無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

芸能界

スッピン云々での評価?

最近の瓦版では「スッピンでも綺麗」とかの記事を見かける事が多い。
WikiPediaによれば「すっぴんとは、化粧をしていない状態(ノーメイク)のこと」也。
俺的には、他に整形美容なんかも含めて考える。いずれにしても、親からもらった素顔ではない。

まあ、取れたての状態よりは口紅でも...と考えるのが女心というものらしいから、爺が語るまい。
しかし、瓦版屋が取り上げる「スッピンでも綺麗」な芸能人などを見るにつけ、『綺麗』と言われるほどの者ではない。増してや、「スッピン」だろうとそうでなかろうと、評価するに値しない者ばかりだ。
簡単に言えば、化粧や整形手術をしていてもあの程度なのかと見る者ばかりだ。あれらが「スッピン」になったなら悍ましい。
「女は寝顔を夫に見せるものではない」と言われた時代の妻は、いつでも美しい姿・顔を見せる努力をしていたと聞く。

最近の芸能人の女性達は、芸能界デビューする前に化粧のレッスンを受けるそうだ。
昭和時代に親から勘当を言い渡されるのを覚悟して芸能人となる為には、スッピンでも美しいと評価されるほどに美人であることが必要だった。「スッピンで綺麗」なのではなく、「スッピンで綺麗」なのは女性芸能人でスターになる為の当然な最低条件なのである。
最近でも終戦直後のように「外人女性的な風貌」に対する憧れがあるようだ。その結果、いわゆる混血が持てはやされている。必ずしも美人でなくとも外人的な風貌を持つだけで瓦版屋に取り上げられる。
「ゲス不倫」とかで騒がれた者や、「お・も・て・な・し」とかのセリフをきめた者。若い頃には「スッピンでも綺麗」だったのだろうかもしれない(俺的にはそんな妄想は考えられない)が、あれから〇年経った未だに瓦版屋が追いかけるほどに芸能界には素材となる女性が少ないのだろうか。
そう言えば「スッピンでも綺麗」と評される女性芸能人には『大きな目ん玉』が多い。生物学的に言えば『他の生物に表情を読み取られ易い大目玉』は自然界では生き残れない。大目玉をキョロキョロさせながら、怖い怖いと大声で騒ぎ立てる現代女性を可愛らしいと見ている現代日本は末期的なのかもしれない。

追記:「イケメン」とか評される若手男性芸能人はもっと酷い面相也。あれではホストクラブは勤まらない。痩せて細面、長く伸ばした髪の毛から上目遣いで笑みができれば、後はファンクラブ次第らしい。

REC「池上季実子」探し

日本では「さくら」を冠するものが多いように思うが..何であるかを限定できない名称が増えた。
以前は「Twitter」とか「Facebook」とか特定する名称を付けていたと思うが、最近は「zoom」とか。
俺的には、特定できる名前が好きだ。どこにでも有り触れた名前は「夜逃げ屋本舗」的な印象である。

過日、池上季実子氏オフィシャルブログ「KIMI♡BLO」で『REC 初挑戦です』と題して、ラジオアプリRECを始めたとの記事が掲載された。『声でメッセージ伝えるアプリ』とのこと。
WikiPediaを斜め読みしても「REC」なる代物は多いが、アプリとのこと....どうやらこれらしい。
REC. - ながら時間を、楽しい時間に
池上季実子氏の「REC」は、これだろう。『ご挨拶 | REC.

