拉致被害者家族「全員帰して」 日朝協議受け思い語る:朝日新聞デジタル」、「北朝鮮、拉致調査を近日中に着手の観測 日朝関係者:朝日新聞デジタル」を読み思う。
拉致問題に、触れるつもりは無い。

この度の日朝会議でも、北朝鮮に対して「誠実に..」とか「嘘をつかなければ..」 の言葉が多いようだ。
しかし、この言葉を発するのは、日本側の協議に臨む姿勢が甘いことが原因だろう。

世の中には、「騙す者」と「騙される者」おり、妥協という言葉がある。
戦国時代の日本においても「騙す者」と「騙される者」がいて争ってきたが、所詮は島国日本国内での甘ちゃんであり、世界の中で協議を行うには不向きということだ。 北朝鮮の方が、役者が上なのだ。
大本営発表では無いが、自分自身(日本の協議者) に都合の良い解釈をして、それが協議結果であったかのごとく日本国内向けにアナウンスしているのではないだろうか
同じ協議の内容を、北朝鮮国内ではどのように報告されているのか 興味深い。
国を問わず、協議に当たる者は、自らの失態を公にすることは無いだろう。 自らは失態を認めていても、それは隠し、素晴らしい事柄だけを披露するだろう。 日本人は、それが顕著な国民の一部であるということだ。

「...するかも知れない」 といった発言が、伝言ゲームの中で 「...する」 と摩り替る事は、極めて多いようだ。
このパターンは、日本人同士の会話でも多々出現する。 話を半分聞いては、自分に都合の良い部分をピックアップしている。 「オレオレ詐欺」なぞは、日本人向けの恰好の手口だろう。 「騙す者」が多くを語らなくても、「騙される者」が勝手に妄想してくれるのだから。 
日本人はよく「そんなにキツク言わなくても...」と言う。 しかし、キツク言わねばならない場面でもキツク言えない者はバカだ。 英語で言えば「YES or NO」の世界だろう。 「it  maa-maa」 は無い。

協議が終わった後で 「騙された」 と思うことは、協議の席で日本側の詰めが甘いだけのことだ。 嘘で無いことの担保を取らない日本が悪い。

日朝会談に限らず、TPP交渉や各種アメリカ等との交渉事は、日本側の『言ったつもり』・『聞いたつもり』により歪曲されている結果が多いのだろう。 『そんな事は言ってない』と一喝されれば、それだけのことだ。
白洲次郎のような人物は少ないということだ。

悔しいかな、安倍晋三氏の語り口は世界を相手にできるのかもしれない。 あれを嘘と見るかは、利き手の勝手だ。

天気予報で解説者が『今年はエルニーニョの影響で予報が難しい。』と能たまう。 事前に「難しい」ことをアピールしておき、ハズレても罪が薄いようにしておく姿勢だ。
日朝会談もこれに同じだ。 『難しい協議であり、相手が嘘をつくかもしれない』ことをアピールしている。 嘘をつかれるのは、おまえの詰めが甘かっただけのことじゃ。
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
追記:2014/07/03 11:30
北朝鮮への制裁一部解除 拉致再調査、実効性あると判断:朝日新聞デジタル
とのことだ。 ジョーカーを使うのは、まだ早いよ