無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

社会

20w濃厚接触の大晦日

なんだかんだで、1年中をCOVID-19で騒いでいたような2020年も過ぎて行く。
春先には「濃厚接触」なんて言葉が使われだし、俺的には意味ワカランチンであった。
性行為の新語かいな(?)とも思い、感染症患者どうしでイチャついたたのではまずいなんて思ったり
WikiPediaによれば「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者との濃厚接触者を判断するための目安」とのことだから、新語である事には間違いないようだ。
その後、マスコミには何故か人気の小池百合子東京都知事が、「3つの密」「3密」なんちゅう新語を放送に乗せ紙芝居片手にヘラヘラと演じて以来、あのスタイルが知事たちの報道発表の定番になっている。
高齢者とは言うもののタイトスカートにヒール姿も勇ましい百合子姫の映りと、単なる爺とでは、同じ演出をしたところで映えない事はおびただしい。周囲の者も注進してやれば良かろうに。
「3密」=「壇蜜」との掛詞を考えなかったマスコミは、この時ばかりは節度があったと言うべきか。


「掛け声」と「ウィズコロナ東京かるた」が大好きな小池知事だが、最近は「なんでウケないのかと首をひねっていました」との報道もある。

時代遅れ

呑兵衛 あなさんの投稿 2020年12月28日月曜日
「なんでウケないの…」小池都知事が“コロナ標語&かるた”不発でボヤキ節 | Asagei Biz-アサ芸ビズ
呑兵衛 あなさんの投稿 2020年12月27日日曜日

信じるか信じないかはカラスの勝手だが、石川県民としては、COVID-19に関しては「新幹線で桜を見に石川県に来い」と3月に言っただけで、最近になってもGo Toが休止している事に色気満々の石川県知事よりは、顔見世とは言うもののテレビで記者会見する都知事のほうが良く見える。
石川県知事が90人超で会食 「感染対策とり問題ない」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル(12/30)
濃厚接触を知る方法も色々と出た(COVID-19アプリ / 新型コロナウイルス接触確認アプリ)。
しかし、大本営が喜んで報じないところから察するには効果は無いのであろう。
そもそも日本人は、濃厚接触とクラスターを防ぎマスクをしていれば感染は防止できるという事以外に大本営から教えられていない。眉唾かしらんとも思っても、他の方法は知らないのだから仕方が無い。
WikiPedia:クラスター (疫学) / ソーシャルディスタンス
コロナ感染の判定は不可…消費者庁、抗体検査キット販売の6社に指導 | 通販通信ECMO(20.12.28 行政情報 )


地域によっては「東京からの帰省者」を拒否しているとのことだ。
都民と接触したら2週間隔離 地方で広がる「2週間ルール」|NEWSポストセブン(20.12.24)
帰省と言うか、里帰りというか、人それぞれだろうが、これまでのように、息抜きに親の家を訪ねる姿勢という訳にはいかないだろう。孫はオンラインで顔見世せして、キャッシュレスでお年玉。手土産は宅急便。
成人式やら色々と理由を作っているが、これからは今までの風習・慣例は撤廃する方向で考える時期也。

国会議員も過日は仲間からCOVID-19絡みの死亡者が出たから、解散総選挙がチラついていても、選挙区に出向いて顔見世興行をする訳にもいくまい。来年はオリンピックや総選挙も危ういと見るべきだろう。

29日までは時季外れに温かかった。しかし、30日からは大雪が降ると脅かしていた天気予報どおり夕刻からは雪混じりの強い風になった。ということで、昨夜的には少々気がかりではあったが、今朝起きて見たら10cm程度でやれやれ。4年ほど前と同程度の積雪である。
しかし、明日迄は降雪との予報につき、後ほど門扉周辺だけ雪掻きする所存。開かなくなったら困る。

COVID-19感染時の診察の心配ばかりではなく、昔からの緊急性を要する病気にならないように

感染に注意、大雪に注意、と物知り顔に語るマスコミ達は、朝から浮かれている。あれではガス首相と変わりがない。自らが変わらずして、他人に変わる事を呼びかけたところで、人は動くまい。



呑兵衛 あなさんの投稿 2020年12月30日水曜日

COVID-19感染予測-2

COVID-19 感染予測 (日本版)
年始の東京のコロナ感染者数は1日1100人超え?グーグルのAI予測 | AI Start Lab
過去記事:コロナ感染症情報-日本版 / COVID-19感染予測 ByG

世の中は年越しモード

12/28の御用納めを待つことも無く、先週の金曜日のテレビでは「来年も良い年を」モード也。
土・日にはすっかり年末モードになり、今日もそのまま年越しモードである。
国営放送は紅白歌合戦とやらの前宣伝に躍起である。口先では「大雪に注意」とか言うが、本心は...

