無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

定点

2020年度、木呂川着工

過日気がついた2020年度分の木呂川(ころがわ)の護岸改修工事が着工した。
工事期間は、2020/10/19~2021/03/31
2020年度、木呂川工事
20201020115734_original

工事看板が立てられた小橋(川井口)から (20/10/20 10時)
<<上流を見る>>               <<下流を見る>>
20201020115720_original 20201020115727_original

年度別改修工事:2019 /
過去記事:木呂川で護岸工事の報 ⇒  2016年10月15日2016年10月29日2017年03月28日
2018年工事も行われたように記憶するが、記録することは忘れた(木呂川で鷺を見ゆ)。
2020年度、木呂川工事

2020年度、木呂川工事

2020年度分の木呂川(ころがわ)の護岸改修工事が始まっている事に気が付いた。
201012

なお、工事看板が「七ケ用水」となっているが、正しくは「木呂川」である。
土地改良区の工事業者が看板を転用したのでは(?)と推測するが、発注者・施工者ともに監理不行き届きと言わざるを得ない。しかし、そのような工事名になっているのかも知れない。
WikiPedia:木呂川より
白山の主流手取川七ヶ用水で富樫用水に流れ、野々市市新庄で木呂川が分岐する。その後新庄から粟田、矢作などの野々市市内を抜けて金沢市へ入り、西金沢を経て黒田で犀川支流の伏見川合流する。
WikiPedia:七ヶ用水より
手取川を水源とし、金沢平野の北側半分を潤す7つの用水の総称。疎水百選
富樫用水 / 郷用水 / 中村用水 / 山島用水 / 大慶寺用水 / 中島用水 / 新砂川用水
年度別改修工事:2019 /
過去記事:木呂川で護岸工事の報 ⇒  2016年10月15日2016年10月29日2017年03月28日
2018年工事も行われたように記憶するが、記録することは忘れた(木呂川で鷺を見ゆ)。

04/01、衣替え:学

今日04/01は衣替え(衣更え、更衣とも表記)
衣替えの習慣は平安時代の宮中で、中国の風習に倣って旧暦の4月1日および10月1日に夏服と冬服を着替えると定めた事に始まる。冬の間に防寒として着物に詰めた綿を旧暦4月1日に抜いていたことから綿抜(わたぬき)とも呼ぶ。「四月一日(四月朔日)」と書いて「わたぬき」と読む姓も存在する。
今年の旧暦4月1日はグレゴリー暦では4月23日、旧暦10月1日はG暦で11月15日也。
現代の日本では、多くの地域でグレゴリー暦の毎年6月1日と10月1日に衣替えが行われ、学校では強制的に制服を替える場合が多い。クール・ビズが始まった頃には、環境省は6月1日から同年の9月30日と想定していた。しかし、2011年には電力不足を考慮して5月1日より実施されるようになり、2012年からは「スーパークールビズ」となっている....のだが、
クールビズの期間設定廃止 ノーネクタイ、自分で判断―環境省:時事ドットコム
環境省は、例年5月から9月までとしていた「クールビズ」の期間設定を廃止し、各自が気温に応じた服装をするよう呼び掛けた。期間設定の廃止はクールビズ商戦を展開してきた百貨店など民間事業者や、啓発に取り組んでいる自治体への影響が大きいことから、2021来年4月からとする。

今日04/01はエイプリルフール、日本語では直訳で「四月馬鹿」。
世界中で新聞が嘘の内容のニュース記事を掲載したり、報道番組でジョークニュースを報道したりといったことが広く行われ、ウェブサイトではジョークコンテンツを公開するといったことも行われていたが、今年のGoogleは エイプリルフールを行わないとアナウンスした。
日本人の端っくれの俺としては、安部草履の常日頃からの大ウソに呆れて、今年の04/01は大人しくする。新型コロナだけでも十分だが、以前より噂に高い東南海地震や富士山大噴火はあるのだろうか。
富士山「大規模噴火なら3時間で首都機能マヒ」国の検討会 | NHKニュース(03/31)
あったとしても、新型コロナと同様に日本国政府の差し手は後手に回るばかりだ。マスク・人工呼吸器・エルモ、みんな手配していると政府はアナウンスするが何一つとして実現している事はない。
WikiPedia:2020年の日本

日本政府の信頼度はSNSより下 個人情報保護、医療が首位-共同通信社
個人情報を守る組織としての日本政府の信頼度は会員制交流サイト(SNS)以下
今日は曇天なれど、近所の公園でサクラが満開
200401 200401