永い歴史の中で、世の中には名前が溢れかえっている。中には知る人ぞ知る物も多い。
しかし、田舎者の爺には知らない事が多い....えっ、そんな爺に知ってもらう必要は無いってか。

クスリのアオキCM女性

以前「あの娘はだ~れ?」や「似ている? 二人」記事にて、石川県内ローカルで放映されている「北國新聞のお友達紹介キャンペーン」のテレビCMに出演している浜辺美波さん。
浜辺美波さんは全国区になってしまったが、彼女たちと同様に北陸ローカルの「北陸銀行」のCMに出演している「松井美帆」さん。
関連過去記事:白目と黒目の割合 / ローカルTVのお奨めCM / パチンコ屋のCM / 北陸銀行のCM女性

今般は「クスリのアオキ」のCMに出演している「岡崎紗絵」さん
「クスリのアオキ」は、石川県が斡旋したマスクの販売店である。アベノマスクが06/02配達された。
 
株式会社クスリのアオキYouTubeより


ブログの書き方:考

結論を書けば、ホンの1行で済む事、四字熟語でも間に合う話題に対して、どれだけ長い記事に出来るかがブロガーの腕である。世の中で「プロの瓦版屋」は、テレビにしろ図書にしろ、同業の誰かの記事をパクっては寄せ集めてツギハギした内容をあたかも自分の記事・思考であるがごとく発表するのが生業である。
そして、出来上がりのテレビ番組の時間や記事の長さに応じて取材費・執筆代を獲るのだから頑張る。
長い記事を作る為には、本題とは離れず付かず的な内容をアチコチから搔き集めて文章を繋ぎ、本題の結論を書く前座として揃えなければならない。そして、読者の気を引くために、あたかも結論に至るために必要な内容であるかの如く並べなければならない。無駄に長いと思われない事がプロの文書也
何よりも大切な事はタイトルの付け方である。Yahoo!・Infoseek・MSNなど、他の報道サイトの記事を掠め取って自サイトの記事として纏めている場合のように、どのようにして読者の気を引くことができるかは纒サイトを運営する者の腕であり、そのサイトの命運を左右することである。

と長くなったが、簡単に書けばNHK『ガッテン!』のような番組企画をすれば良い。役に立ちそうな思わせぶりの番組タイトルをつけ、声が大きいだけの芸能界の中でも取り立てて利口ではない者をレギュラーとして2人並べてヘェ~と初耳のごとく感心したように騒がせ、1人程度は番組の花になりそうなゲストを呼んで、百年も前から知る人は知っている内容をまるで新発見でもあるかのごとく作り上げれば、番組が出来上がる。視聴者の各家庭で目の前にいるような爺と婆が司会として騒いだところで面白くもない。
それでも、釣りエサ次第で、視聴者は見てくれる。あれが、「ブログの書き方」の真骨頂である。

それにしても、1995年に『ためしてガッテン』として始まった『ガッテン!』。
司会者の2人(立川志の輔小野文恵)は見飽きたのだが、人事異動は無いのかね~
あの2人に限らず、最近のテレビにはやたらと大声が多いが、あれはウィルスを飛ばす元凶だ

テレビ会話の気配り

新型コロナウィルス感染を防止するために、これまではスタジオに集ってギャーギャーと騒いでいたテレビ番組では、それぞれの出演者が、自宅や別室のリモートカメラに映る姿と声で番組作りをするようになた。
ニュースやワイドショー的な番組など、多くの番組がオンライン参加をしているようだ。特に著名人・芸能人でも高齢者ほどオンライン参加・中継しており、やはり彼らも人の子かと改めて思う。

そのオンライン参加している著名人・芸能人でも、普段はテレビ局の音声担当が適切に設定しているスタジオで、自分なりの普通の声で話せば、声の大きい小さいがバレル事はないのだろうが、オンライン参加ということで音声担当が関与しない環境で話すため、声の大小がバレバレである。
また、スタジオであれば動作があるとともに、照明の加減やカメラ担当が角度を変えて撮影するので判らなかったが、正面顔しか映らないオンライン参加では年齢がバレバレである。したがって、これまではスタジオ側の工夫により知られなかったのが、声が大きい年寄りである事が判った人が多い。
中には、これをチャンスに芸能界から引退して欲しい輩が多く、顔出し・声出しが減るとせいせいする。
とはいうものの長寿番組の日立_世界・ふしぎ発見では05/02にはスタジオ収録で流したから、そろそろ


