日本では国営放送NHKは勿論、大手民放のテレビでは、COVID-19感染は防止でき、感染しても治療できるという内容の報道でもちきりである。しかし、100%の防止なのか、完治なのかについては、色々だ。
新型コロナ「ファイザー」と「モデルナ」のワクチンの特徴は | NHKニュース(11/17)
いずれにしても、色々なワクチンがもうすぐに接種できる体制になるとか、アチコチの病院で治療を受けられる、という報道内容であるが、その信憑性について検証して語られる事は少ないと見る。
要するに、政権の代弁をしているだけだろう..心配ない。安心しなさい。国民の安全を守るってか

一方、政府発表で、先行して接種する事を薦められていたインフルエンザの予防接種ワクチンは足りなくなるとかの下馬評も聞こえるが、その信憑性を語る報道は少ない。
コロナ第3波でも1日2万件 一向に増えないPCR検査の原因は|日刊ゲンダイDIGITAL(11/18)

呑兵衛 あなさんの投稿 2020年11月18日水曜日


しかし、地方ではネットでしか見ることができない東京や世界の報道では、国営放送が語らない事が語られている。何れが真実なのか、単なる推測なのか、政権の御先棒担ぎなのか...知る由も無い。
“開催ありき”のIOCバッハ会長訪日 海外メディアが酷評|日刊ゲンダイDIGITAL(11/18)
先週末実施のANNの世論調査では、五輪開催について「さらに延期」(28%)と「中止」(31%)が計約6割。「来夏開催が良い」(33%)を上回った。

呑兵衛 あなさんの投稿 2020年11月18日水曜日


新型コロナワクチン「効果9割」も「安全性、証明できる段階にない」専門家が警鐘 ファイザー、モデルナの違い:東京新聞 TOKYO Web(20/11/18)
新型コロナウイルスのワクチン開発で、米国の2つの製薬会社が、最終段階の治験で9割の効果があったと相次ぎ発表した。いずれもRNを使う新タイプ。専門家は「効果はありそうだが、安全性は証明できる段階にない」と、過剰な期待を疑問視している。
ファイザーのワクチンは年内の実用化が見込まれているがマイナス70℃程度の超低温が必要という。
同じく米モデルナのワクチンは2~8℃の冷蔵で30日間は保存できるとの事だから、日本の小さな診療所でも扱える。また、英アストラゼネカのワクチンも供給を受けられる予定との事だ。

何れにしても、駆け込んだ病院に支給されたワクチンを接種されるだけであり選択権はないのだろう。
治療にしても同様で、どんな薬でどんな治療を受けられるかは患者に選択肢は無い。更に言えば、どんな医療機関でどんな医療従事者に当たるかは運次第だ。が、それを悩むよりは感染しない為に努力したい。

何れのワクチンを打たれるかの選択肢以前に、慌ててワクチン接種を希望すればモルモット的な事になる事を覚悟しなければなるまい。日本の政権がCOVID-19のワクチン接種を大急ぎで受けさせたいのは「東京オリンピックを開催したい為」であろう。しかし、十分な評価がなされない状態の今、集団接種して副作用が相次ぐ事に成ったら如何するのだろう。政権は責任を云々と言うが、死ぬ者は堪らない。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
日本では、政権が公式に発表しなくとも、マスコミがスクープした事を記事にして報道すれば、それで恰も公式発表されたかのごとしの取り扱いとみなす風潮がある。事件の犯人は、容疑者の段階で顔写真が出て、裁判⇒公判の期間を考えれば、懲役判決を受けて拘置所暮らしをしたに等しい期間が取り調べられる。
その報道が、結果的に正しくなかったとしても誰も責任を負う事態には至らない。
最近であれば、COVID-19やGo Toに関する情報であり、各マスコミの各番組が独自取材したと称する風評を搔き集めたような話題を羅列するばかりだ。それをSNSが煽り立て、何が真実なのか知る由もない。
全国の各地で、COVID-19感染を防止するとか、素早い検査ができるとか、の方法を考えたとやらで、それを報道するが、実用化されたという報道がされる事は無い。神奈川県知事などは某大学が開発したと称する事柄を何度もテレビ放映しているが実際に使っている話題も無く、未だに感染者等が多数発生している。

20/11/19 13:25のNHKによれば、COVID-19、東京都 では1日の感染者が500人超となり、感染状況を最も高い警戒レベルに引き上げたとの事。
菅総理は「Go Toは失敗」「オリンピックは諦める」と言ってみろ。安倍院政が怖くて言えないのか。

関連過去記事:大本営発表のNHK