変異した新型コロナウィルスが云々と言われ、東京都はじめ、全国的にCOVID-19感染が拡大を続けている中で、年末年始であろうと敵は休戦してはくれない。
しかし、例年と同様にマスコミが芸人達を集めて行う御祭り騒ぎにかまけて、負け戦である事を報じる事を休憩した政権としては肩の荷を放り投げているのだろう。
まあ、暗い顔をして年越しをすることも無いだろうが...ヘラヘラとした話題は願い下げだ。

御苦労なのは医療関係の現場である。(過去記事:2020御用納め)

俺的には12/23の定期通院から期日も経ったから、病院での感染の心配は無かったと独断。
家の掃除も済み、暇に任せて1台コッキリのラップトップを掃除し、これもウィルス・フルスキャンした。
12/27夕、AOMEI Backupper Standardのv6.3.0が降臨した。今年最後であろうか
既にアプリのアップデート提供は終了したようだが、Emotet等によるフィッシングメールに要注意也。
過日は『Wi-Fiルーター設置状況に関するアンケート』ご協力のお願いなんてDMが「株式会社バッファロー」名義で届いた。怪しいのでFacebookを通じて同社に質問しているが、未だ回答は無い。回答が無い事は同社が休暇に突入していると考えれば不思議ではない。しかし、とした場合、DMの内容が不符号也。
12/26夕刻に届いたDMのアンケート、締め切りが01/04というのは、どう言うことだろうね~
この度、バッファローの商品をユーザー登録されているお客様を対象に、アンケートを実施しております。本アンケート結果は、今後の商品開発の参考資料として利用させていただきます。また、ご回答いただきましたお客様の中から抽選で5名様にケーブルレスで持ち運びに便利なスティック型SSD (商品名:SSD-PUT250U3-BKA)をプレゼントいたします。
回答期限、2021年1月4日(月)までとさせていただきます。
回答方法、下記URLよりアンケート専用の外部サイトへアクセスし、アンケートにご回答ください。
https://jp.surveymonkey.com/r/(個人コードのような?)
お客様サポート | バッファロー. (バッファロー リアルデジタルライフ [BUFFALO] | Facebook)

 この数日、Glary Utilitiesで「問題点をスキャン」すると、大きなファイルの「一時ファイルのクリーナー」が実施される(2度)。FirefoxとChromeのキャッシュの様な物らしいが....
20201228102210
「Favorite Link Checker」を導入する以前は無かった出来事である(過去記事:BooKMarkをチェック)。「Favorite Link Checker」を実行した後でGlary Utilitiesを行うと起こる現象の様に思われるのだが..ウィルス? (12/28確認できた。Favorite Link Checkerを実行しなくとも大きなクリーニングが発生する) Glary Utilitiesはv5.157.0.183(20/12/21)以前はこれは無かった。「一時ファイルのクリーナー」の実行を制限した。12/24に行ったEmotet感染checkも関係するのかも知れない。




COVID-19感染拡大:考

恰好だけは付けたが屋の日本人。実は腹黒いのに、優しい人の仮面を被っている。

COVID-19感染した人を差別してはいけない、いじめてはいけない....優しいね~
感染した事がバレると・報道されると、差別されるかも知れないので、感染者の氏名・住所等はバラさない。

でも、「どうして、バレたらいじめられる」事を知っているのかな~
そんな事実が・過去があった事を知っているから心配しているんだろう。それとも、自身がそうだから?
いじめっ子自身に、別のいじめっ子が「いじめるな」と言っているようなもんじゃないの。

COVID-19感染を食い止めようと考えるのなら、いじめを心配する時期は過ぎたのじゃないかな。
また、いじめられて嫌だと思う人・組織は、真剣になってCOVID-19に感染しない事に努めるべきだ。
みんな自分は綺麗だと思っているらしいが、それが間違いの発端である。誰でも汚い。
感染したなら、自ら名乗り出て進んで隔離されるべきである。それにより、濃厚接触を疑われる地域・人物から遠ざかれるようにするべきである。所謂、村八部状態にしてでも、この国難から脱するべきである。
当地石川県では、またカラオケ屋に行ったという年寄りがクラスターとの事。家でおとなしくしてろ



