来週から2020年の国勢調査が開始。前回の第20回国勢調査は2015年(H27)10月1日現在で行われた。

調査の期日は、令和2年(2020年)10月1日現在で実施

統計局ホームページ
2020年国勢調査第2次試験調査の基本に関するQ&A(回答)

2.2020年国勢調査第2次試験調査の調査方法
  • 調査方法Aは,調査書類の配布時期について,インターネットで回答するための書類を調査票よりも早く配布する方法
    ※回答期間:令和2年9月14日(月) 0:00  ~ 10月7日(水)
    ※インターネット回答は、調査期間中24時間いつでもパソコンやスマートフォン・タブレットから、回答できる。また、調査期間中は、回答した内容を修正することもできる。

  • 調査方法Bは,調査書類の配布時期について,インターネットで回答するための書類と調査票を同じ時期に配布し,後日調査票を郵送で提出するための封筒を配布する方法
    ※回答期間:令和2年10月1日(木) ~ 10月7日(水)
  • 調査方法Cは,インターネットで回答するための書類や調査票等を同じ時期に配布する方法

総務省統計局YouTubeより

 前回は、インターネットでやれることを知らず、手書きして調査員に手渡しした。
過去記事を検索したところ、前回はネットで行っていた。過去記事:やる?、Web国勢調査(2015/09/13) / 国勢調査送信(2015/09/15) ならば、今回もネットでやろう。
COVID-19感染防止の観点から、今回は手渡しは無いらしい。インターネットが望ましいのだろうか?
とは言うものの、ネットのセキュリティ意識が欠落している日本国のシステムは大丈夫だろうか
問2-4 調査票を郵送で提出することはできないのですか。
2020年国勢調査第2次試験調査では、調査票を郵送で提出するための封筒(「郵送提出用封筒」)を配布しますので、世帯の方が郵送で提出することができます。 また、調査票を調査員に直接提出することもできます。郵送で提出する場合、郵送提出用の封筒は、「料金受取人払い」としていますので、世帯で郵送料を負担していただくことはありません。
インターネットからやる場合、何か面倒なのだろうか 
マイナンバーカードが要るとか、特定のブラウザでなければアクセスできないとか...
国勢調査オンライン(https://www.e-kokusei.go.jp/)

インターネット回答|国勢調査2020総合サイト
受付は、令和2年9月14日(月) 0:00から

インターネット回答 かんたん操作ガイド 横浜市
上記は国の説明だが、当地野々市市の説明は理解しがたい。言葉足らずだが、国と同じだろう
令和2年国勢調査 - 野々市市ホームページ  ....より一部抜粋引用
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、調査方法が一部変更となります。
<これまでの調査方法>
調査員が世帯に直接伺って、対面で聞き取り調査や調査票の配布・回収を行っていました。
<今回の調査方法>
調査員はインターホン越しに聞き取り調査をして、調査票は郵便ポストに投函する予定です。

調査票の回答は原則郵送かインターネットで行います。(世帯からの希望や期限までに調査票の回答がなければ調査員が対面で受け取る場合もあります)
過去記事:やる?、Web国勢調査(2015/09/13) / 守るべき国民の安全?! / 国勢調査送信(2015/09/15)
20国勢調査、送信(2020/09/15)

2015年9月は、今年2020年9月と同じ暦だあったのか。しかし、気温が5℃は低い日々である。
<<2015年9月、金沢の気候>>  2020年9月
20200910194136