女将宛に「企業年金連合会」なる者から封書が届いた。初耳の名前に時節柄不信感を抱く。
ネット検索したところ、以下の説明に納得。
「企業年金連合会」から年金が支給されるかも 厚生年金基金のある会社を短期退職した人は要確認 | マネーの達人
「厚生年金基金連合会」として設立され、平成16年の法改正により「企業年金連合会」と名称が変わっている。WikiPedia:厚生年金基金(企業年金連合会) 企業年金連合会 公式サイト

細かな説明は上記の他、以下の日本年金機構の記事でも説明されている。要するに、ゴッチャンです。
短期であれ、アルバイト経験のある主婦には同様の封書が郵送されているのだろう。とはいうものの女将が本件に該当する時期は40年近く前のハズ。また、それから数度の住所変更している。よくぞ調べた。
以前、厚生年金基金のある会社にお勤めで、かつ、短期間が退職された方は、企業年金連合会から年金が支給されるかもしれませんので、ご確認されておいた方が良いですね。
厚生年金基金加入期間がある方の年金|日本年金機構(更新日:2020年4月30日)

厚生年金基金加入期間がある方への確認のお願い
日本年金機構と企業年金連合会()は、厚生年金基金加入期間がある方のデータの突き合わせ作業を進めています。
企業年金連合会(旧厚生年金基金連合会)は、平成26年3月以前の厚生年金基金の中途脱退者や解散した厚生年金基金の加入員等にかかる年金資産とデータを引き継いでいます。
この作業の結果を受け、ご本人様への照会が必要な場合は、職歴や加入記録等の確認をお願いする文書をお送りしておりますので、ご協力いただくようお願いします。
実施状況(令和2年2月末)(PDF 183KB)
それは結構な話題なのだが、市役所にて揃えなければならない書類がある。
新型コロナ騒動の真っ最中に出かけるのは躊躇しているが、特別定額給付金をオンライン請求するためにマイナンバーカード申請を望む人達で市役所の窓口が3密状態との事。根性あるね~