無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

色々多我喋

老人ホームの入居希望

加山雄三氏が老人ホームに入居しているそうだ。
老人ホームと言ってもピンキリがあり、随分と高級なところなのではと思うが、詮索はするまい。

老人ホームへの入居については、希望する人と、嫌がる人がいると聞く。
単純に考えても、これで子供の世話にならなくとも済むと考える人と、姥捨て山に連れていかれると考える人か。いずれにしても、自分が育てた子供から受ける仕打ちなのだから、自分が親にした事の鏡だろう。
自宅で旅立てるように自宅介護を受けられるような「環境と財力」のある家庭であれば兎も角、一般的な家庭であれば、今のCOVID-19で逝く場合はプロに看取られる環境が宜しかろうと考えるこの頃である。
とは言っても、ピンキリある老人ホームでも、入りたくなったからと言って即座に入居はできないらしい...まあ、金さえ惜しまなければ容易いのかもしれないが、そんなに裕福な人も少なかろう。
こんな話題をどう思うか...を眺めながら
いずれにしても、入居を希望するorしないに関わらず、介護認定でヘルパーが自宅訪問する際には「私は元気」と装う高齢者が多いらしい。この期に及んで...ということだが、元気なほど介護費用の補助が少なる事を知っているのだろうか....ボケた、自立できない、歩行も儘にならない、年寄りになるべし。

百歳まで生きるかも(?)とされる人数が増えたと報じられている。生きると称しても、ベットに拘束されて呼吸器などの生命維持装置に埋もれた姿の人もいるらしい。しかし、そのような姿であっても意識がある間は生きている事を良しとするべきなのだろうか。是非は兎も角として、その人達は経済的に豊かであろう。
もう1年ほど経つが「老後は2千万円必要」という財務大臣の発言が未だに尾を引いているようだ。俺的には「2千万円で何年生活できるか」次第と考える。世の中を斜め読みすれば、「生きていられるかも知れない歳まで、経済的に持たない」者が多いと考える。それでも、「既に高齢者」はマシだ。予備軍は大変也。

いずれにしても「明日にでも死ぬ」と騒いでいる者ほど世の中に蔓延るのが世の常ということらしい。
これまでは、華々しい死因は心臓と脳に癌だったのだろうか。これからはCOVID-19肺炎が花形だろう。
しかし、それも「二類感染症」とされている現在だけで、「五類感染症」になればインフルエンザなんぞと同じ扱いになる。老人ホームを心配する必要のないピンシャンの間にCOVID-19に感染し、入院治療から直葬まで国費で賄ってもらえるという手間無しの「二類感染症」で死ぬのも悪くはない..と思うこの頃也。
ちなみに、普通に死んだ場合は手間だらけの役所の手続きだが、COVID-19死亡なら極めて早いらしい。

【オーディオブック/朗読】すぐ死ぬんだから

関連過去記事:金沢でも「身元保証」が / 突然死と認知症 / 病院選びに、なるほど / 健康余命は15年? / 要介護認定学 / 延命ガイドラインの改訂 / ボケほど見栄張る年寄り / 高齢者、自宅の売り時は? / 駆け込み寺をkeep / 健康管理の末路は / 介護認定はありのままを / なんと目出度い御臨終

ヘッドライトと田舎者

10/23は寒露。秋も深まってきたという印象である。
とはいうものの、「秋」と言っても人それぞれに受け止め方が違うかもしれない。
WikiPediaのを眺めても
ということらしい。仕事人時代の長かった俺的には10月は秋の入口的な感覚で、赤提灯が馴染む季節だ。
しかし、いわゆる三秋(初秋・仲秋・晩秋)の「晩秋」とは、寒露から立冬(11/07)の前日迄の期間との事。
ちなみに2020年(R02)は「三の酉」まである(2日・14日・26日)。よって、今季の冬は寒いであろう。
ということで、深まってきた秋。当地では。夕方の5時を過ぎる頃には真っ暗になってしまう。
オリオン座流星群、10月いっぱいはまだまだ流れます 星空ライブカメラ 長野・木曽観測所から配信中 Night Sky LIVE streaming from Kiso , JAPAN