画像の倉庫-試験

(https)のブログに張る画像を、どの倉庫に置けば良いかを試験。(20/03/28 AMガラケーで撮影)
スマホを所有していない俺としては、出先から、ブログにも掲載できる画像を送る場合はe-mailに添付する方法で行うしかない。という状況を想定し、画像の倉庫として用いるサイトの機能を検証する。

<<はてなフォトメール送信した画像>>
200928

200928
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
livedoorブログではテキストも含めて写真をメールで送る事はできない。その点、FC2ブログではテキスト・写真共にメール送信できるが、中途半端感を感じる。したがって、メール送信で画像を送るのであれば「はてなフォトライフ」or「フォト蔵」を利用した方が良い。
現行の「フォト蔵」は(https)化されておらず計画が有るのかは不明である。しかし、後10日ほどで主力WebブラウザではSSL / TLS 設定で「TLS 1.3、TLS 1.2」のみを利用する事がディフォルトとなった場合、「フォト蔵」では『安全でないサイト』として認識されるばかりではなく、混在コンテンツとして扱われ画像が表示されなくなるという事態にも成りかねない。
よって、既に(https)化済みの「はてなフォトライフ」にせざるを得ない。ただし、「フォト蔵」が(https)化される風が吹き始めたら乗り替えられるように


20/09/21、フォト蔵から退会。向後はlivedoorブログと、はてなフォトを使う
フォト蔵ヘルプ - フォト蔵から退会するには

2019年も12月になった

本日より12月。12/01今朝は1 ℃ (-2)と今期一番に冷えたが、明朝は11 ℃ (+10)と不順なり。
当地金沢地方では、昨日が初霜。本日が初氷で、例年よりも8日早いとのこと。
しかし、今週は傘マークが多く、70日ぶりの定例通院日は、最高10 ℃、最低 3 ℃で曇り時々雨との事。
今日はメッケもんの晴天。既に17℃になっている。インディアン・サマー也。
木枯らし1号 東京では2年連続吹かず 統計史上初 | NHKニュース
20191201

木呂川で久しぶりに鴨を見た。上流の改修工事が休みで水が流れていた為か?。烏がいなかった為か?。
20191201113925_original
最近の日本ではグレゴリオ暦での12月を「師走」と称するが、「師走」の本来は日本では旧暦12月を示す言葉である。他に「師馳」とも表記し、「極月」(きわまりづき・ごくげつ・ごくづき)とも呼び、(グレゴリオ暦に当て嵌めれば)2019年の場合12月26日~2020年1月24日の30日間である。
なお、グレゴリオ暦では第12の月(最後の月)に当たるが、英語の月名 December は「10番目の月」の意味也。これは紀元前46年まで使われていたローマ暦が3月起算で、3月から数えて10番目という意味であった為。また、10月の英語月名 October は、ラテン語「第8の」の意味 "octo" に由来。

変わる木呂川

今朝11/06の各地では、今期一番の寒さとなったとのこと。年末まであと55日。

2011年11月11日に市政執行された当地野々市市(ののいちし) は、町⇒市になってから丸8年。
これで、9年目に突入する。(2015年11月11日2016年11月11日2017年11月11日)

過日より今年度分の木呂川(ころがわ)の護岸改修工事が始まっている。今年のような大雨による災害を見ると、地道なメンテナンスを行う事の大事さを思い知る。確か2016年に始まったと記憶する同工事は毎年繰り返されているので、当市内を流れている区間は随分と進捗している。
過去記事:木呂川で護岸工事の報 ⇒  2016年10月15日2016年10月29日2017年03月28日
2018年工事も行われたように記憶するが、記録することは忘れた(木呂川で鷺を見ゆ)。
20191015185305 20191015185308 20191103175319


BSN新潟放送動画ニュースサイト | 令和元年11月1日は「1111」 郵便局では記念押印も
BSN新潟放送の情報では「令和元年のゾロ目」を記念して、郵便局が記念押印の台紙を作ったとの事。
台紙には「1が4つ揃う令和1年11月1日と、1が5つ揃う11月11日の2日分の日付印が押印できる」との事だが、新潟地方限定なのかも知れない。
しかし考えてみれば、日付印は新潟の郵便局に限った事ではないのだから、『令和元年11月11日(11111)』には自分宛てに葉書でも出してみるのも一興也。

2019桜が満開

今日は4月8日。 日本では花まつり(灌仏会)、他の仏教国では旧暦の4月8日。当地は小中学校の入学式也。
統一地方選挙が昨日で終わり、街宣カーが消えて静かになった通りに児童の声がまぶしい。
260990773_624.v1554689713

