無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

老人ホームの入居希望

加山雄三氏が老人ホームに入居しているそうだ。
老人ホームと言ってもピンキリがあり、随分と高級なところなのではと思うが、詮索はするまい。

老人ホームへの入居については、希望する人と、嫌がる人がいると聞く。
単純に考えても、これで子供の世話にならなくとも済むと考える人と、姥捨て山に連れていかれると考える人か。いずれにしても、自分が育てた子供から受ける仕打ちなのだから、自分が親にした事の鏡だろう。
自宅で旅立てるように自宅介護を受けられるような「環境と財力」のある家庭であれば兎も角、一般的な家庭であれば、今のCOVID-19で逝く場合はプロに看取られる環境が宜しかろうと考えるこの頃である。
とは言っても、ピンキリある老人ホームでも、入りたくなったからと言って即座に入居はできないらしい...まあ、金さえ惜しまなければ容易いのかもしれないが、そんなに裕福な人も少なかろう。
こんな話題をどう思うか...を眺めながら
いずれにしても、入居を希望するorしないに関わらず、介護認定でヘルパーが自宅訪問する際には「私は元気」と装う高齢者が多いらしい。この期に及んで...ということだが、元気なほど介護費用の補助が少なる事を知っているのだろうか....ボケた、自立できない、歩行も儘にならない、年寄りになるべし。

百歳まで生きるかも(?)とされる人数が増えたと報じられている。生きると称しても、ベットに拘束されて呼吸器などの生命維持装置に埋もれた姿の人もいるらしい。しかし、そのような姿であっても意識がある間は生きている事を良しとするべきなのだろうか。是非は兎も角として、その人達は経済的に豊かであろう。
もう1年ほど経つが「老後は2千万円必要」という財務大臣の発言が未だに尾を引いているようだ。俺的には「2千万円で何年生活できるか」次第と考える。世の中を斜め読みすれば、「生きていられるかも知れない歳まで、経済的に持たない」者が多いと考える。それでも、「既に高齢者」はマシだ。予備軍は大変也。

いずれにしても「明日にでも死ぬ」と騒いでいる者ほど世の中に蔓延るのが世の常ということらしい。
これまでは、華々しい死因は心臓と脳に癌だったのだろうか。これからはCOVID-19肺炎が花形だろう。
しかし、それも「二類感染症」とされている現在だけで、「五類感染症」になればインフルエンザなんぞと同じ扱いになる。老人ホームを心配する必要のないピンシャンの間にCOVID-19に感染し、入院治療から直葬まで国費で賄ってもらえるという手間無しの「二類感染症」で死ぬのも悪くはない..と思うこの頃也。
ちなみに、普通に死んだ場合は手間だらけの役所の手続きだが、COVID-19死亡なら極めて早いらしい。

【オーディオブック/朗読】すぐ死ぬんだから

関連過去記事:金沢でも「身元保証」が / 突然死と認知症 / 病院選びに、なるほど / 健康余命は15年? / 要介護認定学 / 延命ガイドラインの改訂 / ボケほど見栄張る年寄り / 高齢者、自宅の売り時は? / 駆け込み寺をkeep / 健康管理の末路は / 介護認定はありのままを / なんと目出度い御臨終

いま必要な薬は

米トランプ大統領の治療は終わったと医師団が発表しているとの報道である。
一方、完治したとの発言は、大統領当人を含め誰からも無いらしい。

レムデシビル」と、コロナ重症者向けに使われるステロイド薬「デキサメタゾン」、リジェネロンの「抗体カクテル(コンパッショネート使用)」といった薬を使えるということは、流石は権力の座にある者に対する処遇である。「トランプはステロイドでおかしくなった」の声が続々|NEWSポストセブン(10.08)