朝日新聞社 YouTubeより

NHK YouTubeより


目の悪い俺的には、日が落ちた後に道路を歩くことは少ないのだが、それでも偶に歩く時がある。
そんな時には、自動車の上向きヘッドライトが極めて眩しい。
東京23区内、それも殆どは山手線の内側でしか運転をしたことの無い俺は、ヘッドライトは「下向きが原則」であり、田舎道を走る場合にだけ上向きにするのだとばかり思い込んでいた。
したがって「石川県の田舎ドライバーは、下向きにする事を知らない」のかとばかりに憤慨していた。
しかし、最近になって「ヘッドライトは上向き(ハイビーム)」が基本であることを知った。
警察庁HPの「ハイビームの上手な活用で夜間の歩行者事故防止」によれば『基本ハイビーム、対向車や歩行者がいればロービームにしないと違反』とのこと。
道路交通法第52条(車両等の灯火)(最終更新:令和2年6月10日公布)...の要約
  • 夜間(日没から日の出まで)を通行するときに、歩行者や対向車がいるとき、ほかの車両の後ろを走るとき以外ハイビームを付けなければならず、これを守らないと違反となる。
  • 歩行者や対向車がいないときにロービームのままにしていた場合でも違反となる。
  • 違反すると反則金:普通車6000円・中大型車7000円。
    反則金に従わない場合は、5万円以下の罰金となる。
ということで、田舎者は俺であることを知ったのだが....眩しいんだよね~
夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?|JAFクルマ何でも質問箱

日本の事を知らない

毎日マスコミは飽きもせずに、アメリカの選挙のことばかりを報ずる。
アメリカの属国である日本の人達は、日本の出来事を知らない。
そして、知らないことを不思議とも思っていない。日本、Go To where
秋篠宮さま「立皇嗣の礼」に伴う皇室行事の儀式など決まる | NHKニュース
皇位継承順位1位の「皇嗣」になられたことを内外に広く伝える「立皇嗣(りっこうし)の礼」が、11月8日に実施される

寒暖差アレルギー発症

10/19今朝、起床時より鼻水が出る。久しぶりの「寒暖差アレルギー」である。
WikiPediaによれば「血管運動性鼻炎」というらしい。
外気温の変化やたばこの煙、精神的ストレスなど、様々な要因で発症する


55歳頃の横浜在住時代に初体験し、風邪の初期症状とばかり考えていた。
少々寒気がする程度のことで風邪と呼ぶにはおこがましいのだが、兎に角鼻水が出る。テッシュ1箱を抱えて鼻をかむのだが、かみすぎると中耳炎にでもなりそうで遠慮していた。医者に行っても殊更の事はない。
風邪ではなく、寒暖差アレルギーが原因とわかったが、症状が改善されるというわけにはいかない。
これは、季節が変わる或日突然発症し、2~3週間ほど続いて、突然と消える。その期間は耐えるだけだ。
仕事人時代には、家ではテッシュを鼻穴に詰めて口呼吸していたが、仕事中はその上からマスクである。
それでも昼はマシなほうで、就寝時はトロトロのほとんど水状態の鼻水をかむのが忙しく、寝不足する。
鎌倉に引っ越してからも寒暖差アレルギーは治らなかったが、退職して、終の棲家とした当地野々市市に転居してから2年後には薄れだし、翌3年目には発症しなくなった。これは環境の為せる技と考えていた。

そんなこんなで、忘れていた寒暖差アレルギーを5年以上経って思い出させてくれた。
寒くなってきたとは言うものの、まだ蓄暖(電気蓄熱暖房機)のスイッチを入れるのは早かろうと思っていたが、そろそろ見切り時かもしれない。記録(蓄暖のON・Off)によれば、例年10/20頃にはONしている。
今年も10/08・09にはエアコン暖房したが、以降は暖かさが戻っていた..そろそろ霜降立冬也。