新型コロナウイルス 都道府県別の感染者数・感染者マップ|NHK特設サイト

コロナ感染症情報-日本版

厚生労働省版「データからわかる-新型コロナウイルス感染症情報-」サイトが公開された。

Googleの「COVID-19 感染予測」の公開(COVID-19感染予測 ByG)から1ヶ月遅れ
COVID-19 感染予測 (日本版) の公開について | Google Cloud Blog
COVID-19 感染予測 (日本版)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
過去記事:新型コロナウイルス対応 / 抗体検査の病院を探す

緊急事態宣言の法制化

緊急事態宣言を出せないのは強制力が無いためであるとして、強制力を持つためには法制化が必要だと脳給うが、果たしてそうなのだろうか。(過去記事:緊急事態宣言:考)
現在の中途半端な要請なる言葉に対しても国民は充分に反応し、法律に基づく緊急事態宣言が有る場合に近い従順さを以って感染防止に努めていると考える。
現在の感染拡大を招いた元凶は、一重に政府が音頭取りしたGo Toキャンペーンが不出来である結果也。
マスコミは、新橋等の繁華街で自粛する居酒屋と、Go Toトラベルで客が来ない事を嘆く宿泊・観光業を同じ土俵で論じているが、あれは別個に評価しなければ尺度が合うはずが無い。

いずれにしても、仮に国民投票を行って、賛成多数ということで強制力を持つ緊急事態宣言を出せる国家体制になった場合、最も困るのは政権である。
現在の、医療崩壊を叫びながら何もできないのと同様である。中国は一夜城を作るのに、日本は出来ない。強制力を持ったところで、その結果を保証できるような金は今の日本には無くなったと見る。また、指示・命令に従っているかを確認できるような組織・人員はいない。要するに、強制力を与えられたところで、実行できない。従って、法制化したくないのは政権であると見る。どうしてもやるとなれば、戒厳令として自衛隊が国民に銃を向ける方法しか無いだろう。罰則はシベリアへの流刑かな。
イージス・アショワを作る金は有っても、国民1人1人には竹槍を配る金も無いらしい。
呑兵衛 あなさんの投稿 2020年12月21日月曜日


呑兵衛 あなさんの投稿 2020年12月21日月曜日


呑兵衛 あなさんの投稿 2020年12月21日月曜日


日本政府は、NHKを始め民放を巻き込んで大本営発表をしては国民を騙すしか手段は無いようだ。
医療関係の現場は懸命に動いてくれ感謝するしかないが、白い巨塔の上層部は既に我が身の保身のためにマスコミに顔出しし始めた。こうなるであろう事が予想できる立場にありながら、これまで政権に対して右側の顔ばかりを見せておきながら、今ここに負け戦と知った段階で手のひらを返して左側の顔に変わる事は、卑怯なりと見る。危険を察知すると変わり身が早すぎるんじゃないかい

いずれにしても、この期に及んで法制化を云々と語ったところで、時期を喪失してしまったということだ。
それにしても。マスコミは日々「感染者数が増えた」と報道するが、減ったら報じる事にして欲しい。
何も対策をしていないのだから、増える事は自明の理である。増えた増えたと言われると気が重いよ。

「菅」:調べ

同姓の人には恐縮だが、菅義偉(すが よしひで)内閣総理大臣様は余りにもあまりにも無様と見受ける。
一昔前には菅直人 (かん なおと)という総理大臣もいたが、「かん」といい、「すが」といい、何をしたのだろうか。ということて、WikiPediaで「」を眺めてみた。
愛媛県・山形県・秋田県などに多く、読み方は愛媛では96%以上山形では90%以上が「かん」で、秋田では99%以上が「すが」である。以下ほとんどの県で「すが」の方が多い「菅」姓の人数は約4万人で全国順位は500位前後であるが、愛媛県今治市では7位、秋田県湯沢市では6位、山形県最上町では最も多い名字となっている。
菅原氏の略としても使われ(菅原道真真の異称「菅丞相]など)、美作菅氏ように菅原氏の末裔を称している氏族もある。
との事。由緒は素晴らしいようだ。

体調不良を理由に総理大臣を辞めた安倍晋三だが、身に余る重責から解放されてからは快調らしい。
本来は彼が行わなければならないハズの「失態の尻拭い」から逃れたのだから、気楽にもなれるだろう。
呑兵衛 あなさんの投稿 2020年12月12日土曜日

とは言うものの、現在の菅総理のやり方・統率力の無さを見ていると、安倍総理の方がマシであった。
それにしても菅総理、何から何まで「原稿を見ながらの発言」というのは、どうにかなりませんかね。


