9月の大型連休」が終わる。マスコミは連休の行楽シーンを取り上げるが、本来は秋の彼岸である。
それにも関わらず、子供を出しにしたり、「久しぶり」とやらで、出かけたがりの大人が多い。
そんなにも自宅にいる事が苦痛なのだろうかと不思議に思う。あの大人は子供時代に、自分の親に遊んでもらった経験がなく、駄々をこねると何処かに連れ出されることしか体験がないのであろう。
旅人は自分の行為を正当と言い、また、清潔な自分が汚れた地域に嫌々ながら出向くがごとく言うが、反対側からは考えないらしい。黄泉の国は何処にあるのだろう。

日本政府としてはGo To キャンペーンという社会実験を経験する事で、立派にオリンピックを開催できることを世界にアピールする為にも、この9月の大型連休は成功として発表したいであろう。
IOCも東京オリンピック開催の最終判断は10月と発言していたのだから、秋の大型連休でも10月末 - 11月頭の大型連休の結果を待ってからでは遅いのだ。(ディスカバーJp.の終焉 / Go To キャンペーン:学)
マスコミは全国の観光地の反応を報じているが、歓迎の是非はマチマチのようだ。(お盆の帰省と言うが)

パンデミックの拡がりの行く末は見えないが、オリンピックを開催したがり派の情報操作の有無は注視したいものだ。彼岸明けに、COVID-19の櫂にして先祖と一緒に川を渡ったのでは洒落になるまい。
特設サイト 新型コロナウイルス 都道府県別の感染者数・感染者マップ|NHK(20/09/22 11時)より
2020092211444220200922114439

過去記事:新型コロナウイルス対応 / 抗体検査の病院を探す