無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

HP作成

ネット世界の生き残り

サイトを開設するには面倒な仕組みの世の中になってきた模様也。
俺のような無料レンタルブログを借りている者にとっても、注意していなければレンタル先が消えるかも知れない。ということで、関係のありそうなイベントをピックアッブしてメモ。

.SSL / TLS 設定
「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」は使用せず、「TLS 1.3、TLS 1.2」のみを利用する事が標準となった。
これにより、TLS 1.2化していない閲覧者やサイトは、見るor見せることがてきなくなる。

.SSL化(https)のサーバ証明書の有効期限が1年サイクルで更新しなければならない(法律)
はてなブログ・livedoorブログ・FC2ブログ等が利用しているSSL/TLS証明書の認証局(Let's Encrypt )は、来年2021/01/11以降のいつかからは「Android7.1以前のデバイスでアクセスした場合は証明書エラー」になり閲覧できなくなる。なお、httpsでないサイト・ブログではこの問題は発生しない。
本イベントは、このlivedoorブログのアナウンスでは『2021年9月30日以降』とのこと。各ブログによりイベント開始期日は異なる模様。

.Google検索のインデックスが厳しくなるようだ。伴って、広告で運用しているブログ等のレンタル規約が変わるのではないだろうか? もしくは、テンプレート等の変更が伴うのでは?
現在の情報から考えるには、FC2ブログの「レスポンシブ対応テンプレート」ならば如何だろうか??
【Google】2021年3月以降デスクトップ版のみのサイトをインデックスから削除する方針 | Mobile First Marketing Labo
  • 2021年3月以降はモバイルで表示できなければインデックス自体がされない。
  • パソコンとスマホで別々の URL を使用することは推奨されない
  • Googleも、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨している。
過去記事:混合フォームの撲滅を / home_resp3c:改録 / Google Analytics話題

以上のイベントを眺めると、無料レンタルのブログやサーバー(ホームページ)には大掛かりな地殻変動が発生するであろうことが予想される。俺の見立てとしては、現状のままで無料レンタルを営める企業は無いだろう。ならば、小規模な傷で凌ぐor大規模に改革して未来に備えるか、を見極めるのが分岐点なのだろうか。そのような視野で見れば、レンタル各社は、成否・是非は別にして、生き残りを掛けて既に動いているようだ。その動きを読み解けるかが利用者側の器量ということになる。
来年の春には一定の効果が見えてくるであろうが、手始めは、来年2021/01/11以降のSSL/TLS証明書の認証局(Let's Encrypt )の傷口の現れ方から推測できるであろう。俺的には、FC2ブログが傷が少ないと見た。ということで、仮設中の*Essence(aki [sorauta1] 氏が提供するFC2ブログ用の共有テンプレート「home_resp3c」に関する改造メモを取りまとめておく。

いずれにしても『パソコンとスマホで別々のURLを使用することは推奨されない』という規制に対する各ブログの対応がポイントと見る。FC2ブログの場合、パソコン専用は「https://xxx.fc2.com/?pc」であり、スマホ専用は「https://xxx.fc2.com/?sp」である。この事は「パソコンとスマホで別々のURL」に該当するのであろうか?。なお、「レスポンシブ対応テンプレート」を利用している場合は「https://xxx.fc2.com/」でパソコンとスマホの両方がアクセスできるのでGoogle様などの推薦環境なのだろう。

しかし、「レスポンシブ対応テンプレート」に切り替えようとするユーザーが多いとは考えられない。
『危険マーク』を付けられても気にかけることなくSSL化(https)を行わないユーザーが多い現実を各ブログ会社は如何見るのだろうか?。ユーザーが気にかける事は少ないだろうが、広告収入で経営している各ブログ会社は死活問題であろう。『パソコンとスマホで別々のURL』か否かについて、FC2ブログ以外では「はてなブログ」がアナウンスしているが、他については掴みきれていない。

彼是言ってもFC2ブログは未だにガラケーアクセスが利用できるが、数年後にはガラケー自体が消えるのである。更には、今後の広告表示に対応する為にSSL化(https)を強制執行する場合もあるとアナウンスしている。新しい物もあるが、多くは陳腐化したテンプレートとプラグインで埋められている。その代わりとでも言うように、最近は公式の物をリリースし始めている。.etc. ということで、ゴミ屋敷状態ではないだろうか。あのゴミを捨てることから始めなければ未来は見通せないのではないだろうか。俺がFC2ブログへの引っ越しに蹈鞴を踏む理由でもある。(WikiPedia:FC2)

