05/28から提供が開始されている「Windows 10 May 2020 Update」v2004には問題が多いようだ。
以降、07/15定例の7月累積更新が為されたが、解決していない問題が多い。この度、以下の報道。
「Windows 10 May 2020 Update(v2004)」のネットワーク接続状態インジケーター(NCSL)に問題がある。(NCSL)は、Windows画面のタスクトレイに表示されるLANやWi-Fiの状態を示すアイコン

俺の環境でも本件は発生しており、何度か再接続で(NCSL)を復活させていたが、v2004の問題とは
マイクロソフトはこの問題を把握しており調査中との事。インターネットへの接続には問題がないようとの事だが、早期の解決を期待したい。
<<ネットワーク接続状態インジケーター(NCSL)の表示>>
正常に接続された状態   接続されていない事を示す状態
20200721084038 20200721084035


ディバイスドライバー「Qualcomm Atheros AR9287 Wireless Network Adapter」(v10.0.3. 456、17/09/20更新版) については、自動更新ソフト「DriverMax」で20/05/03に更新(v10.0.0. 27453、19/06/14更新版)通知が有ったが、更新した結果 Internetに接続できなくなり元に戻した経緯がある。(関連記事:デバイスドライバ:学)
これはv2004更新以前の出来事であり本件とは無関係と考えるが、要関心。