過去記事:Crucial Storage.DLL×(20/09/27) に類似した事象が発生した。

20/11/24 14時頃、SSD管理用アプリの「Crucial Storage Executive」を起動すると、新バージョンが使える的なメッセージが出た。
20201124145203

殊更考える事もなくバージョンアップ作業を行い成功したと思っていたのだが、その後起動すると下図のような画面になり、見慣れた操作画面にならない。
20201124145205

これをクローズすると、見慣れた操作画面がチラリと見えるのでソフト自体は動いていると考えられるが、確証は無い。その後、やむを得ずCrucial Storage Executive配布サイトより最新版(StorageExecutive-6.09.092020.03-windows-64bit-Setup.exe)をDLLし上書きインストールを試みたが、同じ版がインストールされているので、できないとの事也。いずれ、タイムスタンプが変わるだろうか。
20201124170111
20/09/27前回は3日後の09/30に新版が公開され解決した。また20/06/08ファームウエアのアップデートが行われない事に気が付いた際には、放置していたら3日後の06/11に直っていた。そんなタイミングで慌てず待つ事。(Crucialは、Micronのブランドの1つ) Crucial Japan
2017/06に換装したcrucial「MX300 2.5-inch SSD1」SSD用アプリ
関連過去記事:CrucialのUpdaterが不調(20/06/08) / SSD用ツール:学 / パソコン修理が完了



今後、更なる新バージョンがリリースされたとしても、この環境ではそれを知ることができない状況な為、私のPC自作部屋(hiros-pc氏)に御願いと質問した。
Crucial Storage Executive のアップグレードでおかしな現象が発生。 - 私のPC自作部屋(20-09-28)
-・【11/26追記】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
質問していた私のPC自作部屋(hiros-pc氏)様が、本件に関する記事を掲載。
Crucial Storage Executive バージョン6.09.092020.03 にアップデートすると発生する不具合について。 - 私のPC自作部屋
Crucial Storage Executive配布サイトで、11/24には最新版としてDLL用に掲載されていた(StorageExecutive-6.09.092020.03-windows-64bit-Setup.exe)が11/26時点では以前の版v6.06に戻っているとの事。確認したところ(StorageExecutive-6.06.062020.06-windows-64bit-Setup.exe)しかDLLできない。よって、御教授いただいたとおり、不具合の発生したv6.09.092020.03 をアンインストールし、旧版をインストールしなおした(なお、一旦アンインストールしないと、旧版に戻せないとの事)。 この体制(v6.06.062020.06)にて、新版が公開されるのを待つことにする。
20201126173640
11/27にはWindows 10のOpUpdateが有るやもしれないと思っていたので、整理できて良かった。
-・【11/26追記(2)】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
上記の追記とニアミス状態で、通りすがり様よりアドバイスのコメントを頂戴した。以下に転載する。

3. 通りすがり 2020年11月26日 11:40
C:\Progam Files\Crucial\Crucial Storage Executive\logsフォルダーにmseapiLogFileというファイルがあって、Error - 35と書かれているのならドライブとの接続に問題があると思います。
私の場合はahciコントローラー(インテルラピッドストレージテクノロジーかな?)を修復したらその症状が直りました。
intelとAMDで違うかもしれませんが、一応報告まで。
ちなみにMX500シリーズ使いです。

4. 呑兵衛あな 2020年11月26日 12:05
通りすがりさん、情報ありがとうございます。
記事本文に追記したとおり、配布サイトの最新版が差し返されているので、旧版の戻したばかりです。
よって、現在は旧版が問題なさそうに動作しています。
御教授いただいた「C:\Progam Files\Crucial\Crucial Storage Executive\logsフォルダー」に「mseapiLogFileというファイル」は3つ有ります。(本文追記に、当該画像を張りました)
20201126121411
何故か同名が3つ有るのですが、いずれもインストールし直した後のタイムスタンプになっているようです。
その内、何故か1番上に表示されているファイルに
>CheckIsDriveMounted: FillVolumeInformation, drive Drive0, Error - 35
Thu Nov 26 11:41:44 2020:ERROR: CheckIsDriveMounted: FillVolumeInformation, drive Drive0, Error - 35
の記述が有りました。(本文追記に、当該画像を張りました)
20201126121414
本文追記にも書きましたとおり、この体制(v6.06.062020.06)にて、新版が公開されるのを待つことにするつもりです。しかし、今後の学習用として、コメント頂いた下記事項について勉強できるサイト記事を教えていただければ助かります。チンプンカンプンです。
>Error - 35と書かれているのならドライブとの接続に問題があると思います。
>私の場合はahciコントローラー(インテルラピッドストレージテクノロジーかな?)を修復したらその症状が直りました。

<<これの事かしらん??>>
-【追記:20/12/15】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
20/12/14に気が付いたが、上図の「Crucial Storage Executive」を起動した際に出ていた新バージョン(6.09.092020.03)が使える的なメッセージは出ていない。
20201214184846

また、Crucial Storage Executive配布サイトでは以前の版v6.06が表示されており、(StorageExecutive-6.06.062020.06-windows-64bit-Setup.exe)しかDLLできない。
よって、これを以って本件の探求は取り止めとし、「Crucial Storage Executive」起動時のメッセージを持つことにする。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
20/12/18朝、再び新バージョンが使える的なメッセージが出た。
以前はv6.09.092020.03であったが、今回はv6.09.092020.06。Crucial Storage Executive配布サイトの表示はv6.06で変わりがなかったが、版アップを行った。成功し、本件は落着。

「3. 通りすがり 2020年11月26日 11:40」さんから御教授いただいた
『C:\Progam Files\Crucial\Crucial Storage Executive\logsフォルダーにmseapiLogFileというファイルがあり、Error - 35と書かれている』事については、12/18に版アップした後にも変わらず書かれている。
20201218081954
Fri Dec 18 07:58:41 2020:ERROR: CheckIsDriveMounted: FillVolumeInformation, drive Drive0, Error - 35
書かれているタイムスタンブ及び、ファイル自体のタイムスタンブは、何れも版アップした時間になっており、これにて正常と判断する。