~~~<<home_resp3c:改録>>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連過去記事:Android 7.1以前は / FC2のスマホアクセス / FC2ブログの事:メモ / FC2ブログの広告考察
「ブログ内検索」や、「カテゴリー別」「月別のアーカイブ」についてはタイトルリスト表示がディフォルトですが、これを要約表示(?)にしたい....件の質問

関連過去記事:livedoorテンプレート改 /

俳諧先で利用者が多いgooブログは、概ねにおいて未来への対策は済んでいるようだ。
しかし、拍手ボタン(気持ち玉)やコメント書き込み時にログインを求められるのは鬱陶しい。
ブログの設定次第のようだが....「外部IDでログイン」するか否か、思案中。
20200918184046



お気に入りの再整理

以前「お気に入りの整理完了」にて
https化してください。
2020年末には、httpsではないURLのRSSまたはブックマークは抹消します。


と書きました。その後「混合フォームの撲滅を」等でhttps化する事を御奨めしてきましたが、
「やらない人はやらない」のだ...という事を再認識しました。

近日にはWindows 10のバージョンアップが公開され、新Webブラウザのセキュリティが一新される。
しかし、それすらも行わない人たちが多いのであろう。
ならば、「身に降る火の粉を払う事は早い方が良い」と独断しました。
はてなブログ・livedoorブログ・FC2ブログ等は同じSSL/TLS証明書の認証局(Let's Encrypt )を用いている。
来年2021/01/11からは、(Let's Encrypt )を用いてhttps化しているブログ等に「Android7.1以前のデバイスでアクセスした場合は証明書エラー」になり閲覧できなくなる。httpsでないサイトは発生しない。
関連過去記事:複数Googleアカウント / 情報収集/Let's Encrypt - 無無無庵@Wiki
https化していないサイトは危険と見られ近寄り難くなり、https化する事で古いスマホでは閲覧できなくなる。はてさて、世の中は巧くいかない。https化の勧誘をした事を少しだけ後悔するが、未実施のサイトは危険也。

ということで、
「2020年末には」と考えていた『httpsではないURLのRSSまたはブックマークは抹消』する事について、10月末日を以って繰り上げて実行する事にしました。
今後、URLが変わった・変わる予定の人がいたら、掲示板で教えていただければ幸いです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 livedoorブログで自分のブログをhttps化する方法


 FC2ブログで自分のブログをhttps化する方法
 


はてなブログをhttps化する方法


Seesaaブログをhttps化する方法
 

当初掲載:20/10/17、最終掲載:20/10/25

Windows壁紙設定

20/10/23、「ソフトの導入状況:05」より記事を分割し、「Windows壁紙設定」とした。
また、「ソフトの導入状況:05」⇒「ソフトの導入状況:06」と改める。
過去記事の更新は中止し、向後は本記事を更新する。

設定方法(マニュアル的な事)

NECフィールディング】から

壁紙を探す
Windows 10の設定で壁紙を変える
その他
関連記事:Win 10の設定画面? / Windowsへようこそ:学 / スクリーンセーバー:学 / Google フォト スクリーンセーバーを設定する

Windows 10弄りメモ

関連記事2020/10/23更新:Win10の不調記録:9 / アドインのインストール状況:04/ ソフトのインストール状況:06 / Windows壁紙設定 / ブラウザのアップデート:6 / chrome://chrome-urls / 「修復ディスク」を作成-2 / ★SSL / TLS 設定方法:2v2004デバイス更新方法 / 起動用媒体を作っておく / インストールメディア作成 / Windows 10の役立ち情報 / My IPアドレス履歴 / アクセス許可を整理 / Win診断データの提供:考 / Firefoxのセッティング-2  / ブラウザ&日本語入力 / Windows Update種類 / 「Windows検索」:覚 / ウィルス感染メモ / Win 10の設定画面? / Windowsへようこそ:学 / PCの時刻合わせ:メモ / Win10、LCUにSSU統合

ソフトの導入状況:06

【この記事は、(ブルーライト軽減を模索 / 最近インストール)⇒ソフトの導入状況:新ソフトの導入状況:02ソフトの導入状況:03ソフトの導入状況:04ソフトの導入状況:05の続き】