テレビ局側も年寄りには気配りしてくれるようだが、聞いた事も無いようなお笑い芸人達は旧態依然の3密環境で使われている。その連中は仕事と諦めているのかも知れないが、スタジオを飛び出して地元を訪問する嗜好の番組は時節柄よろしくないと見る。対して、地元側もwelcomeと迎えるのではなく拒否反応を示すべきであろう。コロナ疎開を拒否する以上に、マスコミの取材を断るべきである。

このGW期間は、「家族との会話は、出かけずにオンラインで」と政府が勧めている。大いに結構な事であるが、やる人はGW期間以前からやっていることであり、珍しくもない。
それはそれとして。オンラインで離れた家族と会話する時は、声の大小と照明には気配りするべきだろう。特に、顔を動かして「カメラ・マイクに近づいたり遠ざかったり」は孫に嫌われる大きなマイナス点だ。

 視力的に劣る俺的には、目で見るよりも耳で聞く事が多い。したがって、綺麗な音声は好きだ。
最近では鎌しいテレビCMが多い。役者と称する連中でも、セリフに感情が無くとも声が大きければ務まるようだから、アニメーションの声優に至っては甲高く大きな声でありさえすれば良いらしい。

<<やかましくて大嫌いなテレビCM>> -はじまるとテレビを切る-
世田谷自然食品
ハズキルーペ
ジャパネットタカタ
八幡 船越伊一郎

NHK和久田&桑子アナ

何だかんだと言っても、国営放送NHKは優れものだと思っている。虚言ゼロとは言わないまでも、ドキュメンタリや自然・紀行的な内容では民放の追随を許していない(TBSテレビ制作の世界遺産は別格)
特にニュース報道はNHKだと思う。災害報道の為にだけでも、受信料を払うのは惜しくは無い。
また、民放のニュース報道の内容を確認する為にだけでも、NHKのニュース内容は比較対象になる。
NHKニュースの中でも「ニュース7」及び 「ニュースウオッチ9」は信頼して見たいと思う。
「ニュースウオッチ9」の男性キャスターには色々と文句が言ってきたのだが、女性キャスターは中々の実力者だ。以前の鈴木奈穂子氏のアナウンスはテキパキと心地良く聴くことができたが人事異動となり、後任の桑子真帆氏は前に勤めた番組で相棒であった有馬嘉男氏共々に座っていた。
「ニュースウオッチ9」はニュース報道番組というよりはキャスターの有馬嘉男氏と桑子真帆氏の掛け合い漫才になってきた。桑子氏のアナウンサーらしからぬ話し方もあるが、それ以上に有馬嘉男氏がうるさい。ニュースアナウンサーの話し方というよりは、お笑い芸人の話し方であり、意味不明に文章の抑揚がある。舞台役者等が伝えたい部分を声高に発生するのを真似てでもいるのだろうか(?)という話し方は、聞いていて疲れる。予期しない文落で突然高い抑揚になり、声高に話すという話術は何だろうか。端的に表現すれば「裏返った発声」也。
過去記事:NHKニュースに思う / NHK 桑子真帆氏 / NHK女子アナ事情は?

今春のNHK人事異動で「ニュースウオッチ9」と「NHKニュースおはよう日本」の間でトレードがあり、桑子真帆氏と和久田麻由子氏が入れ替わっている。
あれから半月経った両氏を勝手に品評すると、桑子氏は上手になり、和久田氏は下手になった。
思うに、「おはよう日本」の番長である高瀬耕造氏の話し方に引きずられている要素が多いのであろう。
「おはよう日本」時代には落ち着いた話し方であった和久田氏は「ニュースウオッチ9」の古株である有馬嘉男氏の「裏返った発声」に負けじと裏返った声になり、姦しくなっている。
片や桑子氏は、「おはよう日本」で高瀬氏の男性っぽい落ち着いた話し方に調和し、聴き易くなった。

