サイトを開設するには面倒な仕組みの世の中になってきた模様也。
俺のような無料レンタルブログを借りている者にとっても、注意していなければレンタル先が消えるかも知れない。ということで、関係のありそうなイベントをピックアッブしてメモ。

.SSL / TLS 設定
「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」は使用せず、「TLS 1.3、TLS 1.2」のみを利用する事が標準となった。
これにより、TLS 1.2化していない閲覧者やサイトは、見るor見せることがてきなくなる。

.SSL化(https)のサーバ証明書の有効期限が1年サイクルで更新しなければならない(法律)
はてなブログ・livedoorブログ・FC2ブログ等が利用しているSSL/TLS証明書の認証局(Let's Encrypt )は、来年2021/01/11以降のいつかからは「Android7.1以前のデバイスでアクセスした場合は証明書エラー」になり閲覧できなくなる。なお、httpsでないサイト・ブログではこの問題は発生しない。
本イベントは、このlivedoorブログのアナウンスでは『2021年9月30日以降』とのこと。各ブログによりイベント開始期日は異なる模様。
【20/11/10追記】古いAndroidで多くのセキュアサイトが表示不可に。2021年9月にLet’s Encryptがルート証明書を変更 - Engadget 日本版
にの内容と合わせれば、「Android 7.1.1以前の端末でHTTPS化サイトが表示できなくなるのは「021年9月30日以降」である。また、Firefoxを利用すれば表示できるらしい。

.Google検索のインデックスが厳しくなるようだ。伴って、広告で運用しているブログ等のレンタル規約が変わるのではないだろうか? もしくは、テンプレート等の変更が伴うのでは?
現在の情報から考えるには、FC2ブログの「レスポンシブ対応テンプレート」ならば如何だろうか??
【Google】2021年3月以降デスクトップ版のみのサイトをインデックスから削除する方針 | Mobile First Marketing Labo
  • 2021年3月以降はモバイルで表示できなければインデックス自体がされない。
  • パソコンとスマホで別々の URL を使用することは推奨されない
  • Googleも、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨している。
過去記事:混合フォームの撲滅を / home_resp3c:改録 / Google Analytics話題

以上のイベントを眺めると、無料レンタルのブログやサーバー(ホームページ)には大掛かりな地殻変動が発生するであろうことが予想される。俺の見立てとしては、現状のままで無料レンタルを営める企業は無いだろう。ならば、小規模な傷で凌ぐor大規模に改革して未来に備えるか、を見極めるのが分岐点なのだろうか。そのような視野で見れば、レンタル各社は、成否・是非は別にして、生き残りを掛けて既に動いているようだ。その動きを読み解けるかが利用者側の器量ということになる。
来年の春には一定の効果が見えてくるであろうが、手始めは、来年2021/01/11以降のSSL/TLS証明書の認証局(Let's Encrypt )の傷口の現れ方から推測できるであろう。俺的には、FC2ブログが傷が少ないと見た。ということで、仮設中の*Essence(aki [sorauta1] 氏が提供するFC2ブログ用の共有テンプレート「home_resp3c」に関する改造メモを取りまとめておく。

いずれにしても『パソコンとスマホで別々のURLを使用することは推奨されない』という規制に対する各ブログの対応がポイントと見る。FC2ブログの場合、パソコン専用は「https://xxx.fc2.com/?pc」であり、スマホ専用は「https://xxx.fc2.com/?sp」である。この事は「パソコンとスマホで別々のURL」に該当するのであろうか?。なお、「レスポンシブ対応テンプレート」を利用している場合は「https://xxx.fc2.com/」でパソコンとスマホの両方がアクセスできるのでGoogle様などの推薦環境なのだろう。

しかし、「レスポンシブ対応テンプレート」に切り替えようとするユーザーが多いとは考えられない。
『危険マーク』を付けられても気にかけることなくSSL化(https)を行わないユーザーが多い現実を各ブログ会社は如何見るのだろうか?。ユーザーが気にかける事は少ないだろうが、広告収入で経営している各ブログ会社は死活問題であろう。『パソコンとスマホで別々のURL』か否かについて、FC2ブログ以外では「はてなブログ」がアナウンスしているが、他については掴みきれていない。

彼是言ってもFC2ブログは未だにガラケーアクセスが利用できるが、数年後にはガラケー自体が消えるのである。更には、今後の広告表示に対応する為にSSL化(https)を強制執行する場合もあるとアナウンスしている。新しい物もあるが、多くは陳腐化したテンプレートとプラグインで埋められている。その代わりとでも言うように、最近は公式の物をリリースし始めている。.etc. ということで、ゴミ屋敷状態ではないだろうか。あのゴミを捨てることから始めなければ未来は見通せないのではないだろうか。俺がFC2ブログへの引っ越しに蹈鞴を踏む理由でもある。(WikiPedia:FC2)

~~~<<home_resp3c:改録>>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連過去記事:Android 7.1以前は / FC2のスマホアクセス / FC2ブログの事:メモ / FC2ブログの広告考察
「ブログ内検索」や、「カテゴリー別」「月別のアーカイブ」についてはタイトルリスト表示がディフォルトですが、これを要約表示(?)にしたい....件の質問

関連過去記事:livedoorテンプレート改 /

俳諧先で利用者が多いgooブログは、概ねにおいて未来への対策は済んでいるようだ。
しかし、拍手ボタン(気持ち玉)やコメント書き込み時にログインを求められるのは鬱陶しい。
ブログの設定次第のようだが....「外部IDでログイン」するか否か、思案中。
20200918184046
reCAPTCHA」や「拍手ボタン」と同じ役目をするのだが、これを是とするか非とするか。
goo blogはせこい / FC2のスマホアクセス / CAPTCHAを敬遠しよう / livedoorブログのjQuery / ネット上の行動は筒抜 / 拍手ボタンを削除、もとい / 「いいね」の意味は / 「拍手コメント」が延命中 / スパムコメント:学 /