ヒョンな出来事から、日本語なるものの意味の変化というか...誤解が有る事を知った。
事の起こりは以下の記事へのコメントで『やり方が姑息』と書いたことである。それに対して某氏より『姑息は明らかに言い過ぎだと思われる』との対コメントがあった。
YouTube動画検索機能をURL入力式に変更しました|ライブドアブログ スタッフブログ
これに対して説明を試みようと同じ内容の対々コメントを3度も書き込んだのだが、未だに表示されない。
表示されない理由に関しては、邪推できることもあるのだが、それは触れまい。

そもそも、対コメントで「言い過ぎ」とされた『姑息』だが、そんなに厳しい意味合いの言葉ではない。しかし、言い過ぎと考えるような曲解があるというのが俺の解釈である。以下に、Weblio辞書より引用する。
「姑息(こそく)」の意味や使い方 Weblio辞書
 「姑息」の意味
姑息(こそく)の本来の意味は「一時的な」「急場しのぎの」「間に合わせ」の手段や方法のことである。一般的な理解としては、「姑息」という言葉は「卑怯な」「こせこせした」さまを表現する言葉として用いられることが多いが、これは本来は誤用である。
「姑息」は誤用が浸透している表現
文化庁は2010年に実施した「国語に関する世論調査」において、「姑息な手段」という表現で「姑息」の意味を本来の(「一時しのぎ」という)意味と回答した割合は15%に留まり、「ひきょうな」という意味だと回答した割合は70%を超えた、と報告している。しかし「姑息」を「卑怯な」という意味で用いる方法は、本来は誤用である。

「姑息」に限らず中国が起こりとされる漢字については、最近では四字熟語と呼ぶもの等を含めて、語源・言葉の成り立ちを知らずに感性だけで知ったかぶりされると困る場面も少なくない。
「おのれ姑息なマネを……!」と云って卑怯者呼ばわりする場面もあり得る。ただし「姑息なマネ」というのは「その場を取り繕ってやり過ごそうとする性根」を卑怯と言っているのであり、直接に「卑怯な」と述べているわけではない。
ということで、俺の用いた「姑息」の意味を述べるとともに、言葉の誤解をしないように自戒する。
ら抜き言葉 / さ入れ言葉(さ付き言葉)/
WikiPedia:日本語の誤用#事例 / 国語に関する世論調査 / 日本語の乱れ / バイト敬語
国語に関する世論調査 | 文化庁