「ニュースウオッチ9」は、女性アナウンサーの異動よりも、男性MCの有馬嘉男氏と、実に賑々しく登場するスポーツ担当の一橋忠之氏を異動させて欲しいものだ。一橋氏の登場シーンでは「お世話になる」の挨拶を連呼するが、誰に挨拶しているのだろうか。如何にもわざとらしく、白々しい。

芸能人も悪くは無い

安倍政権は百歳人生とやらの空念仏で善人を躍らせて、70歳にならないと国民年金の受給をしない(?)とか言う。とは言うものの、人生のライフラインを考えてきた人たちの中には、春を迎える今日に退職する人も多いだろう。そんな人たちの心情的には、嬉しいような、寂しいようなと複雑なのかしらんと推測する。
2012年に63歳で退職した俺は、退職祝いとやらをしてくれるという周囲の厚意を固辞し、最後の勤務日にこれだけは断りきれなかった昼食会で祝ってもらった後、逃げるようにして東京駅に駆け込み金沢に向かう電車に飛び乗った。

俺のように「退職祝いは不要派」もいれば、「退職後も昔の職場・人間関係が忘れられない」人もいる。
ひと昔であれば社葬になるような仕事人間もいた。歌舞伎役者や落語家は舞台の上で死ねれば本望と聞くが、死ぬ直前まで自分が一生やってきた事を続けられることは、認知症になって俳諧するよりは良いかもしれない。その辺の議論は差し置いても、退職に際して何かのイベントをするのは想い出になるかもしれない。しかし、年功序列とか上下関係とかを排除する傾向にある現代のサラリーマン世界では、そんなイベントをしてやろうという心情はあるのだろうか。万歳三唱して花束を渡して、ハイさようならでは。

その点、芸能界の方が上下関係・先輩後輩といった信義を重んじているように見える。
最近では家族葬が増えたようだが、後日に「御別れの会」などが催されている。

昭和も40年頃までは、芸能人になるという願望を持つことは勘当ものであった。それでも勘当覚悟で親元を去った人たちの中から名を上げた人たちがいた。そんな人たちは世話になった先輩を敬ったのだろう。
そんな上下関係が歴然としている世界であれば、引退とか葬儀とかの人生の節目にはイベントを企画してくれる後輩がいるというものだろう。
とは言うものの、サラリーマン世界にも昔は歴然とした上下関係があった。今では先輩のキャリア的な知恵はGoogle検索すれば調べられるのだから上下関係なんて鬱陶しいだけの人間関係は求めないだろう。
同様に、家制度の時代には嫌な姑に頭を下げてでも教わらなければならなかった嫁の立場は無用である。介護とか葬式とかの鬱陶しい人生のイベントは避けて通れば済むことである...として育ってきた多くの団塊世代の女性たちが、余後を心配しているらしい。君たちに退職祝いは無いだろう..たぶん。

昔の芸能人は一芸に秀でる必要があったが、今どきは何だってかまわない。
最近では、何で...と思うような、殊更の芸も無く、歌も演技も下手な者たちが芸能人として生活ができる。昔であれば他人の前には出られないような面相の男女が整形手術と化粧の賜物で芸能界で仕事ができている。なにかと言えば「すっぴんなのに美人」とか、「美足を披露」とかの話題が乱れ飛ぶが、当然のことであろうと言えば叱られるのだろうか。

