強制的にChromiumベースのEdgeブラウザ(新しい Microsoft Edge)をインストールする更新プログラムのKB4559309(20/06/18)による問題の発生をMicrosoftが認識し、別の更新プログラムKB4576754(20/08/31)に置き換え、問題の解決を図っていたとの事。
このKB4576754は、以前公開されていたKB4559309を置き換えるものとの事。
Microsoft、Windows 10のパフォーマンスを低下させるKB4559309を撤回していた - ソフトアンテナブログ(20.09.21)
事前に手動で新しいEdgeブラウザをインストールしておけば、システムに余計な更新プログラムがインストールされることはないようです。
との事。(正式版)新しい Microsoft Edge をダウンロード

俺の環境ではKB4559309・KB4576754共に無かった。19年12月に手動でChromium Edgeにした為か。

関連記事:Microsoft Edge情報  / 新Edgeの自動配信は? / Edge Updateとは? / ブラウザ導入状況:5 / エッ、新Microsoft Edge / 新Edgeの自動配信は?-2
「May 2020 Update」v2004の提供が開始されたのは20/05/28v2004が降臨しない件:考
また、09/09の累積更新(KB4571756)の不具合は...
Microsoft、Windows 10で発生中のWSL2の不具合を次期アップデートで修正へ - ソフトアンテナブログ(20.09.21)

毎年9月22日はOneWebDayとやらで「オンライン生活」を祝う記念日。