10/21リリースしたパソコン版のFirefox v82.0で複数の問題が報告され、出荷制限しているらしい。
Firefox 82、複数の問題が報告されてロールアウトを制限 | スラド IT(20/10/25)
22日のFirefox Channel Meetingによると、印刷関連の問題やセキュリティソフトウェアとの組み合わせでFirefoxがクラッシュする問題、実験的なプライバシー設定を有効にしている場合にWebサイトからログアウトしてしまう問題が報告されている。
俺の環境では既にFirefox v82.0に更新済みである。しかし、上記の記事で紹介されている(Ghacksの記事)の内容が、以前より発生している不具合に酷似している..殆ど間違いない。
不具合の症状としては、ログインした物が勝手にログアウトさせられてしまう。ログアウトさせられるのはほぼ1日程度のサイクルで、途中は問題無くログイン状態が継続される。
尚、は同一のタイミングで発生するが、が同じタイミングになる事は発生していない
.Google・TwitterFacebookInstagramMSN News (v79.0に成って以来)
 これ以外のログインしなければならないアプリでは、勝手にログアウトさせられない。
.Firefoxのsync (v78.0.1に成って以来)
関連記事:Firefoxの不具合 / Firefoxの不具合(2) / Firefoxのセッティング:2 / Google Playの配信メモ / Firefoxの不具合:原因?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<<(Ghacksの記事)記事の一部を自動翻訳して引用する>>
トラッカーの削除やリダイレクト追跡保護を有効にした Firefox ユーザーは、短期間(たとえば 1 日)後にサイトからサインアウトする場合があります。これは、特定のユーザー構成に限定されているように見えるので、Mozillaによると広く普及すべきではありません。
20201026162453
ユーザーのユーザー報告問題は「Firefox が閉じたときに履歴をクリア」が有効になっていました。これにより、Web ブラウザーから閲覧履歴が削除されます。Firefox は履歴の情報を使用してサイトとのやり取りを決定し、その情報は、記録されていない場合に Cookie を削除する削除機能にリンクされています。履歴がクリアされると、インタラクションは起こらなかったかのように見え、Firefox は消去を続行します。
メイン設定は、Firefox ユーザーが [設定] の下で有効にする必要があります。そこでは、[履歴] の [履歴にカスタム設定を使用する] を選択し、[Firefox が閉じたときに履歴をクリアする] オプションをオンにする必要があります。
影響を受けるユーザーは、 about:config 設定「privacy.purge_trackers.enabled」をFALSEに設定して、当分の間問題を軽減できます。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 現在の俺の環境は「Firefoxのセッティング:2」のとおり
オプション
【プライバシーとセキュリティ】(ブラウザープライバシー)
  1. フォームとパスワード
    「ウェブサイトのログイン情報とパスワードを保存する」のチェックを外す。
  2. 履歴
    20200528172856
  3. 許可設定 ⇒すべての項目を「ブロック」に設定

ブラウザーを閉じるときに、常に閲覧データ(閲覧の履歴、クッキー、キャッシュなど)を消去する事は、新Microsoft Edgeでは巧く機能している。
「Microsoft Edge」ブラウザーを閉じるときに、常に閲覧データ(閲覧の履歴、クッキー、キャッシュなど)を消去する方法|dynabook
この機能、パソコン版ではFirefoxが手始めであったと記憶する。Android版Firefoxでは巧く機能しているか、残念。Chromeでは、パソコン版・Android版ともに未搭載と覚える。

「Firefox 81」で“Twitter”が利用不能になる問題 - 窓の杜(10/14)