20/10/23、「ソフトの導入状況:05」より記事を分割し、「Windows壁紙設定」と「ソフトの導入状況:06」とした。
過去記事(ソフトの導入状況:05)の更新は中止し、向後は本記事を更新する。
20/06/12、このパソコンには、OSはWindows 10 Home x64、WebブランザはメインとしてMozilla Firefox、サブとしてGoogle Chromeを使用。Chromium版のMicrosoft Edge安定版 (Chromium Edge)をインストールしている。カスペルスキー利用。いずれも自動更新により最新版を継続維持。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
不要なファイルを削除してストレージの空き容量を増やす“ストレージ センサー” - 窓の杜
「設定」 ⇒ [システム]-[ストレージ]セクション ⇒ 今すぐ空き領域を増やす”機能
ユーティリティ
ツール
音楽お絵描き
サイト作成
オフィスソフト
各種SNS


OS関連LAN・セキュリティ
読書等
  • Amazon.co.jp: Kindle-Kindle電子書籍リーダ  [自UpD]
  • 楽天Kobo:電子書籍/小説・漫画・雑誌・無料本が読める  [自UpD]
ゲーム
その他Windows 10に標準添付されている物でアンインストールした
Windows10標準アプリを削除、再インストールする方法【2020年最新版】 | Windows10 FAQ
Windows 10最新「May 2020 Update」で「ペイント」や「メモ帳」のアンインストールが可能に | できるネット(06/18)
削除できないWindows10の標準アプリを削除・再インストールする | Windows10 FAQ(最終更新日:2020年4月26日 )
ブログ記事
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
年末のPC大掃除を効率化! OS初期化後のアプリのインストールを自動化しよう - 窓の杜
  1. OS初期化後に、「Chocolatey Software」を利用していつも使うアプリのダウンロードとインストールを自動化
【特集】年末のPC大掃除を効率化! OS初期化後の環境の再構築を自動化しよう - 窓の杜
Windows Sysinternals
Nir Sofer - 窓の杜

Windows 10弄りメモ

関連記事2020/10/23更新:Win10の不調記録:9 / アドインのインストール状況:04/ ソフトのインストール状況:06 / Windows壁紙設定 / ブラウザのアップデート:6 / chrome://chrome-urls / 「修復ディスク」を作成-2 / ★SSL / TLS 設定方法:2v2004デバイス更新方法 / 起動用媒体を作っておく / インストールメディア作成 / Windows 10の役立ち情報 / My IPアドレス履歴 / アクセス許可を整理 / Win診断データの提供:考 / Firefoxのセッティング-2  / ブラウザ&日本語入力 / Windows Update種類 / 「Windows検索」:覚 / ウィルス感染メモ / Win 10の設定画面? / Windowsへようこそ:学 / PCの時刻合わせ:メモ / Win10、LCUにSSU統合

Google Analytics話題

Chromeで動作するフィルタリングツール「uBlock Origin」に手を加えて作られた拡張機能の、「Nano Defender」および「Nano Adblocker」広告ブロッカー。開発者が第三者に権利を売却したところ売却されて10日後にはマルウェアへと変貌したとの事で、利用者にアンインストールを呼び掛けているとのこと。
Chrome向け広告ブロッカーが突如マルウェアへと変貌、アンインストールを呼び掛け中【やじうまWatch】 - INTERNET Watch(20/10/19)

「Nano Defender」「Nano Adblocker」共に、既にchromeウェブストアには陳列されていない。

Firefoxのアドインで検索したところ「Nano Defender for Firefox」「Nano Adblocker」が存在する。
上記記事の内容はChromeで動作する拡張機能を言っており、Firefoxのアドインに迄およぶのかは不明。
20201019144529

20201019144526

タブレットのFirefoxではアドインのuBlock Originを利用しているが、こちらは無関係らしい。
WikiPedia:uBlock Origin
(Google ChromeChromiumMicrosoft EdgeMozilla FirefoxOperaVivaldiにおいて利用可能)

直接関係のある話題ではないが、広告ブロッカーに関する動きがある。
広告を掲載しているレンタルブログなど各社の今後の動向や、如何に?