しかし、あいつに必要なのはバカに点ける薬である。友達の安倍晋三は送り付けるべき。

「レムデシビル」と、コロナ重症者向けに使われるステロイド薬「デキサメタゾン」、リジェネロンの「抗体カクテル」

呑兵衛 あなさんの投稿 2020年10月5日月曜日

見てみましょう:考

NHKの天気予報で予報図などを表示する際の呪文は「見てみましょう」である。

一般的には「ご覧ください」とか、「ご覧いただきましょう」という言葉遣いをする場面であろう。
しかし、「見てみましょう」とは、NHKが視聴者と共に見ている立場であり、同格である。
一方「ご覧ください」の言葉遣いは、NHKが視聴者に対して提示している立場であり、提示する内容に責任を問われる場合も無きにしも有らずである。
「見てみましょう」とした場合は、見る見ないはカラスの勝手である。
勧めに乗るか否かは勧められた者の責任の範疇であって、「見る事を勧めた」NHKの責任ではない。
と言うか、この場合のNHKは「見る事を勧め」てさえいない。NHKが見ると言った言葉に反応して、視聴者が勝手に見たのである。見た内容・結果についてNHKには責任は無い。

同様な言い回しは古くから多い。事、政治の場面のだまし文句であろう。
過日のトランブ大統領の主治医曰く「昨日は高熱は出ていない」...あれと同じことだ。
一昨日は出ていたかもしれない。主治医は昨日の出来事に言及して語ったのである。
しかし、忖度で生きている日本人は言葉の意味を深読みしない。自分勝手に解釈して、確認はしない。
昔習った英語は「I'm a boy」。日本人は「男です」。主語が無くても通じる・わかったつもりの言葉。
言った・言わないの喧嘩になれば、絶対に負ける国民性である。

事件などで容疑者が語ったとする言葉は、「〇▼◇に間違いない」と言った、と報ずる。
そんな「〇▼◇に間違いない」なんて言葉遣いを容疑者がするはずが無い。しかし、警察の取調調書をそのままに読むから、そのような不思議な日本語になる。警察は、後日裁判所で陳述しやすいような言葉遣いを容疑者が発言したように書こうとする。その結果、「〇▼◇に間違いない」という事になる。

気を付けよう。不思議の国、日本。

スッピン云々での評価?

最近の瓦版では「スッピンでも綺麗」とかの記事を見かける事が多い。
WikiPediaによれば「すっぴんとは、化粧をしていない状態(ノーメイク)のこと」也。
俺的には、他に整形美容なんかも含めて考える。いずれにしても、親からもらった素顔ではない。

まあ、取れたての状態よりは口紅でも...と考えるのが女心というものらしいから、爺が語るまい。
しかし、瓦版屋が取り上げる「スッピンでも綺麗」な芸能人などを見るにつけ、『綺麗』と言われるほどの者ではない。増してや、「スッピン」だろうとそうでなかろうと、評価するに値しない者ばかりだ。
簡単に言えば、化粧や整形手術をしていてもあの程度なのかと見る者ばかりだ。あれらが「スッピン」になったなら悍ましい。
「女は寝顔を夫に見せるものではない」と言われた時代の妻は、いつでも美しい姿・顔を見せる努力をしていたと聞く。

最近の芸能人の女性達は、芸能界デビューする前に化粧のレッスンを受けるそうだ。
昭和時代に親から勘当を言い渡されるのを覚悟して芸能人となる為には、スッピンでも美しいと評価されるほどに美人であることが必要だった。「スッピンで綺麗」なのではなく、「スッピンで綺麗」なのは女性芸能人でスターになる為の当然な最低条件なのである。
最近でも終戦直後のように「外人女性的な風貌」に対する憧れがあるようだ。その結果、いわゆる混血が持てはやされている。必ずしも美人でなくとも外人的な風貌を持つだけで瓦版屋に取り上げられる。
「ゲス不倫」とかで騒がれた者や、「お・も・て・な・し」とかのセリフをきめた者。若い頃には「スッピンでも綺麗」だったのだろうかもしれない(俺的にはそんな妄想は考えられない)が、あれから〇年経った未だに瓦版屋が追いかけるほどに芸能界には素材となる女性が少ないのだろうか。
そう言えば「スッピンでも綺麗」と評される女性芸能人には『大きな目ん玉』が多い。生物学的に言えば『他の生物に表情を読み取られ易い大目玉』は自然界では生き残れない。大目玉をキョロキョロさせながら、怖い怖いと大声で騒ぎ立てる現代女性を可愛らしいと見ている現代日本は末期的なのかもしれない。