「Go To」停止に思う

2020今年の5月からは、旅行や飲食のことを「Go To」と称する...少なくともマスコミは。
そして、「Go To」が停止されたが為に旅行に行けなくなり、キャンセルが増え、ホテル等が泣いていると報じられる。
そりゃ~、COVID-19感染対策として、東京都知事がロックダウンするとかを口を滑らせた事に端を発し中途半端な移動禁止措置が取られた事で、オリンピックが開催できない危ない国のイメージを払拭する為にも、「経済」という錦の御旗の元に、誰も頼みもしない「Go To」なんて企画を持上げて、政府主導の元に明るい日本を演じようとして失敗した結果ということだろう。

政府の失態を語る声は多いから、それについて重ねる事は譲るが、「Go To」の補助金を充てにしなければ旅行もできず、飲食も出来ない日本人が多いのだろうか(?)と思えば情けなくなる。
中国人が爆買する景色を指して、逆説的に日本人の気高さを自慢げに報じられた昔があったが、今になって思い直せばあの爆買中国人の御蔭でホテル・飲食店をはじめとしてその傘下の1次・2次産業が成り立っていた事が判る。押し寄せる中国人の代りを日本人にさせるためには、「Go To」キャンペーンとやらで補助金を出さないと旅行できる日本人はいないがごとき報道である。
否、「Go To」キャンペーンが無かろうとも、行きたい旅行には行くし、食いたい物は食うだろう。
親分のふりをして政権の誰かが「Go To」キャンペーンを旗振りをせず、地域行政というか、個別のホテルや飲食店が自分で工夫した客寄せキャンペーンを行ったほうが良かったことは間違いない。

「Go To」停止の波及を嘆くのではなく、進んで「人と人との距離をとること(Social distancing; 社会的距離)」を行いたいものだ。観光立国なんて、地に足の着かない事で生きられるほど甘くは無かった。
今ここに至っては、「Go To」停止ではなく、ロックダウンを行うべきである。
店が成り立たないとか色々言うが、みな死ぬかもしれないのに経営どころではない。
何かのイベントを中止するのに「Go To停止」を理由にするのは間尺に合わない。
ちなみに「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避と言われ、俗に「さんみつ」と称されるが、「三密(さんみつ)」とは密教の用語で、「身密:手に諸尊の印契(印相)を結ぶ」・「口密(語密):口に真言を読誦する」・「意密:意(こころ)に曼荼羅の諸尊を観想する」の総称である。

関連過去記事:Go To キャンペーン:学 /

COVID-19の今

コロナの“いま” 10の知識 厚労省がHP公開、ポイント押さえ予防を:東京新聞 TOKYO Web(20/12/01)
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の“いま”についての10の知識」PDF
呑兵衛 あなさんの投稿 2020年12月5日土曜日

先生だらけの世の中

世の中、先生と呼ばれる人が多い。
以前から感じていたが、事COVID-19を昼のワイドショーで取り上げられて以来、殊更に耳障りだ。
国会の議事で互いを先生と呼び合う茶番は兎も角、昼テレで司会が、複数参加している医者達を呼ぶのに先生を連呼する中で、自分の事だと識別する能力は立派と言うべきだろう。
バブル絶頂期には新宿歌舞伎町で社長と呼べば街を歩いている全員が振り向くという笑い話があった。

WikiPediaで「先生」を眺めると「日本語の敬称の一つ」との事だ。
俺的に考えるには、生徒が居てこその先生である。
今どきの芸能界では、弟子でもない者から「師匠」と呼ばれても平気らしい。これについてはWikiPediaでも「師弟」として『師匠(ししょう)と弟子(でし)のことを指す』とある。
「先生」も同様と考えるのだが、俺が考える先生とは学問を教える者の事として、「教員」と呼ぶのかも。

いずれにしても、名前を知らない会社の上役を社長・部長と、飲み屋での初顔を大将と呼ぶような事かも

2021年1月1日
ブログを引越ししました。
新ブログ「無無無庵2」は
https://nono634.blog.fc2.com/
です。

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • ブログは引越しました
  • 令和3年が明けて
  • 令和3年が明けて
  • 20w濃厚接触の大晦日
  • mail送信時刻から国を
  • 世の中は年越しモード
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
2021年の日本
2021年
2022年
旧暦カレンダー
六曜・月齢・旧暦
パソコンカレンダー
計算サイト

 遊びに行こう
プロフィール+つぶやき
名言黒板
ブログランキング+
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
現在の閲覧者数:
IPひろば
Google透明性レポート