10/19今朝、起床時より鼻水が出る。久しぶりの「寒暖差アレルギー」である。
WikiPediaによれば「血管運動性鼻炎」というらしい。
外気温の変化やたばこの煙、精神的ストレスなど、様々な要因で発症する


55歳頃の横浜在住時代に初体験し、風邪の初期症状とばかり考えていた。
少々寒気がする程度のことで風邪と呼ぶにはおこがましいのだが、兎に角鼻水が出る。テッシュ1箱を抱えて鼻をかむのだが、かみすぎると中耳炎にでもなりそうで遠慮していた。医者に行っても殊更の事はない。
風邪ではなく、寒暖差アレルギーが原因とわかったが、症状が改善されるというわけにはいかない。
これは、季節が変わる或日突然発症し、2~3週間ほど続いて、突然と消える。その期間は耐えるだけだ。
仕事人時代には、家ではテッシュを鼻穴に詰めて口呼吸していたが、仕事中はその上からマスクである。
それでも昼はマシなほうで、就寝時はトロトロのほとんど水状態の鼻水をかむのが忙しく、寝不足する。
鎌倉に引っ越してからも寒暖差アレルギーは治らなかったが、退職して、終の棲家とした当地野々市市に転居してから2年後には薄れだし、翌3年目には発症しなくなった。これは環境の為せる技と考えていた。

そんなこんなで、忘れていた寒暖差アレルギーを5年以上経って思い出させてくれた。
寒くなってきたとは言うものの、まだ蓄暖(電気蓄熱暖房機)のスイッチを入れるのは早かろうと思っていたが、そろそろ見切り時かもしれない。記録(蓄暖のON・Off)によれば、例年10/20頃にはONしている。
今年も10/08・09にはエアコン暖房したが、以降は暖かさが戻っていた..そろそろ霜降立冬也。

2週間気温予報 気象庁>>北陸地方>>金沢(20/10/18付)
20201019091158