追記:「イケメン」とか評される若手男性芸能人はもっと酷い面相也。あれではホストクラブは勤まらない。痩せて細面、長く伸ばした髪の毛から上目遣いで笑みができれば、後はファンクラブ次第らしい。

「姑息(こそく)」の意味

ヒョンな出来事から、日本語なるものの意味の変化というか...誤解が有る事を知った。
事の起こりは以下の記事へのコメントで『やり方が姑息』と書いたことである。それに対して某氏より『姑息は明らかに言い過ぎだと思われる』との対コメントがあった。
YouTube動画検索機能をURL入力式に変更しました|ライブドアブログ スタッフブログ
これに対して説明を試みようと同じ内容の対々コメントを3度も書き込んだのだが、未だに表示されない。
表示されない理由に関しては、邪推できることもあるのだが、それは触れまい。

そもそも、対コメントで「言い過ぎ」とされた『姑息』だが、そんなに厳しい意味合いの言葉ではない。しかし、言い過ぎと考えるような曲解があるというのが俺の解釈である。以下に、Weblio辞書より引用する。
「姑息(こそく)」の意味や使い方 Weblio辞書
 「姑息」の意味
姑息(こそく)の本来の意味は「一時的な」「急場しのぎの」「間に合わせ」の手段や方法のことである。一般的な理解としては、「姑息」という言葉は「卑怯な」「こせこせした」さまを表現する言葉として用いられることが多いが、これは本来は誤用である。
「姑息」は誤用が浸透している表現
文化庁は2010年に実施した「国語に関する世論調査」において、「姑息な手段」という表現で「姑息」の意味を本来の(「一時しのぎ」という)意味と回答した割合は15%に留まり、「ひきょうな」という意味だと回答した割合は70%を超えた、と報告している。しかし「姑息」を「卑怯な」という意味で用いる方法は、本来は誤用である。

「姑息」に限らず中国が起こりとされる漢字については、最近では四字熟語と呼ぶもの等を含めて、語源・言葉の成り立ちを知らずに感性だけで知ったかぶりされると困る場面も少なくない。
「おのれ姑息なマネを……!」と云って卑怯者呼ばわりする場面もあり得る。ただし「姑息なマネ」というのは「その場を取り繕ってやり過ごそうとする性根」を卑怯と言っているのであり、直接に「卑怯な」と述べているわけではない。
ということで、俺の用いた「姑息」の意味を述べるとともに、言葉の誤解をしないように自戒する。
ら抜き言葉 / さ入れ言葉(さ付き言葉)/
WikiPedia:日本語の誤用#事例 / 国語に関する世論調査 / 日本語の乱れ / バイト敬語
国語に関する世論調査 | 文化庁

ドコモ口座の不正利用:考

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使って預金の不正引き出しが多発しているとの事。
しかも、その「ドコモ口座」は当人が開設していないのだそうだ。
WikiPedia:ドコモ口座より抜粋引用
ドコモ口座は現金を扱えるプリペイド型のバーチャル口座である。だれでも無料で開設することができ、銀行口座やコンビニ等からドコモ口座へ入金すれば、ユーザー間の送金やネットショッピング(Visa対応サイト)等様々な用途に利用できる。

被害者は御怒りであるとの報道であり、気の毒とは思う。しかし、09/09のNHK 7時のニュースでの再現映像を見ている限りでは、基本的には当人の不注意により発生した事件と断じる
謎の人に勝手に作られるようなセキュリティの甘い「ドコモ口座」が機能改善を行わなけれはならない事は当然としても、そもそも論としては、『ドコモ口座を開設できる程の個人的な情報を垂れ流していた当人』が最もオソマツである。俺的に言えば、なるべきして成った出来事である。