最近のNHKは、三流芸能人だろうが何だろうが見境なく使っている。昔はギャラが安くとも全国的に顔が売れる等の見返りがあったらしいが、今どきはNHKではなくとも見返りに遜色は無いだろう。そんなNHKに出たいという芸能人の心情を知る由もないが、本当に優秀な芸能人は面白くないだろう。
昔であれば、NHKに出る芸能人は役者でも芸人でも、昔の東大の卒業生のように優秀である事に決まっていたのだが...最近「御別れの会」をして貰える人達は、後輩に慕われた優秀な先輩であったのだろう。
女性タレントの「〇ッキー」とか、ジャニの「中〇」とか、未だに引っ張り出されてチヤホヤしているが、あの程度の芸人であれば掃いて捨てるほどにいるだろうと思うが...世話になった輩は律義也。
昔は「守るべき家族・組織」が有った。その為に爺・婆や長老・先輩は大事にされた。今では年寄りの知恵や経験は不要である。しかし、未だに芸能界では大事にする風習があるようだ。使う側と使われる側が順次シーソーで先輩になり後輩になりして互いに育てあいをしている。あれなら先輩は威張れる。
結論・・・・退職祝いをして貰えず、家族葬で旅立つ者は淋しがらない事。俺は直葬で満足できる。

星屑の町:学

映画『星屑の町』が03/06から公開された。(公式ウェブサイト)
のん、6年ぶり出演作『星屑の町』完成披露にメッセージ&メイキング写真も到着!初監督作もYouTubeで公開中 - 映画 Movie Walker
地方回りの売れない昭和歌謡グループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描いた作品。
当地でも開演された模様なれど、新型コロナウイルス感染が怖いから行かない。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
三橋美智也 「星屑の町」昭和37年5月

螢草 菜々の剣:学

昨夕は偶然、NHK土曜時代ドラマにて「螢草 菜々の剣」を視た。面白い。
2020年1月25日から放送。連続7回。昨日は第2回「父の仇(かたき)」 (NHK オンデマンド)
2019年7月26日~9月6日にBS時代劇で放送したものの再編集版との事だが、知らなかった。

WikiPediaによれば原作『螢草』(ほたるぐさ)は、  葉室麟による長編時代小説で『小説推理』2011年11月号から2012年7月号に連載。2013年にNHK「新日曜名作座」にてラジオドラマ化されているとの事。
主人公の菜々を演ずる清原果耶氏は2002年1月30日生まれとの事だから、本作品は高校生時代に撮影か。NHK朝ドラの『あさが来た』にレギュラー出演し、女優としてデビューとはすごい。
本作が初の本格時代劇挑戦であり、時代劇初主演。
浜辺美波(2000年8月29日生れ、似ている? 二人あの娘はだ~れ?)より歳若だが、楽しみな存在也。

oricon YouTubeより

その他の主要人物の演技も見応えがあるが、苅谷俊介南沢奈央の出演が楽しみである。
特に、濱田マリが芸者上がりの質屋の女将役とは正に適役と言いたい。

杉田かおる、YouTube

なんとなく、応援 (Google画像)

WikiPedia:杉田かおる / 杉田かおるオフィシャルブログ『オーガニックな気分』 - Ameba Blog
告知 | オフィシャル | 杉田かおる オフィシャルブログ気ままな主婦道

2020/02/22 15時、杉田かおるがYouTubeに公式チャンネルを開設
(https://www.youtube.com/channel/UColG0fBrEaVBdQurYQulY6w)


【公式】オーガニックヘルスリテラシー by 杉田かおる - YouTube



杉田
杉田かおる
小学館
2013-02-18


すれっからし (小学館文庫)
杉田 かおる
小学館
1999-03


月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 俺の存在履歴は無い
  • ザ・わらべ:学
  • 老人ホームの入居希望
  • ヘッドライトと田舎者
  • ヘッドライトと田舎者
  • ヘッドライトと田舎者
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
2021年
2022年
旧暦カレンダー
六曜・月齢・旧暦
計算サイト

 遊びに行こう
掲示板
掲示板
プロフィール+つぶやき
名言黒板
ブログランキング+
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
現在の閲覧者数:
KEIROMICHI
本ブログのQRコード
QRコード