Microsoft Edge Updateとは何だろう?

世界的には20/01/15に「Microsoft Edge」の新らしい版(Chromium Edge)が提供が開始されているが、日本国内でのみe-Taxで確定申告する場合のChromium Edgeの動作不良を懸念して、自動配信が4月17日以降に延期されていた。e-Taxを利用しない俺的には、手動でChromium Edgeをインストールしたところ、旧Microsoft Edge(EdgeHTML)は上書き消去された模様で現在に至る。その後、20/04/17になって、EdgeHTML環境に対してChromium Edgeが自動配信がなされたのかは不明であり、瓦版屋にも書かれていない。(過去記事:新Edgeの自動配信は?)

以降Chromium Edgeは 、v81.0.416.53(04/14)⇒v81.0.416.58(04/18)⇒v81.0.416.62と更新が続き、現在はv81.0.416.64である。当然EdgeHTMLは存在しないのだが、未だに「Microsoft Edge Update」なる物が降臨する。04/26本日のPMにも(1.3.127.15)降臨している。
20200426165205

この「Microsoft Edge Update」とは何だろう? 新らしい版(Chromium Edge)用の物とは考えられない。となれば、旧Microsoft Edge用の物なのだろうか? しかし、既にアンインストールしている環境にも降臨するということが不思議である。思い出せば、数ヶ月以上はこれが降臨し続け、何度目になるだろう。
いつ、どのようなタイミングで降臨が終了するのだろうか? それとも、ず~と続くのだろうか?
ある意味で鬱陶しい。

俺は2019年8月にChromium EdgeのBeta版をインストールしている。また、それ以前にもベータ版をインストールしているから、その煽りだろうか? 「Microsoft Edge Update」で検索。以下記事程度しかヒットは無い。
山市良のえぬなんとかわーるど: Windows Update による New Edge の配布(Release Preview リングで先行体験)
「2020-03 Windows 10 Version 1909 向け Microsoft Edge Update (x64 ベース システム用) (KB4541302) 」
上記によれば「KB4541302」はWindows Insiderで02/27に降臨している模様也。
The new Microsoft Edge is available for Windows 10, version 1903 and 1909
https://support.microsoft.com/en-us/help/4541302/

なお「KB4541302」を検索。以下記事程度しかヒットは無い。
新しいMicrosoft Edge の自動配信がスタートしている?: パソコンのツボ ~Office のTIP
KB4541302 がインストールされると、旧来のMicrosoft Edge から、新しい Microsoft Edge に切り替わる。KB4541302 は削除ができない。
更新プログラムの履歴をコントロールパネルから見ても「KB4541302」は無い。しかし、Beta版をインストールした際に何かが残骸化しているのかも知れない。念のためMicrosoft Update カタログを検索したが「KB4541302」はヒットしない。
上記検索はGoogleで行ったが、試みにBingで検索しなおしたところ以下が+ヒットした。
【20/04/28追記】本件について、以下で質問した。
Windows 10 バージョン1909 に累積更新(KB4535996)が降りてきました。 - 私のPC自作部屋
Insider Preview build19613 の 新 Edge devには、4/27付けで「Microsoft Edge Update」が有り。合点。ちなみに、旧Edge を使用しているPCには無いとの事。

(正式版)新しい Microsoft Edge をダウンロード
(ベータ版)Microsoft Edge Insider
Microsoft Edge Insider Channels をダウンロード ※Microsoft Edge チャネル概要 | Microsoft Docs
関連記事:Microsoft Edge情報  / 新Edgeの自動配信は? / Edge Updateとは? / ブラウザ導入状況:5 / エッ、新Microsoft Edge / 新Edgeの自動配信は?-2

 少し追っかけ 
※関連過去記事:IE 11を復活させた(20/04/18) v11.778.18362.0、更新v11.0.185(KB4550905)
  1. 20/04/30、Chromium Edgeはv81.0.416.68、「Microsoft Edge Update」はv1.3.127.21。
    IE 11 v11.778.18362.0、更新v11.0.185(KB4550905) ※(20/04/18)と変わらず
  2. 20/05/08Chromium Edgeはv81.0.416.72
    Microsoft Edge Updateはv1.3.127.21。IE 11 v11.778.18362.0、更新v11.0.185(KB4550905)変わらず
  3. 20/05/13、5月の定期更新あり
    IE 11、EdgeHTMLの版Upが有った。Chromium Edgeは05/08更改のv81.0.416.72で変わらず。なれど、「Microsoft Edge Update」は版Upされておらず、因果関係は不明。
  4. 20/05/20
    Chromium版Microsoft Edge、サイドバー検索やPinterest連動など新機能 | マイナビニュース(20/05/20)
    ChromiumべースのEdgeは現在、Windows Updateを通じた自動アップデートが始まっており、数週間中に全てのWindows 10ユーザーの移行が完了する (エンラープライズや教育ユーザーを除く)。
  5. 20/05/26、Microsoft Edge Update v1.3.129.31が降臨。他には無く、関連性は不思議?
    ちなみに、Chromium Edgeは05/23更改のv83.0.478.37で変わらず。
    IE 11 v11.836.18362.0、更新v11.0.190(KB4556798)と版Upしている。
  6. 20/05/28、古い「Edge」の開発は終了 ~「Windows 10 May 2020 Update」で削除・非推奨となる機能が発表 - 窓の杜(20/05/29)
  7. Windows Updateを通じた「Chromium版Edge」への自動アップグレード開始 | マイナビニュース(06/04)
    【要注意】Microsoft、Windows 10に新しいEdgeを導入する、KB4541301、KB4541302、KB4559309の提供を開始 | ソフトアンテナブログ(06/04)
    Edgeブラウザのアップグレードを含むアップデートは、Windows 10のバージョン1803/ 1809/ 1903/ 1909/ 2004向けの「KB4541301」「KB4541302」「KB4559309」など....との事。
    ※手動でEdgeブラウザのアップグレードをした俺の環境ではいずれも降臨していない。
    また、「Microsoft Edge Update」は06/04確認で(1.3.129.31)。タイムスタンプはv2004Gupの05/28付けで、04/26PM降臨の(1.3.127.15)より版upしている。
  8. ついに「Chromium」ベースの新しい「Microsoft Edge」への移行が本格化? 全画面の案内も - やじうまの杜 - 窓の杜(06/22)
    更新プログラムは「KB4559309」
  9. Microsoft、新しい「Microsoft Edge」の提供範囲を教育・ビジネスデバイスへ拡大 - 窓の杜(20/07/01)
  10. Microsoft Edge CanaryでIEモードが復活 | スラド IT(20/07/23)
  11. これに関する追跡は以上で中止。
Windows 10で新しいMicrosoft Edgeへの更新をブロックする方法 | ソフトアンテナブログ(06/06)
Microsoft Edge の自動配布を無効にするための Blocker Toolkit | Microsoft Docs(Microsoft提供)
次の機能アップデート「Windows 10 20H2」はこうなる | ソフトアンテナブログ(06/17)
ChromiumベースのEdgeが同梱される初のバージョンになる模様。
関連記事:新Edgeの自動配信は? / Edge Updateとは?