2週間気温予報 気象庁>>北陸地方>>金沢(20/10/18付)
20201019091158

1億、白痴化の日曜日

COVID-19感染騒動以降、殊更に日曜のテレビは愚である。
特に、お笑い芸人を集めて1週間を愚痴り合うのはイカン

20201018102245

禁煙5年経過記念

去る20/10/01は、15/10/16に間質性肺炎との診断を受け、禁煙して2度目の煙草代値上げが行われた。
本日20/10/26は、金沢の某・COVID-19クラスターが出た大きな総合病院で15/10/16に肺の検査の結果、間質性肺炎の病名を貰って丸5年(1827日)である。その医師は「2年間の生存期間を云々」と説明し、『確かに説明を受けた』としてサインする事を求められた。あの医者はとっくに御栄転していない。
病型によっては5年生存率が90%以上だが、最も悪い病型では2年生存率が50%前後とのこと。
極端に言えば、「禁煙しなければ何時死んでも不思議ではない」ということで、「お前が死んだら、病名は迷わずに間質性肺炎とする」とその医師は言う。 最も、余命宣告をする場合もある病気のひとつということだ。
そして「必ず禁煙するなら治療してやる」と脅かされ、禁煙した。以後、眼の手術をサボった事で病院を替える事になり、替わり先の病院では殊更の治療も無く半年に1度CTR撮影で様子を見るだけだが、まだ生きている。
あの医師は『いつ死んでもおかしくない事を、バカな患者に間違いなく告知した』という証拠を残したかったのだろうと独善的に理解している。病気を治すことよりも、医師としての保身を優先させたのだろう。
そんな医師の診察であっても一度申し渡された「間質性肺炎」の烙印を消すことができずにいる。転院した病院では「間質性肺炎の診断」を疑問視しているが、その烙印を消す事は生検を行うなどしなければできないのだそうだ。つまり、治療(手術)を受けるような大騒動なのだ。ヤブだろうが、誤診だろうが、一度宣告された烙印は死ぬまで着いて回る。生命保険に加入するような場面でも間質性肺炎である事を告知しなければならなくなったのは困りものだ。
当時は「間質性肺炎」か「誤嚥性肺炎」での死を意識したが、最近ではCOVID-19による「急性呼吸窮迫症候群」も加わった。「インフルエンザワクチンの予防接種はギラン・バレー症候群へのリスクがある」と恐れている俺が2014/12月肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたが、今季はワクチンの予防接種をどうするべきか考えている。
肺炎球菌の定期接種延長=高齢者向け、5年間-厚労省:時事ドットコム
65歳超の高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンの定期予防接種は、2018年度末(2019年3月末)までの経過措置であったが、引き続き2019年度から5年間の延長となる。
呼吸器系の病気である肺炎は「増悪」と呼ぶ急激な呼吸不全により死亡するとやらだ。まあ、息止めできない状態になれば死ぬのだから、数分あっという間であろう。そんな短い間なら死に行く者としては怯えることも無いのかも知れないが、死を向かえる準備が整っていない生臭さ者としては充分に怖い。
ということで、肺炎の徴候だけでも判るのでは(?)との素人考えで、20/05/24パルスオキシメーター(オキシメーター)を注文した。気休めとは思うものの、日々の測定結果を一喜一憂している。

半年ごとにCT検査を受けるだけのことかしらんと思っていたが、20/06/03の定期通院時の結果、悪い方向に進んでいるとのことで、これまでは1年サイクルであった通院+CT検査を半年後の12/23にするとの事になっている。PCR検査が必要になって、即入院⇒直葬とだけはなりたくないものだ。
とは言うものの、PCR検査を受ける前に増悪で逝っちまい、救急車にも乗れない場面も有り得る。
定期通院の呼吸器内科医師には、殊更の手当は不要と告げているから...後は野と成れ、てな事だ。


関連記事:禁煙してみたけれど / 間質性肺炎の発見経緯 / 肺炎告知に怯えた? / 禁煙は順調に / 救急車利用を思案する / 腹式呼吸:学 / 「酸素測りましょう」って? / 医薬品副作用被害救済 / 間質性肺炎になった / 肺炎記念日 / 肺炎通院 / 禁煙生活まる2年 / 我が青春は煙とともに / 禁煙から千日 / 病気するのも金次第 / 医薬品副作用被害救済 / 予防接種を奨めるが? / インフルエンザ大流行期

