11/20、以下の記事にてKerberos認証の脆弱性に対処するWindows 10 v20H2のオプション更新が公開されたことを知り、(KB4594440)Updateした。
Microsoft、Kerberos認証の脆弱性を修正するWindows 10 Version 2004/20H2用の定例外更新プログラムを公開 - ソフトアンテナブログ(20/11/20)
本修正は以下の記事のとおり、2020年11月の月例更新を適用した「Windows Server」で発生していたKerberos認証の問題に対処する為、v1809用に更新プログラム(KB4594442)が11/19定例外で公開されていたが、v20H2/2004/1909/1903/1607向けが11/20に公開された。v1809は20/11/10でサポート終了していたため先行公開されたのだろうか。v1903も20/12/08でサポート終了となるため、当該ユーザーは急ぎ対応が必要なのか?     2016年08月02日でサポート終了したv1607に提供されるのは何故?
Microsoft、Kerberos認証の問題を解決するパッチを定例外でリリース - 窓の杜(20/1118)
Windows 10 Version 2004/20H2: KB4594440
Windows 10 Version 1903/1909: KB4594443
Windows 10 version 1607: KB4594441
Windows10 - バージョンと名前の一覧表 - PC設定のカルマ

Windows Updateでは提供されていないので、自動Updateはできない。
Microsoft Update Catalog(KB4594440)から手動でDLLしてインストールする。
20201121090040

再起動を含め、更新の所要時間は10分程度。

これにより、Windows 10のv20H2 OSビルド 19042.630⇒19042.631也。
2020/10/21v20H2にGupし、10/30のOp更新、11/11定例累積更新、11/13Flash Player削除以来。
次の定例バッチの12/09は休憩(セキュリティ更新は有るとか?)との事だから、年明け21/01/13迄無い。
以降は、02/10、03/10、04/14。

11月のプレビューパッチ(Cリリース)で日本語・中国語「Microsoft IME」の問題が解決される見込との事で、楽しみにしていたが無いのかな? (関連記事:Win10、v20H2情報 / 待ち遠しい、MS-IME改)

<<本日公開に関する記事>>

<<本日公開に関する不具合は>>


11/20は更に、v1903/1909用(KB4586819)、v1809用(KB4586839)の累積Updateが公開との事。
Windows 10の累積アップデートKB4586819、KB4586839が公開 - USB 3.0ハブの問題などが修正 - ソフトアンテナブログ
なぜ、20/11/10でサポート終了しているv1809に御執心なのだろうか。まっ、あっしには関わり無い

【11/24追記】
10/21正式公開済のv20H2に対して「Beta/Release Preview Channel向け」とは解せない。
Insider Programに参加していない俺の環境では、Windows Updateにヒット無しにつき放置する。(KB4586853)