシステムが必要になる。住民税の申告で新型コロナに感染したくはない。
住民税だけをシステムから申告する場合は「eLTAX(地方税共通納税システム)」を利用すれば良い模様だが、確定申告不要制度に該当する年金受給者に向けられているシステムなのかは不勉強である。

地方税ポータルシステム(eLTAX:エルタックス)
(https://www.eltax.lta.go.jp/)
個人市・県民税(住民税) - 野々市市ホームページより

過去記事:確定申告の受付延期 / 新型コロナ対応状況:メモ
ここにも、新型コロナ / ネット社会のこれから? / R01確定申告完了 /
/ e-Taxによる確定申告? / R01確定申告完了() / e-Taxで確定申告は待機 / 令和元年分確定申告:学

 e-Taxに不具合が出ることをマイクロソフトが懸念して、日本でのみ確定申告の期限延長(4月16日まで)後に行う事とアナウンスされていた、新しい「Microsoft Edge」の自動配信が始まるのだろうか。

【20/10/19追記】