本記事の内容とは無関係と思うが、10/20から広告が増えたサイトがある。3ブラウザとも同じ症状也。(MSN Japan / Infoseek[ / 無無無庵@Wiki / Inoreader / )
試行の結果、20/10/14にカスペルスキー21にUpした際に設定した「Webトラッキング防止」に関係があるかもしれないと考えたが、そうでもない模様なので以前と設定は変えない。なお10/20朝、本事象に気がつく前にカスペルスキーのアップデートファイルが1Mb以上降臨した。版の変更は無い。
uBlock Originを入れると広告ブロックされる...ので、10/20昼に3ブラウザとも入れた。
しかし、その後、カスペルスキー21が効力を拡大した模様で広告が出なくなった..のでuBlock Originを除去

モバイルサイトのないサイトは来春インデックスから消える? Googleアナリストが明言【やじうまWatch】 - INTERNET Watch(20/10/19)
【Google】2021年3月以降デスクトップ版のみのサイトをインデックスから削除する方針 | Mobile First Marketing Labo
  • 2021年3月以降はモバイルで表示できなければインデックス自体がされない。
  • パソコンとスマホで別々の URL を使用することは推奨されない。
  • Googleも、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨している。

WikiPedia:Google Analytics

Microsoftエディタ:学

今どきのブログを書く場合、投稿フォームの形式として投稿フォームは「HTMLエディタ」or「シンプルエディタ」の何れかを選ぶことができるのではないだろうか。(過去記事:ブログは何で書く)
俺の場合、このlivedoorブログでHTMLエディタ(リッチテキストエディタービジュアルエディターとも呼ぶWebオーサリングツールの1種)を利用している。 (過去記事:FC2ブログ利用者に質問)
更には、HTML文で『123<br />』が『<div>123</div><br />』と記述される事を好まず、Firefoxの設定を書き変え、Firefox 59 までの挙動に戻して利用している。FirefoxをメインのWebブラウザとしている要因である。しかし、『<div>123</div><br />』と記述されなければ、できればChromeを使いたい。(過去記事:エディタでdivタグが挿入 / Firefoxは遅れてる? / Firefoxのセッティング:2 / )

そんな事から、手に合ったリッチテキストエディターを探していた。「Microsoft エディター」は2020年春から提供されるとの噂であったが、リリースされたとの記事を発見した。
デスクトップ版「Outlook」にイマーシブリーダー、入力予測、AI校正、翻訳などが導入へ - 窓の杜(20/10/05)
「Microsoft エディター」(Microsoft Editor)は、AIを活用した文章作成アシスタントサービス。もともと「Ideas」という名前で「Microsoft Word」に組み込まれていた機能で、スペルや文法、句読点の打ち方などをチェックして、よりよい書き方を提案してくれる。Webブラウザーの拡張機能としても提供されており、Webフォームでテキストを作成するときにも利用可能だ。
Webブラウザの拡張機能としてはEdgeとChromeで利用できる以外に、MicrosoftのOffice製品(Microsoft 365等)でも使えるようだ....というよりも、Office製品での利用をターゲットに開発されたと見る。

Webブラウザの拡張機能としては、「Chrome拡張機能:Microsoft Editor / Chromium Edge:Microsoft Editor」からそれぞれDLLできる。試みにEdgeに入れてみたところ(Microsoft エディターのブラウザー拡張へようこそ)の画面にて、Microsoftにサイインインを要求される。サイイン済みであるのに(?)と疑問を持つ。また、有料or無料が読み取れない。ということで、試行は見送りとする。
過去記事:新Edgeでの日本語入力 / 暇人が悩む日本語入力 / FC2の白い画面に思う /

home_resp3c:改録

引越し候補の「FC2ブログの仮設」については、*Essence(aki [sorauta1] 氏が提供するFC2ブログ用の共有テンプレート「home_resp3c」を適用する計画。以下、「home_resp3c」に関する改造メモ。
  1. エントリー全文表示
  2. 折り畳みメニューの開閉
  3. トップ画像変更・非表示
  4. 背景色・画像変更
  5. テンプレートの修正・更新致しました。20/10/19
    については、利用中のTPでは修正されている