複数Googleアカウント

Webブラウザで、Firefox はパソコン版・Android版共にv81である。以前はデバイスによりバージョンが異なっていたが、最近数ヶ月で一致させた。10/21はパソコン版ではv82が公開予定だがAndroidも追随するのだろうかと楽しみである。
しかし、Android OSを発売しているGoogleが提供するChromeは、20/10/07にパソコン版v86が公開され、Android版も同時公開とのことであった。しかし、俺の環境のでタブレットには未だ降臨しない。
Google、35の脆弱性を修正した「Chrome 86.0.4240.75」 ~Android版も更新、安定性/性能向上へ - PC Watch(20/10/07)
10/07の上記記事では「同時に、Androidにおいて同じバージョンのモバイル版も配信」とのことだが、10/13の以下では「Beta for Androidのv86.0.4240.99」がアナウンスされており、情報に齟齬がある。
Chrome Releases: Chrome Beta for Android Update(20/10/13)
Hi everyone! We've just released Chrome Beta 86 (86.0.4240.99) for Android: it's now available on Google Play.

来年2021/01/11は、このlivedoorブログが用いているSSL/TLS証明書の認証局(Let's Encrypt )の変更予定日である。しかし、以下のlivedoorブログのアナウンスでは『2021年9月30日以降』との事だ。
独自ドメインで利用している証明書について - ライブドアブログのヘルプ(PC向け)
Let's Encryptの仕様により、来年(2021年)9月30日以降にAndroid7.1以前の端末をご利用になられている場合には証明書エラーになり、HTTPSページを閲覧できなくなります。
何時から実施されるかは別にしても、同じ認証局(Let's Encrypt )を用いているはてなブログも同様也。

この出来事の発生は如何や(?)を、Android 4.4.2搭載の古いタブレットでアクセスする事で確認したいと考えた。しかし、Android 9.0搭載の新しいタブレットから同じGoogleアカウントでアクセスし新バージョンのFirefox・Chromeを入手している為、新バージョンが動作しない古いタブレットでは再入手できないらしいことが判った。

それならば、古いタブレット用と新しいタブレット用を別個にGoogleアカウントを取得する事で、新旧それぞれのFirefox・Chromeを入手できるのではなかろうかと素人考えしている。
某氏に言わせると「Android 7.1以前を用いている人は少ない」だろうとの事。
某氏の意見に従って、Android 7.1以前を用いている人がアクセスできない事をを気にせずに、livedoorブログを使い続けるという選択肢がある。
一方、(Let's Encrypt )のような制約が無いSSL/TLS証明書の認証局を用いているレンタルのブログを利用するという選択肢がある。
Androidv7.1は2016/10/04に公開された。それ以前に購入したスマホでは、状況は判らないが、閲覧に不具合が出るらしい。WikiPediaの世界シェア>バージョン(2020年5月時点)によれば33.8%も該当するが....さいはて
ということで、予てより引越し先として検討していたFC2ブログを調べたら、FC2ブログのSSL/TLS証明書の認証局も(Let's Encrypt )である。「環境設定⇒ブログの設定(高度な設定)⇒SSL設定
20201014112628

ということで、はてなブログ・livedoorブログと同様に、FC2ブログも同じ認証局(Let's Encrypt )を用いているのであれば、本記事前段で書いた悩みは無駄である事が判った。なお、Let's Encrypt の遂行する期日と、各ブログ管理者の行う期日はそれぞれ異なるとのこと也。

暮れが押し迫るに従い、SSL/TLS証い明書の認証局に関する話題も増えるであろう。
FC2ブログへの引越しを想定してkeepしてたFC2ブログはスマホでも広告が表示されないので好ましい。
よって、2021年8月でのFC2ブログの広告の扱いが知れるまで残置する。
過去記事:livedoor⇒FC2へ引越× / livedoorブログのhttps化 / 再び思うには

ということで、来年2021/01/11からは、「Android7.1以前のデバイスでアクセスした場合は証明書エラーになり、HTTPSページを閲覧できなくなる」ブログが出現する。しかし、気に掛けても仕方が無い出来事のようだ。
https化していないサイトは危険と見られ近寄り難くなり、https化する事で古いスマホでは閲覧できなくなる。はてさて、世の中は巧くいかない。https化の勧誘をした事を少しだけ後悔するが、未実施のサイトは危険也。


