ADSL」なる通信サービスが未だに有るとの事を知った。
ADSL利用者の4人に1人が「サービス終了を認識していない」との調査結果、ニフティが発表 - INTERNET Watch
ADSLとは「Asymmetric Digital Subscriber Line(非対称デジタル加入者線)」の略称で、既存のアナログ電話回線で数十Mbpsの通信サービスを提供できるのが特徴。国内のブロードバンドサービスとして光回線より一足早く普及したが、光回線の普及とともにADSLの加入者は減少してきており、NTT東日本/NTT西日本が提供する「フレッツ・ADSL」は2023年1月末でサービスを終了する予定となっている。また、ソフトバンクは2020年3月から一部地域でADSLサービスを順次終了しており、2024年3月末までに完全に終了する予定だ。
日本では2000年代前半に既設のメタリック通信線が利用できることで急速に普及したそうだが、俺の場合、横浜市在住の頃に使っていた「ISDN」を、鎌倉に転居した際にCATVに切り替え、以降はCATVを使っている。したがって、ADSLの利用経験は無い。
ニフティサーブとやらを用いたパソコン通信が華やかだった頃にホームページ開設の社命を受け、自宅からでも接続実験ができるように自宅に引いたインターネットであったが、「ADSLは安い」とかの噂を聞き流す程度で関心がなかった。PC-VANとかアスキーネットとかもあったが、何故かニフティサーブ利用者が多かったような覚えである。
そんなことで、未だにADSLが生存している事を知り、へぇ~である。(過去記事:@homepageが終了)
本日は、@niftyのブログにアクセスできないが、何かどうかしたのかしらん

ダイヤルアップ接続音


固定電話の大変革!昔ながらの固定電話は「メタルIP電話」に切り替わります。

WikiPedia:公衆交換電話網#公衆交換電話網のIP網へ
変換装置を用いてIP網(NGN)に接続する「メタルIP電話」とすることが大きな柱で、電話会社側の回線設備のみの変更となるため現在の電話機がそのまま使え、電話機に電話線から電力を供給する局給電機能についても存続する。加入電話・INSネットの音声通話については、加入者宅内工事はなく、電話機などはそのまま使えることを広報