過去記事:FC2ブログの広告とは / livedoorブログ整理 / コメントにURL欄 / FC2ブログ、TP作成-3  / ブログカード利用:学 / FC2のファビコン設定 / livedoor⇒FC2へ引越× / FC2を再準備-不思議

以下は、過去記事から拾い集めてきたので、そのまま書けば済むという訳ではない。
  1. コメント欄の「文字修飾ツール」を削除する場合の手順 - Heart on my sleeve。により20/04/05「コメント装飾ツール」を除去した。
    <script type="text/javascript" src="<%template_comment_js>"></script>
  2. 全記事一覧(Title list)にコメント数を表示 - *Essence
  3. ページネーションを上にも付ける - *Essence
  4. 年月日&時間の表示を日本語にした
    <%topentry_year>,<%topentry_month>,<%topentry_day>,<%topentry_hour>:<%topentry_minute>
    ※<%topentry_youbi>- 曜日(洋風)を表示 ⇒ <%topentry_wayoubi>- 曜日(和風)を表示
  5. お気に入りやRSSに登録しようとする場合のトップページは「トップページ - 無無無庵Ⅱ -」
    及びTOPページでも投稿時刻を出す変更。*Essenceのコメント /
  6. ブログタイトル部分に紹介文を足した
    <h1 class="header_blog_name"><%blog_name></h1>
    <span class="header_introduction"><%introduction>
    <p>トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ</p></span>

引越し先として新居設計したFC2ブログではコメント欄を工夫して下図とした。
20200115a

しかし、FC2ブログの「レスポンシブ対応テンプレート」なる物でパソコンandスマホを共用して表示させる事の信奉者には成り切れず、スマホからアクセスする場合はスマホ専用のテンプレートの方が良いと思っている。gooブログ等のようにデバイスの種類を判別して、適宜なテンプレートが提供される仕掛けが欲しい。ということで、スマホからのアクセス用として模索中である。

テンプレート (スマートフォン用) standardblack01_sp
20201016085025

W3C CSS 検証サービス(https://jigsaw.w3.org/css-validator/)
でチェック「CSS レベル 3 + SVG として検証」との事、証拠のアイコンを張った。
20201017100241

テンプレート作者に報告したらHTML5のコーディングチェック等(Markup Validation Service - https://validator.w3.org/)も勧められたが、俺的にはもう満足。

関連過去記事:Android 7.1以前は / FC2のスマホアクセス / FC2ブログの事:メモ / FC2ブログの広告考察
「ブログ内検索」や、「カテゴリー別」「月別のアーカイブ」についてはタイトルリスト表示がディフォルトですが、これを要約表示(?)にしたい....件の質問

Comments+Trackback
続きを読む

複数Googleアカウント

Webブラウザで、Firefox はパソコン版・Android版共にv81である。以前はデバイスによりバージョンが異なっていたが、最近数ヶ月で一致させた。10/21はパソコン版ではv82が公開予定だがAndroidも追随するのだろうかと楽しみである。
しかし、Android OSを発売しているGoogleが提供するChromeは、20/10/07にパソコン版v86が公開され、Android版も同時公開とのことであった。しかし、俺の環境のでタブレットには未だ降臨しない。
Google、35の脆弱性を修正した「Chrome 86.0.4240.75」 ~Android版も更新、安定性/性能向上へ - PC Watch(20/10/07)
10/07の上記記事では「同時に、Androidにおいて同じバージョンのモバイル版も配信」とのことだが、10/13の以下では「Beta for Androidのv86.0.4240.99」がアナウンスされており、情報に齟齬がある。
Chrome Releases: Chrome Beta for Android Update(20/10/13)
Hi everyone! We've just released Chrome Beta 86 (86.0.4240.99) for Android: it's now available on Google Play.