現在は2年間あるSSL/TLS証明書の有効期間が1年間に短縮され、各Webブラウザが用いている証明書次第でこんなことが頻繁に発生するのだろうか gooブログが用いているSSL/TLS証明書の認証局は、Cybertrust(サイバートラスト)であるが、如何也や (過去記事:Firefoxの鍵マーク:疑問)
SSL/TLS証明書の認証局
電子署名及び認証業務に関する法律(以下、「電子署名法」という)に基づき、指定調査機関が実地調査の上、電子署名法第6条の認定基準に適合した認証局 ※電子認証局会議
ということで試行錯誤したが、「Googleアカウントを2つ取得する」事は行わないことにする。

なお、FC2ブログが全体をSSL化(https)する事にした場合は、FC2ブログに引っ越す事。
livedoorブログのように、(https)と(http)の混在を是としているのは、対応がチグハグで遺憾。
Chromeでは広告が表示される。Firefox+uBlock Originで広告をブロック
20201016085028 20201016085032

livedoorテンプレート改

過日記事「混合フォームの撲滅を」として「httpsサイト内にhttp画像が存在する、いわゆる混在コンテンツ(Mixed Content)が有るサイト・記事は、警告が出る」事に関する思い付きを書いた。


 
過去記事:Firefoxの鍵マーク:疑問 / ブログカードの混在画像 / 混在コンテンツ壊滅作戦 / お気に入りの整理完了
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
過日は、未だにhttps化としていない俳諧先ブログに「https化しよう」と大きな御世話の勧誘をした。
本日、模様眺めしたところ「livedoorブログでhttps化したにも関わらず、未だに不審者扱い」の所があった。見る限り混在コンテンツは無い。素人考えでは「テンプレートがhttpsに適合していない」のでは
ということで、livedoorブログの管理ページからテンプレートの弄り画面を見たところ、以下のツールが有る事を知った....ので、livedoorブログ利用者に対して私のメモを公開したい。
.HTTPSで配信をご希望の方へ
現在設定しているデザインのCSSとHTMLを編集して、デザインをカスタマイズすることができます。
詳しいカスタマイズ方法については、livedoor Blog ヘルプセンターを参考にしてください。
20201013190302
.右上隅の矢印を押下すると、以下の画面になる
(https://livedoor.blogcms.jp/blog/nonn634/config/design/customize)
20201013190256
.①STEP-1で「デザインを保存」した後、②STEP-2の「HTTPSに置換」を行うと、下図のように『必要とする変更内容が提示』されるので、それで良ければ実行する。これで完了。
なお、これにより変更されたテンプレートを最新版として再度保存する事を忘れないように
20201013190252
.本記事執筆後、検索したところ以下の親切なページがlivedoorブログでマニュアル化されている。
カスタマイズしているデザインのHTTPS置換ツールについて

過去記事:ブログのHTML5化 / HTMLの文法チェック:学 / 画像リンクとhttps://化 / Flash Playerが消える / ブログカード利用:学 / ブログのHTML5化-2 / お気に入りの整理完了

再び思うには

俳諧先のブログで未だにhttps化としていないところが20サイト程あり、大きな御世話とも思いながら勧誘した。結果、殆どの反応は無い。まあ、始めての書き込みが「https化しよう」では、俺でも引くが
そんな中で俺的には、未だにlivedoorからFC2へのブログ引越しをああだこうだと、思い出したように思案している。
じっくり考えれば、スマホでアクセスした場合にlivedoorブログは広告表示が多いという事が嫌なだけである。それも、俺が勝手に思い込んでいるだけかもしれない。俺的にはアドインが使えるFirefoxでアクセスする事で広告をシャットアウトする事で問題は解決するのだが、来訪者はChromeを利用しているのではないだろうかという事を解決したかったのだ。
しかし翻って考えれば、https化すらも行おうとしない人たちが俺のブログを見る事で広告を目にしようがするまいが気に掛ける事は少ないのではないだろうか。
ということで、実にしつっこい話題ではあるが、livedoorブログに居続けすることにした。
過去記事:livedoor⇒FC2へ引越× / livedoorブログのhttps化 /
但し、livedoorブログが用いているらしいSSL/TLS証明書の認証局(Let's Encrypt )の変更(Android 7.1以前ではアクセス却下)が21/01/11に予定されているので、それへのlivedoorブログの対応次第では、FC2ブログへの引越し懸案を再燃せざるを得ない場面も想定できるのでFC2ブログ分をkeepする。
独自ドメインで利用している証明書について - ライブドアブログのヘルプ(PC向け)
それにしても、巷のブロガー様がhttps化に無頓着な事には呆れかえる。以前FC2ブログからは『弊社が必要と判断した際にはFC2ブログ全体をSSL化する予定』とのアナウンスがあったが、それぐらいの強硬策を用いなければなるまい。現在https化しない人たちは、COVID-19で死ぬ事を知ってからマスクを買いに走るタイプ也。危機管理意識が欠落している。-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
10/14は、Windows 10の次期バージョンOctober 2020 Update(v20H2)が公開されるかも知れない。
とは言っても「かも知れない」と語る記事は一つだけで、心もとないことではある。
v20H2の公開が無いとしても、10月定例の累積更新日である。