260990799.v1554689789 260990775.v1554689719
金沢気象台の発表では、当地は昨日(04/07)満開との事。
過去記事:近所で花見 / 松前城の花見 / 桜が咲いたと言うが / 2017、桜が満開 / 桜が見ごろ / 桜が満開の金沢 / 桜も終わる / 春の足音

桜が咲いたと言うが

今日(03/18)は春の彼岸の入り也。
彼岸は春分(秋分)を中日として前後各3日を合わせた各7日間であり、今年の中日は03/21也。
春分の日は国立天文台が毎年2月に翌年の「春分の日」・「秋分の日」を官報で公表する。
豪雪だの寒いのと騒いでいたが、早くも03/15には高知市・高知城で桜(ソメイヨシノ)の開花宣言があった。昨日は、東京の靖国神社などでも平年より9日ほど早く咲いた也。同じ役人でも、財務省より気象庁の仕事の方が受ける
【速報】2018年 桜の開花・満開予想|編集部が選ぶ全国の桜スポット14選もお届け!|ZEKKEI Japan
これからしばらくの間は、巷のブログでも「桜の話題」が飛び交うのだろう。楽しみである。
市の花が椿の当市野々市市では、昨日より「椿まつり」か開催されている。
 「桜の話題」といっても、プログそれぞれに
  • 自宅の庭や近所の公園で「花一凛が咲いた」事
  • どこぞの公園に「花見に出かけた」事
  • 「出かけた公園の桜が満開」だった事
  • 「見物客の人間模様」や「花見会場の景色
  • etc.
等など、取り上げ方がマチマチである。「桜の話題」ひとつでもまとまらない。そんなモンだろうな、世の中は
今年もQPONの「さくら列島2018」が始まった。「参加者自己登録型」とのとうり、参加者それぞれの景色を持ち寄っている情報は面白い。
以前より松前城で花見したいと思っているのだが、当地石川県から北に向かう足が無く、難しい。
過去記事:近所で花見 / 松前城の花見

 定点観測位置の田は耕された。近いうちに水を張るのだろうか。微かに見える金沢市の山にはまだ残雪。
254566633_624.v1521254511

02/08、雪は飽きた

同じ場所の写真だ。
01/18の写真ではベンチが見えていたが、02/07は雪に埋もれている。(撮影位置、撮影角度に相違有り)
2018/01/18撮影
253729277.v1517634064

2018/02/07撮影
253913880.v1517987389

 散歩道に行ってみたが、犬の散歩をしたと見える数人+数匹の足跡が残っているだけだ。
当地に転居して一度だけ誰かが除雪したような跡があったが、以降は見ていない。(道路の雪掻き。責任の所在)
市役所では02/06に対策本部とやらを設置したとのアナウンスはあったが、それっきりだ。除雪は請負業者に発注するのであろうが、滅多に除雪する必要の無い地域で極稀に依頼されたところで即応できる業者はいないだろう。
その意味では、災害時に即応できるような官民癒着ということは必要悪であると考える。(「談合」の薦め-除雪作業)

雪には慣れていると言われる地元のドライバーは、あちらこちらで雪にぬかるんで抜け出せない。空吹かしばかりしたところで無駄だと、東京の雪に慣れた俺は思っているのだが...近所のあちらこちらから聞こえる空吹かしの音が騒々しい。(過去記事: / 除雪作業に観る行動学 / 歩行者はどうするの? / 雪害で孤立化した人々 / 雪掻き)
ピカピカに道路の雪掻きする行為は、マイカーが普及したことで起こった事だろう。2本足や4本足は大丈夫である。

 当地を終の棲家として決めるに当たっては女将と二人で話し合ったのだが、女将は自分の意見を押し通した為に決まった(俺が遠慮した)と思っており、今回のような想定外の出来事が起こると大いに恐縮する。
そんなことは無いのだが...海が大好き男としては、この鈍色の空は飽きた。雪も飽きた。
WikiPedia:豪雪 / 昭和38年1月豪雪(三八豪雪)/ 五六豪雪(昭和56年豪雪)被害 福井市、敦賀市 196cm

大雪が降るとは必ずささやかれるサンパチ豪雪と石川県の豪雪の話!今日は雪が多いから二階が玄関です!二階からこんにちは! | ビューティーホクリク 美しい金沢・加賀・能登・石川県の観光情報マガジン