来年2021/01/11は、このlivedoorブログが用いているSSL/TLS証明書の認証局(Let's Encrypt )の変更予定日である。しかし、以下のlivedoorブログのアナウンスでは『2021年9月30日以降』との事だ。
独自ドメインで利用している証明書について - ライブドアブログのヘルプ(PC向け)
Let's Encryptの仕様により、来年(2021年)9月30日以降にAndroid7.1以前の端末をご利用になられている場合には証明書エラーになり、HTTPSページを閲覧できなくなります。
何時から実施されるかは別にしても、同じ認証局(Let's Encrypt )を用いているはてなブログも同様也。

この出来事の発生は如何や(?)を、Android 4.4.2搭載の古いタブレットでアクセスする事で確認したいと考えた。しかし、Android 9.0搭載の新しいタブレットから同じGoogleアカウントでアクセスし新バージョンのFirefox・Chromeを入手している為、新バージョンが動作しない古いタブレットでは再入手できないらしいことが判った。

それならば、古いタブレット用と新しいタブレット用を別個にGoogleアカウントを取得する事で、新旧それぞれのFirefox・Chromeを入手できるのではなかろうかと素人考えしている。
某氏に言わせると「Android 7.1以前を用いている人は少ない」だろうとの事。
某氏の意見に従って、Android 7.1以前を用いている人がアクセスできない事をを気にせずに、livedoorブログを使い続けるという選択肢がある。
一方、(Let's Encrypt )のような制約が無いSSL/TLS証明書の認証局を用いているレンタルのブログを利用するという選択肢がある。
Androidv7.1は2016/10/04に公開された。それ以前に購入したスマホでは、状況は判らないが、閲覧に不具合が出るらしい。WikiPediaの世界シェア>バージョン(2020年5月時点)によれば33.8%も該当するが....さいはて
ということで、予てより引越し先として検討していたFC2ブログを調べたら、FC2ブログのSSL/TLS証明書の認証局も(Let's Encrypt )である。「環境設定⇒ブログの設定(高度な設定)⇒SSL設定
20201014112628

ということで、はてなブログ・livedoorブログと同様に、FC2ブログも同じ認証局(Let's Encrypt )を用いているのであれば、本記事前段で書いた悩みは無駄である事が判った。なお、Let's Encrypt の遂行する期日と、各ブログ管理者の行う期日はそれぞれ異なるとのこと也。

暮れが押し迫るに従い、SSL/TLS証い明書の認証局に関する話題も増えるであろう。
FC2ブログへの引越しを想定してkeepしてたFC2ブログはスマホでも広告が表示されないので好ましい。
よって、2021年8月でのFC2ブログの広告の扱いが知れるまで残置する。
過去記事:livedoor⇒FC2へ引越× / livedoorブログのhttps化 / 再び思うには

ということで、来年2021/01/11からは、「Android7.1以前のデバイスでアクセスした場合は証明書エラーになり、HTTPSページを閲覧できなくなる」ブログが出現する。しかし、気に掛けても仕方が無い出来事のようだ。
https化していないサイトは危険と見られ近寄り難くなり、https化する事で古いスマホでは閲覧できなくなる。はてさて、世の中は巧くいかない。https化の勧誘をした事を少しだけ後悔するが、未実施のサイトは危険也。


現在は2年間あるSSL/TLS証明書の有効期間が1年間に短縮され、各Webブラウザが用いている証明書次第でこんなことが頻繁に発生するのだろうか gooブログが用いているSSL/TLS証明書の認証局は、Cybertrust(サイバートラスト)であるが、如何也や (過去記事:Firefoxの鍵マーク:疑問)
SSL/TLS証明書の認証局
電子署名及び認証業務に関する法律(以下、「電子署名法」という)に基づき、指定調査機関が実地調査の上、電子署名法第6条の認定基準に適合した認証局 ※電子認証局会議
ということで試行錯誤したが、「Googleアカウントを2つ取得する」事は行わないことにする。

なお、FC2ブログが全体をSSL化(https)する事にした場合は、FC2ブログに引っ越す事。
livedoorブログのように、(https)と(http)の混在を是としているのは、対応がチグハグで遺憾。
Chromeでは広告が表示される。Firefox+uBlock Originで広告をブロック
20201016085028 20201016085032

livedoorテンプレート改

過日記事「混合フォームの撲滅を」として「httpsサイト内にhttp画像が存在する、いわゆる混在コンテンツ(Mixed Content)が有るサイト・記事は、警告が出る」事に関する思い付きを書いた。


 
過去記事:Firefoxの鍵マーク:疑問 / ブログカードの混在画像 / 混在コンテンツ壊滅作戦 / お気に入りの整理完了
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
過日は、未だにhttps化としていない俳諧先ブログに「https化しよう」と大きな御世話の勧誘をした。
本日、模様眺めしたところ「livedoorブログでhttps化したにも関わらず、未だに不審者扱い」の所があった。見る限り混在コンテンツは無い。素人考えでは「テンプレートがhttpsに適合していない」のでは
ということで、livedoorブログの管理ページからテンプレートの弄り画面を見たところ、以下のツールが有る事を知った....ので、livedoorブログ利用者に対して私のメモを公開したい。