NHKの再現映像程度の個人情報なら、一般的な日本人は、ネット世界に露出している気にもなるまい。
今回は、「ドコモ口座」と「某銀行」の組み合わせで発生した事件だが、他の「バーチャル口座」との組み合わせでも同じ事ができるハズである。(WikiPedia:電子マネー#日本)
俺はガラケー利用者だが、スマホを持っていなくとも「バーチャル口座機能を有するカード」であれば同じ事ができるハズである。だから今回の事件を他岸の火事とばかりに傍観していてはいけない。
増してや甘言に乗って、キャッシュレスとかマイナポイントとかを行っている人は多いに注意したい。

NTTドコモは「ドコモ口座」のセキュリティを強化するとの事。同業他社も同様であろう。
しかし、今回の出来事を真似、更に発展させた事件が後に続くだろう。自分を守るのは自分しかいない。
マスコミは、強者のNTTドコモを責め、弱者の被害者を庇うことで正義の見方ぶっているが、被害者がどのような経緯で『ドコモ口座を開設できる程の個人的な情報を垂れ流した』のかが関心事である。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
この事件を知り、俺の持っているだけで使い道の少ない飾りのプリペイド型カード(nanaco楽天Edy)については解約した


関連記事:「ドコモコウザ」の有無

「崩壊」の言葉に思う

今日は二百十日、台風9号が接近中とのこと。当地に最接近見込みの09/03の最高気温予想は38℃。
明日09/01は「防災の日」。とは言うものの、日本国の防災は崩壊している。

避難所・防空壕・サイレン、etc. 
「崩壊」とは『有ったものが崩れる事』である。日本国の場合、そもそも無いのだから崩壊ではない。
最近ではCOVID-19騒動に絡んで「医療崩壊」なる言葉が使われているが、「白い巨塔崩壊」と言いたい。

「家庭崩壊」にしろ、それまでは有った物・環境が崩れる事を日本国民は嘆きたがるが、元から壊れていいる事を再認識するべきである。『明けない夜はない』と言う人もいるが、明けない夜も有るかも知れない。
日本人は「1億総中流」崩壊の深刻さを知らない| 東洋経済オンライン

映画『オフィシャル・シークレット』予告


皇帝のいない八月(予告)

政治とか、COVID-19とか。まあ、概ねにおいて自分の手には届かない出来事にばかり文句を言う事が好きな輩が多い世の中だ。そんな輩に限って崩壊物語を好んで語りたがるようだ。俺もその一人也。

自分ではどうにもならない事をぼやいて憂さ晴らしする前に、自分で出来る事程度はやろうじゃないか。
日本が、世界が、崩壊する事を怒っている間に、自分自身が崩壊したのでは話題になるまい。

せめて、自分が所管するパソコンOSは最新を保つ事に努力し、ネット訪問先に迷惑を掛けないように。
Windows 10ユーザーの9割近くが更新せずに古いビルドを使い続けていると判明 - GIGAZINE
  • 2020年7月時点でWindows 10の市場シェアはが77.74%。
    また、Windowsユーザーの73.05%がWindows 10を使っている。
  • 2020年5月にリリースされたWindows 10 May 2020 Updateの使用率は11.6%。
    つまり、Windows 10を使っている人の9割近くが最新ビルドにアップデートしていない
  • 最も多かったのは2019年5月下旬公開のv1903で43.6%。
    次いで2019年11月中旬公開のv1909で36.8%。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

どこかで誰かが死んで

学生時代に学校の授業で、ダム建設などの大規模な工事では、工事費用を算出する際には「死亡者がいる事を想定して死亡時支払い金」を計上する事を教わった。これは土木工事に限った事ではなく、一般的な事務を行う場合でも企業経営上の必要経費として死亡時支払い金は計上されている。最近では、大規模土木工事も含めて労務災害として国庫負担するような制度に変わっているのかもしれない。
死亡時支払い金の額は工事の内容にもよるが、ダム建設の場合は、その多額さに驚いた記憶である。
要するに、何事かを実行する場合は人が死ぬのは当然の出来事であって、対応する為の支払金を事前準備する事が必要であって、人の上に立つ者はそんな事にイチイチ驚く事はないということだ。