公共交通機関として、北陸新幹線だけは運行しているが、特急をはじめ在来線は運休している。
すなわち「新幹線で金沢に到着しても、そこから先は身動きできない」状態だ。それならば、新幹線を動かさないという方法を考えるべきであろう。金沢市内オンリーでビジネスの為に新幹線を利用する人以外は不便である。

一方、「特急や在来線が運休」となる理由がわからない。自動車よりは鉄道のほうが雪に強いのではないだろうか。首都圏の軟弱鉄道は兎も角として、雪国ではこの程度の雪ならば運行できるだろう。それなのに、最近のJRの「走らせる努力をしないままに運休とする姿勢」が、鉄道の利用離れを助長しマイカー利用者を増やしたのであろう。豪雪にこそ走らせられる事を鉄道員の生き甲斐としたいものだ。ラッセル車を走らせた事がニュースになるようじゃ駄目。
五六豪雪では集中的なドカ雪のため、国鉄北陸本線は1980年(S55)月29日と1981年(S56)1月6日はほぼ完全マヒとなり、私鉄の京福越前本線は12月29日から1月1日、および1月6日から10日まで全線不通となった。
しかし、過日発生した山陽新幹線での台座不良事件の原因究明結果は国民には説明されていない。
あんな状況の電車なのに、客もノホホンとして乗っていられるものだと感心してしまうね
「新幹線 もうひとつの重大トラブル」(ここに注目!) | NHK 解説委員室

電子メール保存期間の謎

国土交通省や防衛省では、電子メールの保存期間を1年間にするとのことだ。
両省では、各々の省ごとに電子メール用の専用サーバーを自己保有しているのだろうか。それとも、中央官庁として共通サーバーを利用しているのだろうか。e-Japan(e政府)なんて~寝言は1994年の高度情報通信社会推進本部の設立に始まり、高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(IT基本法)が2000年12月にて以来、IT基本戦略(後のe-Japan戦略)によって電子政府の実現は重点政策課題のひとつとされたが、社会保険庁やマイナンバー等のグチャグチャ事件から推察すれば、何かをシステム化することよりは内緒資金の捻出用財布と見ても外れていないだろう。
数ある中央官庁の中でも問題があったらしい二つの省からだけ「電子メールの保存期間を1年間にする」という事を、わざわざ大臣の口から発表されるという事に大きな違和感を覚える。本件に影響するのはキャリア組だろう。
今の世の中で、そりゃ~大勢の公務員がいてくだらない電子メールの飛ばしっこをしているのかも知れないが、その補管期限を1年にしようが10年にしようが大差あるまい。また、1年にするならば他の省庁も含めて一斉に行う事を総務省が発表する内容だ。二つの省だけに限ったことでは無いことを、この時期に大臣の口から言う事か? 「モリ蕎麦一兆」とか「戦闘機が欲しい」とか言うから面倒なんじゃ。

「電子メールの保存期間を1年間にする」ということは、紙のメールの保存期間は如何になるのだろうか。
紙よりは電子メールの方が、後になって検索等が簡単に行えるということもe-Japan戦略を行うメリットのはずだ。

ネットショッピングなどの電子商取引においては、 電子メールの文書が"紙に書いて押印" した物と同様に契約書としての効力を法的に認められる時代である。過去記事:電子メール通知の是非
また、個人情報保護法等により個人情報漏洩を禁止されている個人情報についても、「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」等の法整備をしてまで勝手に使えるようにしている行政機関が、e-Japan戦略に背くかのようにしてまで「電子メールの保存期間を1年間にする」のであろうか。
WikiPedia:電子情報開示 / 電子文書 / 電磁的記録
電子メール等の保存について《Q&A》税関 Japan Customs
電子メール等については、その取引情報が書面で授受された場合と同じ期間の保存となりますので、輸出入許可日の翌日から起算して5年です(関税法施行規則第10条において準用する電子帳簿保存規則第8条第1項及び第2項(書面保存の場合)並びに関税法施行規則第11条(輸出の場合))。
 昨日の当地降雪状況
253729277_624.v1517110331


月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 俺の存在履歴は無い
  • ザ・わらべ:学
  • 老人ホームの入居希望
  • ヘッドライトと田舎者
  • ヘッドライトと田舎者
  • ヘッドライトと田舎者
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
2021年
2022年
旧暦カレンダー
六曜・月齢・旧暦
計算サイト

 遊びに行こう
掲示板
掲示板
プロフィール+つぶやき
名言黒板
ブログランキング+
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
現在の閲覧者数:
KEIROMICHI
本ブログのQRコード
QRコード