.HTTPSで配信をご希望の方へ
現在設定しているデザインのCSSとHTMLを編集して、デザインをカスタマイズすることができます。
詳しいカスタマイズ方法については、livedoor Blog ヘルプセンターを参考にしてください。
20201013190302
.右上隅の矢印を押下すると、以下の画面になる
(https://livedoor.blogcms.jp/blog/nonn634/config/design/customize)
20201013190256
.①STEP-1で「デザインを保存」した後、②STEP-2の「HTTPSに置換」を行うと、下図のように『必要とする変更内容が提示』されるので、それで良ければ実行する。これで完了。
なお、これにより変更されたテンプレートを最新版として再度保存する事を忘れないように
20201013190252
.本記事執筆後、検索したところ以下の親切なページがlivedoorブログでマニュアル化されている。
カスタマイズしているデザインのHTTPS置換ツールについて

過去記事:ブログのHTML5化 / HTMLの文法チェック:学 / 画像リンクとhttps://化 / Flash Playerが消える / ブログカード利用:学 / ブログのHTML5化-2 / お気に入りの整理完了

再び思うには

俳諧先のブログで未だにhttps化としていないところが20サイト程あり、大きな御世話とも思いながら勧誘した。結果、殆どの反応は無い。まあ、始めての書き込みが「https化しよう」では、俺でも引くが
そんな中で俺的には、未だにlivedoorからFC2へのブログ引越しをああだこうだと、思い出したように思案している。
じっくり考えれば、スマホでアクセスした場合にlivedoorブログは広告表示が多いという事が嫌なだけである。それも、俺が勝手に思い込んでいるだけかもしれない。俺的にはアドインが使えるFirefoxでアクセスする事で広告をシャットアウトする事で問題は解決するのだが、来訪者はChromeを利用しているのではないだろうかという事を解決したかったのだ。
しかし翻って考えれば、https化すらも行おうとしない人たちが俺のブログを見る事で広告を目にしようがするまいが気に掛ける事は少ないのではないだろうか。
ということで、実にしつっこい話題ではあるが、livedoorブログに居続けすることにした。
過去記事:livedoor⇒FC2へ引越× / livedoorブログのhttps化 /
但し、livedoorブログが用いているらしいSSL/TLS証明書の認証局(Let's Encrypt )の変更(Android 7.1以前ではアクセス却下)が21/01/11に予定されているので、それへのlivedoorブログの対応次第では、FC2ブログへの引越し懸案を再燃せざるを得ない場面も想定できるのでFC2ブログ分をkeepする。
独自ドメインで利用している証明書について - ライブドアブログのヘルプ(PC向け)
それにしても、巷のブロガー様がhttps化に無頓着な事には呆れかえる。以前FC2ブログからは『弊社が必要と判断した際にはFC2ブログ全体をSSL化する予定』とのアナウンスがあったが、それぐらいの強硬策を用いなければなるまい。現在https化しない人たちは、COVID-19で死ぬ事を知ってからマスクを買いに走るタイプ也。危機管理意識が欠落している。-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
10/14は、Windows 10の次期バージョンOctober 2020 Update(v20H2)が公開されるかも知れない。
とは言っても「かも知れない」と語る記事は一つだけで、心もとないことではある。
v20H2の公開が無いとしても、10月定例の累積更新日である。

<<このブログ訪問者が利用しているブラウザ>>20201012131015
  1. Chrome(v85.0+v86.0)=56.9+11.0=67.9 %
  2. UnknownとはFirefox(?)=18.8 % 
  3. MSIE/11.0とはInternet Explorer 11(?)=9.5 %
  4. Edgeとは?(v18.18363+v18.18362+v18.17763)=(0.7+0.4+0.3)=1.4 %
  5. その他とは?=2.4 %
※Edge=1.4 %とは、新Edgeらしい。とした場合、旧Edgeは何れにカウントされているのだろうか?
Windows 10 v20H2では新Edgeが標準添付されるらしい。とした場合、旧EdgeとIE 11の処遇は?
また、(ユーザーエージェント18.17763) とは旧Edgeであるとの巷記事もある。
Windows 10 v20H2が公開された以降の、上記グラフ値の変動が興味深い。


月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 俺の存在履歴は無い
  • ザ・わらべ:学
  • 老人ホームの入居希望
  • ヘッドライトと田舎者
  • ヘッドライトと田舎者
  • ヘッドライトと田舎者
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
2021年
2022年
旧暦カレンダー
六曜・月齢・旧暦
計算サイト

 遊びに行こう
掲示板
掲示板
プロフィール+つぶやき
名言黒板
ブログランキング+
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
現在の閲覧者数:
KEIROMICHI
本ブログのQRコード
QRコード