太平洋戦争は日本時間「1941年12月8日~1945年8月15日」の約4年間行われた。
WikiPediaの太平洋戦争によれば、約4年間の犠牲者数は、戦闘員1,740,955人・民間393,000人との事だ。これが再掲なのか(?)は不明であるが単純に合計すると2,133,955人である。「総人口|年次統計」によれば開戦時1941年(S16)の日本の人口は72,218,000人である。この場合、死亡率の算出方法は知らないが(2,133,955人÷72,218,000人)とすれば約3%である。戦争期間が4年であった事を加味して4倍掛けしても12%ということだ。
致死率(致命率)とは、特定の疾病に罹患した母集団のうち、その感染が死因となって死亡する割合であり、急性感染症の集団発生などで使用される。
COVID-19肺炎の死亡率は過去記事:死亡率が高いのは?のとおり「2020/05/29時点での死亡率は5.3%程度である。(2003流行SARSは11%、2012流行MERSは35% )」である。
政府発表にしろ、地方自治体の発表にしろ、どのような基準でCOVID-19の感染者数や死亡者数としているのかが不鮮明である。しかし、感染者数が死亡者数に置き換わったとしても、あの程度の数では国家の上層部は驚かない。国家を運営していく立場としては、自然死以外に一定の死者がいる事を知るのは気中の気である。この度、COVID-19の死者数が予定外であったとしても、歴史の中では感染症は繰り返されている。

例年のように日本国民が終戦の日と思い込んでいるが08/15が近づくと、国営放送は沖縄戦を悲惨な出来事として報ずる。あれは懺悔なのだろうかと毎年不思議に思う。今年は特に、武漢ウィルスに対して見せた日本政府の姿に被って見える。琉球民族に対して日本人は冷た過ぎる。
「竹ヤリで戦車に立ち向かってでも神国日本が生き延びようとする姿勢」は、「生き延びられなかったら玉砕する姿勢」の裏返しなのかもしれない。
ダム建設などで人が死んだからといって、悲しんでいる者は指導者にはなれない。

あのWHOテドロス氏ですら2年というCOVID-19の収束の目途だ。しかし、日本政府は何時出来上がるとも知れぬワクチンの接種優先順位の議論をしている。
あの議論は「みんな助かるよ」というアピールなのだろうか。昔、血液製剤に関する事件があり、政府はそれを是としていた(ミドリ十字 薬害エイズ事件フィブリノゲン問題)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

ウィズコロナと言うが !?

COVID-19」を「コロナ」とか呼ぶのは日本人だけだ。
間抜けな日本政府が単に「新型コロナウイルス感染症」と呼ぶ事を定めたため、感染症法に基づく指定感染症(二類感染症相当)に指定されており、マスコミをはじめとして「コロナ」と呼ぶ(過去記事:儂を「コロナ」と呼ぶな) ※2019年新型コロナウイルス感染症

それでも国営放送は、法律用語に近ずけて「新型コロナウイルス」と呼ぶ事が多い。しかし、誰が言い出しっぺかは知らないが、「ウィズコロナ」の言葉だけは「コロナ」である。
そもそも「ウィズコロナ」なんて言葉は、WikiPediaによれば恰も良い事であるかのごとき扱いだが、俺的にはコトバンクの解説が好みである。すなわち、無断引用
新型コロナウイルスとの共存共生」という意味で使われる俗語
英語では「Coexist with the coronavirus」「Coexist with COVID-19」などと略さずに表記される。
いずれにしても「ウィズコロナ」なんて言葉は「無能な政治家が自らの愚策を隠す」為に用いるのであり、マスコミの煽動に乗るまい。
「with」とは『とともに』という意味だ。「ウィズ貧乏」とか、「ウィズ病気」なんて御免被る。
そりゃ~、人間の知恵では逃れようの無い事柄は満ち溢れているが、過去の政治家は「ウィズペスト」と言ったのだろうか。戦いもせずに、戦う事を放棄して、「ウィズコロナ」は無責任である。

