Androidタブレットのウィルス対策としては「LINE アンチウイルス」を利用している。
その内、マイクロソフトの標準ウィルス対策ソフトであるMicrosoft Defender がAndroid版として公開されるとの事。
Microsoft製セキュリティソフト「Microsoft Defender ATP」のAndroid版がパブリックプレビュー、ディープラーニングによるマルウェアスキャンなど - GIGAZINE
公開され次第、取替を検討。

【 Microsoft Defender ATP for Android 】 http://msft.it/6185TlUBB モバイル向け脅威防御機能「Microsoft Defender ATP for Android」のパブリックプレビューを開始します。アプリや Web サイト、アプリからのフィッシングや安全でないネットワークへの接続に対する保護機能を提供します。

Windowsさんの投稿 2020年7月1日水曜日

 マルウェアのチェックであれば「LINE アンチウイルス」で十分に思える。しかし、パソコンでは重宝に利用しているMalwarebytes「AdwCleaner」のAndroid版が無いものか(?)とGoogleストア内を見回したが、類似した物はあるが同じ作者が提供する物なのかは分かりかねた。それはそれで....と諦め、更に広告を遮断する物としてパソコンの(uBlock Origin)のような物を...と探した。(Adblock)で店内検索したが山ほどヒットする。なんとなく、以下が有効かしらん(?)とも見えるが....判らないので、当分はインストールする事を見合せることにした。
  • Malwarebytes Security: Virus Cleaner, Anti-Malware アプリ内購入あり (更新2020年6月15日)
  • AdBlock Block All Ads 広告を含む。アプリ内購入あり (更新2020年6月2日)
  • Adblock Plus for Samsung Internet - Browse safe. eyeo (更新2020年2月10日)
  • AdBlocker Ultimate Browser AdAvoid アプリ内購入あり (更新2020年1月7日)
  • Ghostery Privacy Browser (更新日2019年11月8日)
20200713204211

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで弄ってみたが、Google Chromeを利用する場合はアプリとしてインストールしなければならず利用しているブラウザとの括り付けが面倒なことが判った。
Chrome単体で広告が付かないようにする方法が解説されているが、俺が下手なのか、いずれにしても目的が達成できない。その点、Android版でもアドインをインストールできるMozilla Firefoxは手間なしで広告が付かないようにできる。その他、アドインを利用できる方が便利な事があるだろう。
ということで、タブレットのWebブラウザをChrome⇒Firefoxに乗り換えることにした。併せてFirefoxのsyncを設定した。(関連過去記事:Google、2段階認証:学)