<<このブログ訪問者が利用しているブラウザ>>20201012131015
  1. Chrome(v85.0+v86.0)=56.9+11.0=67.9 %
  2. UnknownとはFirefox(?)=18.8 % 
  3. MSIE/11.0とはInternet Explorer 11(?)=9.5 %
  4. Edgeとは?(v18.18363+v18.18362+v18.17763)=(0.7+0.4+0.3)=1.4 %
  5. その他とは?=2.4 %
※Edge=1.4 %とは、新Edgeらしい。とした場合、旧Edgeは何れにカウントされているのだろうか?
Windows 10 v20H2では新Edgeが標準添付されるらしい。とした場合、旧EdgeとIE 11の処遇は?
また、(ユーザーエージェント18.17763) とは旧Edgeであるとの巷記事もある。
Windows 10 v20H2が公開された以降の、上記グラフ値の変動が興味深い。

混合フォームの撲滅を

予てより、Chrome v86からは「httpsサイト内にhttp画像が存在する、いわゆる混在コンテンツ(Mixed Content)が有るサイト・記事は、警告が出る」ようになるという記事を見かけた。

10/07にChromeのv86.0.4240.75がリリースされ、この処置が行われた事を知った。当該ブログは既にhttps化されているのだが、貼り付けしている下図のような「ブログランキング」のパーツが古い為、『安全ではない接続』として扱われている。「ブログランキング」の貼り付けコードは、既にhttpsに対応したパーツが配布されているので、これを取得し直して、張り替えることで解決できる。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

また、警告ではなく「画面が真っ白」になり何も見えないという症状もある。混在コンテンツのブログで最も多いのは「httpのままの画像」だけが表示されないという症状のようだ。
この事は当面はChromeだけらしいが、新Edge・Firefox共に追随すると推測する。ブログが見えないよ
10/09、Chromium Edgeがv86.0.622.38に更改されたが、未だChrome仕様にはならない様子。
混在コンテンツとなるケースには、「ブログカードのリンク先画像がhttpである」場合にも発生する。
混在コンテンツとは、https化していないブログでは発生しない。https化に伴う弊害とも言える。
gooブログ等のように、強制的に(ユーザーは知らない内に変更)https化れている場合は要注意。それでも、https化は行うべきである。
ドコモ口座に見るとおり危険な世の中で、https化しないブログは危険人物と同等である。


 




 

過去記事:Firefoxの鍵マーク:疑問 / ブログカードの混在画像 / 混在コンテンツ壊滅作戦 / お気に入りの整理完了
2020年12月31日でサポート終了する「Adobe Flash Player」は、Adobe社自身がアンインストールを勧める告知をしていた。併せて主力Webブラウザでは利用できないように標準化されている。
過去記事:ブログのHTML5化 / HTMLの文法チェック:学 / 画像リンクとhttps://化 / Flash Playerが消える / ブログカード利用:学 / ブログのHTML5化-2 / お気に入りの整理完了

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 俺の存在履歴は無い
  • ザ・わらべ:学
  • 老人ホームの入居希望
  • ヘッドライトと田舎者
  • ヘッドライトと田舎者
  • ヘッドライトと田舎者
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
2021年
2022年
旧暦カレンダー
六曜・月齢・旧暦
計算サイト

 遊びに行こう
掲示板
掲示板
プロフィール+つぶやき
名言黒板
ブログランキング+
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
現在の閲覧者数:
KEIROMICHI
本ブログのQRコード
QRコード