同様に「コロナ禍」ではない。ウイルスの出現は「禍」であっても、感染を防げなかった事は「人災」。
〖禍〗 (禍) カ(クワ) わざわい・まが
よろこばしくない事柄。不幸をひきおこす原因。災難。
関連過去記事:COCOA:学 /


ということで、「ウィズコロナ」と「コロナ禍」の中で、自然災害が発生した場合の避難場所作りが大変のようだ。避難所と言えば学校の体育館しか無く、板敷きの床にごろ寝するのが常識の日本国民にとって、地域のダンボール屋や日帰り温泉と協定を結ぶ事は弄るしい進歩ということで、マスコミは盛んに褒めちぎる。それはそれで進化なのだろうが、先進国での避難環境を漏れ聞くと一等国民であると国家に教えられている日本人としては、挫折感が著しい。ホテル+ベット、防空壕まで行かずともせめてもう少し。

以前は、裸の王様(シンゾウ)の大嘘を注視していれば良かったが、最近では大番頭や厚労・担当大臣までもが各自勝手な事を言い出している。更には防衛までもが戦前に返ったかのごとき発言を始めた。
日本国民が竹槍突撃で全滅しようとも、経済が立ち直って、オリンピックができれば良いらしい。
日本のテレビでは「アメリカの感染者が〇十万人、死亡者が〇万人」と報ずる。日本のテレビが報じない西洋などでは随分と減ってきたと、ネットが報ずる。事の真偽は知る由もないが、俺的には日本政府が、自らの失態を隠している事と見る。経済に同じく「あのアメリカが出来ないのだから...」とアピールしようとしているとしか思えない。

シンゾウ禍

お盆の帰省と言うが

某ブログで「お盆の帰省」に関する悩みなるものを知った。

「帰省」とは久しぶりに聞いた言葉である。そう言えば、未だに帰省の際には電車や高速道路は混雑するのだろうか。昔は「帰省ラッシュ」なんて言葉があった。
WikiPedia:帰省ラッシュ
日本では、休祝日・年末年始休暇ゴールデンウィークお盆休みシルバーウィーク・10月の大型連休などに都市圏に在住している人が出身地である地方などに一時帰省する際に発生する。 年末年始休暇、ゴールデンウィーク、お盆休みが過ぎると、今度は都市圏への帰宅によってUターンラッシュが発生する。
思い出せば、当地石川県のローカルテレビでは最寄りの時期になると「帰省の人達で駅が混雑」なんて言っていた。しかし、地方に住む人は「帰ってくる」と考えているのかも知れないが、都市圏から地方に行く人の感覚として「帰る」と考えているのだろうか。
勿論、地方に行けば墓参りをして知人や家族と会うかも知れない。しかし、単純に田舎の景色・雰囲気に浸ることが目的なのではないだろうか。要するに、地方に出かけるだけである。生れ故郷に帰るのではない。
増してや今年は、武漢ウィルス感染防止に努めなければならない。敢えて地方に出かける必要は薄い。

「帰省」なんて言葉は「出稼ぎ」が華やかだった時代に使われた死語なのではないだろうか。
団塊世代の俺は、生れ故郷を捨てたつもりで上京した。秋田を出た時に故郷は捨てた。
退職間際になって秋田に出向いた際には懐かしくはあったものの、それだけの事であった。

父母の暮らす地方に出かける事を、都市圏で暮らす今どきの若者は何と呼ぶのだろうか。
ホームにて」 中島みゆき covered by minco

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 俺の存在履歴は無い
  • ザ・わらべ:学
  • 老人ホームの入居希望
  • ヘッドライトと田舎者
  • ヘッドライトと田舎者
  • ヘッドライトと田舎者
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
2021年
2022年
旧暦カレンダー
六曜・月齢・旧暦
計算サイト

 遊びに行こう
掲示板
掲示板
プロフィール+つぶやき
名言黒板
ブログランキング+
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
現在の閲覧者数:
KEIROMICHI
本ブログのQRコード
QRコード